また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359872 全員に公開 ハイキング丹沢

相模湖南岸 ボッチ山-宝山-鉢岡山-石老山 周回

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
キャンプ場脇の空きスペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
22分
合計
6時間38分
Sスタート地点06:2906:55オオポッチ(オオポッチ山)06:59勃地腰07:03コボッチ(勃地山)07:0508:04宝山08:11日連山08:1208:22杉峠(ミミザレ峠)08:35峰(日連峰山)08:3808:46金剛山08:51峰(日連峰山)08:5309:00新和田峠09:0209:21鉢岡山09:2411:17石老山11:2311:40高塚山11:4111:59石老山12:0112:21大明神山12:25大明神展望台13:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ チェーンアイゼン 補助ロープ

写真

キャンプ場の入り口にある空きスペースに駐車し出発
2018年01月14日 06:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場の入り口にある空きスペースに駐車し出発
ようやくボッチ山の取り付き点が見えてきた。
ここまで道路わきにはゴミが大量に不法投棄されていて初っ端からうんざり。
向こう側にまわりこみ尾根に取り付いた
2018年01月14日 06:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくボッチ山の取り付き点が見えてきた。
ここまで道路わきにはゴミが大量に不法投棄されていて初っ端からうんざり。
向こう側にまわりこみ尾根に取り付いた
いきなり凄い急斜面。落ち葉も積もっていてズルズル。
2018年01月14日 06:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり凄い急斜面。落ち葉も積もっていてズルズル。
1
あっという間に大ボッチ山山頂
2018年01月14日 06:54撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に大ボッチ山山頂
これまたすぐにボッチ山山頂
2018年01月14日 07:01撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまたすぐにボッチ山山頂
1
相模湖を一望できる
2018年01月14日 07:09撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湖を一望できる
尾根筋を見て左側に下る
2018年01月14日 07:11撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋を見て左側に下る
古い階段があった(振り返って)
2018年01月14日 07:17撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い階段があった(振り返って)
小沢を下って来ると最後にストンと落ちている。補助ロープを出して沢に降りた
2018年01月14日 07:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢を下って来ると最後にストンと落ちている。補助ロープを出して沢に降りた
この先で相模湖に注ぐ。沢はごみが落ちていて美しくない。
2018年01月14日 07:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先で相模湖に注ぐ。沢はごみが落ちていて美しくない。
沢から急に立ち上がる宝山
2018年01月14日 07:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から急に立ち上がる宝山
巻きながら斜度の緩いところを登る
2018年01月14日 07:38撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きながら斜度の緩いところを登る
こんな感じの藪
2018年01月14日 07:42撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの藪
登山道に出合う
2018年01月14日 07:46撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出合う
振り返ってボッチ山
2018年01月14日 07:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってボッチ山
道端に石像
2018年01月14日 07:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に石像
道標が出てくる
2018年01月14日 07:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標が出てくる
ロープ場があった
2018年01月14日 07:50撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場があった
眼下に相模湖IC
2018年01月14日 08:03撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に相模湖IC
日連山山頂
2018年01月14日 08:08撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日連山山頂
峰山山頂。見晴らし良し。
2018年01月14日 08:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰山山頂。見晴らし良し。
その1。奥は上野原方面
2018年01月14日 08:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その1。奥は上野原方面
その2。奥は大室山
2018年01月14日 08:36撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その2。奥は大室山
金剛山山頂
2018年01月14日 08:41撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山山頂
山頂にある祠
2018年01月14日 08:42撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある祠
大室山が美しい
2018年01月14日 09:01撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山が美しい
都留線の鉄塔をくぐる
2018年01月14日 09:04撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都留線の鉄塔をくぐる
こんなに狭いところをどうやって来たのだろう
2018年01月14日 09:09撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに狭いところをどうやって来たのだろう
道の脇は藪
2018年01月14日 09:18撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の脇は藪
鉢岡山山頂。ここから少し戻って破線ルートに進んだのが失敗の始まりだったかも
2018年01月14日 09:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢岡山山頂。ここから少し戻って破線ルートに進んだのが失敗の始まりだったかも
破線ルート進んだが途中でけもの道になり、すごい藪に嫌気が差して適当に下り民家下の道路に出る。ここもロープが張って有り私有地だったかも。ここからしばらく道路を進む
2018年01月14日 09:37撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線ルート進んだが途中でけもの道になり、すごい藪に嫌気が差して適当に下り民家下の道路に出る。ここもロープが張って有り私有地だったかも。ここからしばらく道路を進む
途中で山に入り藪を漕いで再び道路に降り立つ。下りてきた尾根を振り返って。
2018年01月14日 10:06撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で山に入り藪を漕いで再び道路に降り立つ。下りてきた尾根を振り返って。
古い宿屋だろうか
2018年01月14日 10:13撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い宿屋だろうか
東海自然歩道で石老山へ進む。この道標かなり低く設置されているので見落としやすい
2018年01月14日 10:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道で石老山へ進む。この道標かなり低く設置されているので見落としやすい
休憩場所。ここにも祠あり
2018年01月14日 10:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩場所。ここにも祠あり
石老山山頂。
2018年01月14日 11:16撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石老山山頂。
高塚山山頂。
2018年01月14日 11:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高塚山山頂。
宮ヶ瀬が眼下に見える
2018年01月14日 11:40撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬が眼下に見える
白く輝く南アルプス
2018年01月14日 11:44撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く輝く南アルプス
大室山と富士山のコラボ
2018年01月14日 11:45撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山と富士山のコラボ
1
大明神山山頂
2018年01月14日 12:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神山山頂
展望台からスカイツリーが見える
2018年01月14日 12:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からスカイツリーが見える
登山道を外れて進むと昔のベンチが現れる
2018年01月14日 12:42撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を外れて進むと昔のベンチが現れる
パックリと口を開いた大岩
2018年01月14日 12:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パックリと口を開いた大岩
尾根の途中。道もないところにぽつりと社がある。金属製の立派な道標は倒れていた。
2018年01月14日 12:54撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の途中。道もないところにぽつりと社がある。金属製の立派な道標は倒れていた。
銀山大権現とある
2018年01月14日 12:55撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀山大権現とある
道路に下りてきた。奥津城とあるがお墓だそうだ。
2018年01月14日 13:02撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路に下りてきた。奥津城とあるがお墓だそうだ。
1
なんとか戻ってきた。
2018年01月14日 13:06撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか戻ってきた。
撮影機材:

感想/記録

低山のバリエーションルートが歩き易くなる冬枯れの季節。相模湖南岸の山々をつなげてぐるっと歩いて見た。特に前半にある里山のような低山の稜線からは眼下に相模湖方面がよく見え、丹沢歩きとは違って新鮮な景色。その低山の山並みから鉢岡山側にアプローチする下山する破線?ルートは100メートルに満たないが私有地を通っているようで立入禁止の看板が出ており要注意。また鉢岡山山頂から下る破線ルートは椎茸栽培のホダ木置き場を過ぎると、けもの道となり猛烈な藪漕ぎになったことから諦め適当に下っているのでログルートは参考にならない。このルート、石老山稜線で多くのハイカーに出会った以外は誰にも会わず静かな山歩きができたが、このあたりの破線ルート尾根末端付近は近くに民家がある場合が多く慎重なルート選定が必要だ。
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ