また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359891 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

矢倉岳&金時山(矢倉沢〜矢倉岳〜足柄峠〜金時山〜矢倉沢峠〜金時登山口)

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
伊豆箱根鉄道大雄山駅から箱根登山バスで矢倉沢バス停へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
40分
合計
6時間15分
S矢倉沢バス停08:5010:15矢倉岳山頂10:2510:40山伏平11:40足柄峠11:5012:40猪鼻峠砦跡13:40金時山山頂14:0014:45矢倉沢峠15:05仙石原登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報トイレは大雄山駅、矢倉岳登山口、足柄峠手前、金時山頂に加え矢倉沢峠にありました。
※矢倉沢峠は茶屋が休みのときに使えるのかどうか不明です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

本村バス停で降りようと考えていたのですが、行かないということで矢倉沢バス停で下車。
本村はここから歩いて5分弱ですので大してかわりありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本村バス停で降りようと考えていたのですが、行かないということで矢倉沢バス停で下車。
本村はここから歩いて5分弱ですので大してかわりありません。
目指す矢倉岳の説明板です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す矢倉岳の説明板です。
まず目指す矢倉岳は手前に見える山の後ろに左側稜線と頭を少し覗かせています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず目指す矢倉岳は手前に見える山の後ろに左側稜線と頭を少し覗かせています。
民家?におおきな矢倉岳ハイキングコースの表示が。
逆に見落とすところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家?におおきな矢倉岳ハイキングコースの表示が。
逆に見落とすところです。
結構傾斜のある舗装路を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構傾斜のある舗装路を登っていきます。
茶畑です。手入れされていて綺麗です。こういった作業のためにも軽自動車サイズの車くらいは入れるようにしているのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑です。手入れされていて綺麗です。こういった作業のためにも軽自動車サイズの車くらいは入れるようにしているのでしょうか?
登山道に入っても結構な傾斜の道が続きますが、そのお陰てあっというまに高度を稼げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入っても結構な傾斜の道が続きますが、そのお陰てあっというまに高度を稼げます。
頂上はもうすぐですかね。しっかり整備された階段が眼の前に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はもうすぐですかね。しっかり整備された階段が眼の前に。
最後のひと踏ん張り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと踏ん張り。
矢倉岳山頂標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢倉岳山頂標識。
金時山は山頂付近に雲がかかってしまっています。
晴れていれば周り360度に近い景色が望める広い山頂。
山頂で私より年配の男性に「矢倉岳はタカの渡りで有名で、その季節には山頂にはハイカーよりも野鳥カメラマンで一杯になる」と教えてもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山は山頂付近に雲がかかってしまっています。
晴れていれば周り360度に近い景色が望める広い山頂。
山頂で私より年配の男性に「矢倉岳はタカの渡りで有名で、その季節には山頂にはハイカーよりも野鳥カメラマンで一杯になる」と教えてもらいました。
まだ10時半まえなので昼食休憩にはちと早すぎるということで、小休止のあと予定通り今日の昼食場所「猪鼻砦跡」を目指して出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ10時半まえなので昼食休憩にはちと早すぎるということで、小休止のあと予定通り今日の昼食場所「猪鼻砦跡」を目指して出発。
山伏平の分岐に到着
折角稼いだ高度は200m近く失いました・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏平の分岐に到着
折角稼いだ高度は200m近く失いました・・・
このあたり、標識が多くちょっと戸惑います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、標識が多くちょっと戸惑います。
さっき登った矢倉岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登った矢倉岳
万葉公園あたりは標識が煩く何が何だかわかりません。とりあえず足柄峠を目指してあるけば間違いありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万葉公園あたりは標識が煩く何が何だかわかりません。とりあえず足柄峠を目指してあるけば間違いありません。
金太郎はともかくクマが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金太郎はともかくクマが・・・
こちらは聖天堂前の金太郎像。えらそうに言うのも何ですが、よく出来ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは聖天堂前の金太郎像。えらそうに言うのも何ですが、よく出来ています。
1
足柄峠(足柄城址跡)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足柄峠(足柄城址跡)
長い林道歩き。目指す金時山はまだ遠い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩き。目指す金時山はまだ遠い・・・
道標の上の金太郎がニット帽をかぶっています。寒い季節なので誰かがかぶせてあげたのでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標の上の金太郎がニット帽をかぶっています。寒い季節なので誰かがかぶせてあげたのでしょうね。
2
富士山が少しだけ頭を覗かせてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が少しだけ頭を覗かせてくれました。
猪鼻砦跡到着。残念ながら富士山はあんな感じでしたが、それよりも飯がさきです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪鼻砦跡到着。残念ながら富士山はあんな感じでしたが、それよりも飯がさきです。
家ではあまり食指が伸びませんが、山でのカップラーメンは何故こんなに美味しいか不思議です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家ではあまり食指が伸びませんが、山でのカップラーメンは何故こんなに美味しいか不思議です。
金時山が眼前に聳え立ちます。秋に行った妙高山を長助池の分岐手前から眺めたときと同じような感覚を覚えました(こちらは何度もきてますが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山が眼前に聳え立ちます。秋に行った妙高山を長助池の分岐手前から眺めたときと同じような感覚を覚えました(こちらは何度もきてますが)
金時山山頂到着。
一瞬ですが、富士山を見ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山山頂到着。
一瞬ですが、富士山を見ることができました。
1
芦ノ湖方面は雲もなく綺麗に景色が開けていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦ノ湖方面は雲もなく綺麗に景色が開けていました。
1
奥さんは5分弱遅れて到着。残念ながら富士山はまってくれませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥さんは5分弱遅れて到着。残念ながら富士山はまってくれませんでした。
1
仙石原への下山路。
前には歩き慣れた明神ヶ岳から矢倉沢峠への登山道が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙石原への下山路。
前には歩き慣れた明神ヶ岳から矢倉沢峠への登山道が見えます。
土日(※休むこともあるようです)に開く矢倉沢峠のうぐいす茶屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土日(※休むこともあるようです)に開く矢倉沢峠のうぐいす茶屋
仙石原登山口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙石原登山口に到着

感想/記録

箱根にいくと大雄山最乗寺から明神ヶ岳経由仙石原が定番コースだったのですが、今回は矢倉岳経由で金時山を目指してみました。
特に危険箇所もありませんが、足柄峠手前の万葉公園あたり、道標がうるさくちょっと混乱します。一回整理した方がよいかと思います。
訪問者数:294人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/24
投稿数: 859
2018/1/26 13:05
 良い距離感
初めまして。
関本からのバスで一緒でしたね。
水色のダウン着て、ひとつ後ろの座席に座ってたオヤジです。

北東北在住なので、こちらの山域に詳しくないのですが、こういうコースも
あったんですね。オヤジにはちょうどいい距離感なので、ご一緒すればよかったな〜
なんて思いながらレコをみてました。

ユーザーさんだと知ってれば、お声がけできたのですが・・・。
(そういう自分もヤマレコ缶バッチは別のザックにつけたまま)

北東北にも遊びに来てくださいね。
登録日: 2009/10/4
投稿数: 39
2018/1/26 18:42
 Re: 良い距離感
todohLXさん

コメントありがとうございます。あら、そうでしたか。今度はヤマレコバッジ着けて出かけるようにしますね。
当方、基本的には関東の低山歩き専門、特に箱根のあたりはよく歩きます。今度お会いしたら是非お声がけください。この季節はいつでもどこでもあの格好(私は青のモンベルのライトシェル、妻はあの黄色というかレモン色のハードシェルを着用しての山行きです)。
todohLXさんのマイページ、拝見しました。秋田県はまだ未踏ですが、一昨年かな、岩手山までは足を伸ばしました。鳥海山と岩手山、迷ったのですが我々にはちょっと鳥海はちょっとハードルが高いかと思いまして・・・。でもいつかは挑戦してみたい山です。レコを拝見していると他にもたくさんいい山がありそうですね。
岩手もそうでしたが、東北は林相?が全く違って私は大好きです。1年に一回は何処かに遠征していますので、またお会い出来るのを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ