また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360024 全員に公開 雪山ハイキング北陸

尖山

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富山地方鉄道立山線横江駅前、アルペン村及びサンダーバード(https://www.facebook.com/tateyama.thunderbird/)を立山駅方面に少し先に進んだところに、左右に駐車場有り。
無雪期は、登山口まで車で入れます。
※道路状況により、入れないこともあり。
富山県民には良く知られた里山で初心者、ファミリー向けの里山なので、横江駅付近の駐車場に車を止めても負担や煩わしさも少ないので、そこに駐車するのがベターです。
男女別のトイレもあり、冬季も開放されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間48分
休憩
52分
合計
3時間40分
S横江入山口11:1511:54夏椿峠ルート登山口11:5512:03尖山登山道口12:49尖山13:3914:21尖山登山道口14:30夏椿峠ルート登山口14:51横江入山口14:5214:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スノーシュー初めての友人と写真を撮りながらのんびり登ったので、比較的ペースはゆっくりです。
コース状況/
危険箇所等
一番気を付けないといけなかったのは、駐車場でした。悪天候が続いた後のハイク日和で、約20台程度の駐車スペースは満車。横江駅前のスペースに置かせてもらいました。満車と思っていた場所にも、準備を整えて通過すると、2台増えていました。登山前、下山後に、事故だけはしないようにと思います。
足元の装備は、快晴であったこともあり、冬用の裏地が起毛素材のパンツにスノーシュー。住宅地から抜けてすぐにスノーシュー装着。山頂まで2劼隆波弔らは坪足の方がさくさく歩けます。沢沿いの道は雪がぬかるみになっていましたが、スパッツ(ゲイター)がなくてもパンツは汚れませんでした。残り山頂まで、坪足で登れます。
※他の登山者とすれ違う時は、あやまって沢に落ちないよう注意。常識通りに山側に逸れて、やり過ごすのが吉です。
沢に掛かる丸木の橋は、丸木が見えないくらいしまった雪が積もっていたので、滑る、落ちるの心配はほとんどありませんでした。
下りは、スノーシューを装着。着脱が面倒なので、ぬかるみも含めて、登り出しの民家手前まで履いていました。
夏椿峠ルートもしっかりトレースが残っていたので、道迷いの心配もないかと思います。
ただ、グリーンシーズンより、想定外に時間がかかってしまいました。
その他周辺情報周辺の温泉では、吉峰温泉が近くて人気もあり、まず外れにはならないと思います。
https://www.yoshimine.or.jp/

食事は、アルペン村が近くて、地元種も味わえます。
おそらく帰路が逆方面になる方がほとんどですが、立山山麓スキー場付近にあるスープカレーのお店「プモリ」もおすすめです。わざわざカレーを食べに来ることが目的で来られるお客さんがいるくらい人気で、駐車場もいつも埋まっており、待ち時間もかかることがありますが、まだ食べたことがない方は、1度試されると良いかと思います。
プモリ→https://tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16000408/
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 毛帽子 ザック スノーシュー 非常食 飲料 レジャーシート 保険証 携帯 時計 ストック カメラ
備考 日焼け止め。

写真

順番が前後してしまいますが、山頂から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順番が前後してしまいますが、山頂から。
順番が前後してしまいますが、山頂から劔岳。
双眼鏡越しにスマホで撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順番が前後してしまいますが、山頂から劔岳。
双眼鏡越しにスマホで撮影。
民家を抜けてすぐに雪の壁。
除雪車が入ったのはここまでなのでしょうか。
トレース通りに前の雪だまりを越えるより、横の低い壁から侵入する方が楽でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家を抜けてすぐに雪の壁。
除雪車が入ったのはここまでなのでしょうか。
トレース通りに前の雪だまりを越えるより、横の低い壁から侵入する方が楽でした。
笹に雪も風情を感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に雪も風情を感じました。
雪はスノーシューやわかんがあった方が良さそうだけど、道幅は狭い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はスノーシューやわかんがあった方が良さそうだけど、道幅は狭い。
目指す尖山の山頂が見えました。
ここから、坪足の方が歩き疲れ易いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す尖山の山頂が見えました。
ここから、坪足の方が歩き疲れ易いです。
雪融け水でぬかるみも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪融け水でぬかるみも。
ようやく登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山口。
木の根から氷柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根から氷柱。
良く見ると凸凹の氷柱でした。
どうしてこんな形に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると凸凹の氷柱でした。
どうしてこんな形に。
大空が見えると嬉しくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大空が見えると嬉しくなりました。
夏椿峠ルートの合流地点。
トレースがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏椿峠ルートの合流地点。
トレースがあります。
劔岳、毛勝三山、立山、薬師岳を眺める山頂の特等席。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳、毛勝三山、立山、薬師岳を眺める山頂の特等席。
2
登頂前に劔岳に薄い雲が。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂前に劔岳に薄い雲が。。。
1
富山平野はくっきりと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野はくっきりと。
1
もう雲は抜けないかな〜とあきらめ気分に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう雲は抜けないかな〜とあきらめ気分に。
1
劔岳山頂だけが、突き抜けて見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳山頂だけが、突き抜けて見えました。
1
劔岳、毛勝三山、立山、鍬崎山と北アルプスの連山が、見え始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳、毛勝三山、立山、鍬崎山と北アルプスの連山が、見え始めました。
1
写真の枠外には、大辻山や立山山麓スキー場も見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の枠外には、大辻山や立山山麓スキー場も見えました。
1
山頂手前。
鎖は雪に埋まってます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前。
鎖は雪に埋まってます(笑)
下山途中に、木漏れ日に輝く楽雪がとてもとてもきれいでした🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に、木漏れ日に輝く楽雪がとてもとてもきれいでした🎵
帰宅後、自宅付近から見た北アルプス。
雲ひとつなく、くっきり見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅後、自宅付近から見た北アルプス。
雲ひとつなく、くっきり見えました。

感想/記録

大雪の後の雪山登山。 
そのせいか、いつも以上に登山者はびっしり。
20名の団体さんもいました。
雪質はふかふか。でも、深くて、下山時には溶けた雪が少々重く感じられました。
でも、目に映る景色はどこも、どれも美しくて印象的でした。
山頂のぐるっとパノラマの景色も素敵でしたが、樹林帯で枝に積もったさらさらの雪がパラパラと散り、木漏れ日に輝く光景が、とてもとてもきれいでした🎵

山行中には、コゲラ、シジュウカラ、ジョウビタキ(雄)を確認。遅い出発となったせいか、あまり、野鳥は確認できず。
訪問者数:276人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ