また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363542 全員に公開 雪山ハイキング北陸

源氏ヶ峰 兄弟ヶ滝 千歳ヶ滝

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天田峠から車で倶利伽羅不動寺の下を過ぎた除雪終了地点(広い路肩)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間39分
休憩
41分
合計
4時間20分
S除雪最終地点路肩10:0110:34源氏ヶ峰入り口鉄階段10:3910:52源氏ヶ峰 ・24511:21兄弟ヶ滝指示標柱11:2711:35兄弟ヶ滝11:3911:46兄弟ヶ滝指示標柱11:54千歳ヶ滝12:0612:41膿川下降点 杉の群生地12:4712:57源氏ヶ峰 ・24513:07源氏ヶ峰入り口鉄階段13:1513:30塔乃橋 砂坂登り口14:00砂坂 源平ライン合流点14:21除雪最終地点路肩G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

不動明王石像
2018年01月20日 10:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王石像
1
源平スカイライン
2018年01月20日 10:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源平スカイライン
1
この前の大雪で赤松が車道に倒れている。
2018年01月20日 10:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前の大雪で赤松が車道に倒れている。
1
地獄谷(膿川本流上部)を望む。
2018年01月20日 10:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷(膿川本流上部)を望む。
1
源氏ヶ峰入り口の鉄階段
2018年01月20日 10:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰入り口の鉄階段
1
源氏ヶ峰に向かう。
2018年01月20日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰に向かう。
1
源氏ヶ峰の平頂部に立つ石碑
2018年01月20日 10:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰の平頂部に立つ石碑
1
源氏ヶ峰(・245)は山深さとは反比例して標高は低い。
2018年01月20日 11:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰(・245)は山深さとは反比例して標高は低い。
1
イノシシの足跡が先導してくれる。
2018年01月20日 11:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの足跡が先導してくれる。
源氏ヶ峰城跡の大き目の掘切
2018年01月20日 11:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰城跡の大き目の掘切
笹の激藪地も雪で隠れている。
2018年01月20日 11:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の激藪地も雪で隠れている。
膿川への細尾根の下降点はこの杉の群生地
2018年01月20日 11:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膿川への細尾根の下降点はこの杉の群生地
尾根を下る。
2018年01月20日 11:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下る。
膿川の支流の小豆川方面を臨む。
2018年01月20日 11:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膿川の支流の小豆川方面を臨む。
青空が出てきた。しかし、このあと雨が降る安定しない天候。
2018年01月20日 11:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出てきた。しかし、このあと雨が降る安定しない天候。
巨大イノシシが一目散に逃げていった。
2018年01月20日 11:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大イノシシが一目散に逃げていった。
イノシシの痕跡
2018年01月20日 11:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの痕跡
尾根が細くなってくる。
2018年01月20日 11:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が細くなってくる。
兄弟ヶ滝の指示標柱
2018年01月20日 11:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄弟ヶ滝の指示標柱
1
背の高い笹薮が雪で隠れている。
2018年01月20日 11:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い笹薮が雪で隠れている。
斜面をトラバースしていく。斜面の笹薮上の雪は滑りやすい。
2018年01月20日 11:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面をトラバースしていく。斜面の笹薮上の雪は滑りやすい。
念願の兄弟ヶ滝
2018年01月20日 11:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願の兄弟ヶ滝
2
垂直の岩盤を流れ落ちる。
2018年01月20日 11:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直の岩盤を流れ落ちる。
1
兄弟ヶ滝から来た所を振返る。
2018年01月20日 11:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄弟ヶ滝から来た所を振返る。
藪で夏は来れそうもないな。
2018年01月20日 11:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪で夏は来れそうもないな。
この斜面を登り、尾根に戻る。
2018年01月20日 11:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面を登り、尾根に戻る。
尾根を下り、千歳ヶ滝に向かう。
2018年01月20日 11:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下り、千歳ヶ滝に向かう。
ここから急斜面
2018年01月20日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急斜面
藪がうるさい。
2018年01月20日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪がうるさい。
ようやく膿川左岸に降り立つ。
2018年01月20日 12:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく膿川左岸に降り立つ。
千歳ヶ滝
2018年01月20日 12:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千歳ヶ滝
1
千歳ヶ滝から膿川方面
2018年01月20日 12:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千歳ヶ滝から膿川方面
小さいけど品がある。
2018年01月20日 12:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいけど品がある。
2
膿川上流方面
2018年01月20日 12:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膿川上流方面
膿川下流方面
2018年01月20日 12:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膿川下流方面
左の斜面を下ってきた。写真では急さが分からない。
2018年01月20日 12:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の斜面を下ってきた。写真では急さが分からない。
急斜面を四つんばいで登る。
2018年01月20日 12:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を四つんばいで登る。
この急登の藪が嫌だ。四つんばいでくぐり抜けるしかない。
2018年01月20日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急登の藪が嫌だ。四つんばいでくぐり抜けるしかない。
1
尾根にでれば一安心
2018年01月20日 12:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にでれば一安心
細尾根を登っていく。
2018年01月20日 12:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根を登っていく。
尾根には雪がないところもある。
2018年01月20日 12:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根には雪がないところもある。
下降ポイントの杉の群生が見えてくる。
2018年01月20日 12:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降ポイントの杉の群生が見えてくる。
ここを登れば一息つける。
2018年01月20日 12:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登れば一息つける。
これは小さな掘切
2018年01月20日 13:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは小さな掘切
源氏ヶ峰の平頂部に出る。
2018年01月20日 13:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源氏ヶ峰の平頂部に出る。
ひらたけだ。
2018年01月20日 13:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひらたけだ。
1
小矢部方面
2018年01月20日 13:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小矢部方面
標高の割りに、距離の割には山深く、谷深く、サバイバル感を味わる千歳ヶ滝。ようやく車が見えてきた。
2018年01月20日 14:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高の割りに、距離の割には山深く、谷深く、サバイバル感を味わる千歳ヶ滝。ようやく車が見えてきた。
1
このワカンは長持ちしているな。
2018年01月20日 14:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このワカンは長持ちしているな。
千歳ヶ滝(千歳が滝)調査報告書。これをまとめられた故坂井伸二氏に敬意を表します。
2018年01月20日 19:14撮影 by Canon MG6500 series, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千歳ヶ滝(千歳が滝)調査報告書。これをまとめられた故坂井伸二氏に敬意を表します。
パソコンだと大きくでき、読めます。自分のスマホでは大きくできません。
2018年01月20日 19:14撮影 by Canon MG6500 series, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パソコンだと大きくでき、読めます。自分のスマホでは大きくできません。
撮影機材:

感想/記録

雪の千歳ヶ滝を見に行こうと倶利伽羅古戦場に向かった。12月23日に激藪で進路さえ分からなかった兄弟ヶ滝が、あわよくば雪上を利用して行けるのでないかと考えた。先週の大雪もかなり融けたが、予想より手前で車を駐車しなくてはいけなかった。スタートからワカンだが、雪が重く疲れる。源氏ヶ峰からは大木の下は地面が出ているところもある。最初はカモシカだと思っていた足跡は、雪が減り活発に食料を探すイノシシの足跡であった。あまりにも巨大なイノシシが自分を見つけ、猛スピードで崖を降りていった。大きすぎて少々びびった。尾根上で2回も遭遇した。兄弟ヶ滝は案の定、斜面の藪が雪で隠れ、なんとか滝下まで行くことができた。千歳ヶ滝よりも大きい。岩場の斜面を落ちている。千歳ヶ滝へは尾根下部のうるさい藪を抜けて膿川左岸に降り立った。こちらの方がやはり気品がある。12月の下旬にくりから峠愛好会会長の和田俊世会長にお会いし、千歳ヶ滝のことをいろいろと伺った。その後、今から15年ほど前に千歳ヶ滝の調査をまとめられた坂井伸二(故人)氏の報告書のコピーを和田さんからいただいた。素晴らしい調査であり、感激であった。この報告書は販売書籍ではなく、所持している方も少なくなり、今回、坂井伸二さんのこの素晴らしい調査を敬意を表して写真で紹介します。この業績を少しでも知っていただけたらありがたいです。写真はパソコンで拡大して表示すると読めます。







訪問者数:211人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ