また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363688 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

雲竜瀑 ⛄日光雲竜渓谷

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6:00雲竜渓谷登山口駐車場着。既にほぼ満車状態。残り1台。駐車所までの道は凍結もなく問題なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
2時間42分
合計
7時間1分
S雲竜渓谷入口06:3007:22稲荷川展望台07:47洞門岩07:5508:25雲竜渓谷入口08:4109:12雲竜瀑11:2011:49雲竜渓谷入口12:23洞門岩12:3313:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雲竜渓谷入口駐車場から稲荷川展望台までは舗装路の九十九折。日陰部はバリバリに凍結。陽が差す道は乾いた道となっています。はじめは登山靴で舗装部分、雪の部分を歩いていましたが、途中からチェーンスパイクを装着。
稲荷川展望台から洞門岩までも状況は同じ。
洞門岩から渓谷に降り渓谷沿いを歩くとすぐに大きく右の山方向に巻きます。降りると渓谷を渡渉今度は左にロープを使い登ります。雪が少なく土の上を歩くようになります。しばらく進むと雲竜渓谷入口の階段に出ます。
雲竜渓谷入口でアイゼンを履き凍結した階段を下ります。雲竜瀑までは何度か渡渉しながら進みます。今年は雪が少ないようでアイゼンが岩に刺さります。途中氷柱がきれいです。氷柱は陽に照らされ汗をかいていました。何カ所か氷柱が崩落していました。雲竜瀑が見える所まで進むと左に巻いて進みましたが岩場がきつく雪もないためアイゼンで登るのもきつく断念。地元の登山会の方と栃木警察の方が来週の訓練の下見に登っていきました。はじめは正面の小さな滝を登っていたのですが断念したようです。左の巻き道は氷瀑のテラスに出るかは行ったことが無いので分からないとの事でした。毎年来ている方に教えていただいたのですが右を巻いていけるのですが、今年は雪もなく凍った細いトラバース道となっていたため断念して戻ったとの事でした。我々も確認するため途中まで登っていきました。アイスバーンのトラバースもありアイゼン先端の2本爪でキックステップ、ピッケルのピックをアイスに打ち込みながら進みましたが途中で撤退。初心者なので慎重に・・・来年に持ち越します。
雲竜瀑を見ながら昼食を採り下山。氷柱を過ぎた所で後ろから大きな音が・・・
多分氷柱が崩落した音だと思います。大丈夫だったかな?
今回はゆっくり、まったりした山行でした。アイゼンでアイスバーンのトラバース、岩場など練習になりました。来年はもっと氷柱が見れることを期待します。
その他周辺情報下山後は「やしおの湯」で汗を流し運転手のhinhiro2000さんには申し訳ありませんが生ビールで・・・舞茸の天ぷら、湯葉が美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 インナーダウン ダウンパンツ ハードシェル アルパイングローブ フィット フィット ウールライナー グリセード バラクラバ サングラス ゴーグル ストック ピッケル リーシュ 12本爪アイゼン チェーンスパイク ロングゲーター ヘルメット ヘッドライト×2+予備バッテリ 食料 スープ インスタントコーヒー ポカリスエット-クリアボトル700ml アコーディオンコンテナ×2 カラトリ ゴミ袋 エアーサロンパス 救急キッドA ツェルト1人用 電池(単3×2 携帯座布団 カメラ予備バッテリ+メモリ ポールホルダ ココヘリ サコッシュ ピクトリノックス ホイッスル 行動食 サプリメント 常備薬 iPhoneケース メガネ曇り止め 日焼け止め リップクリーム バンダナ ティッシュ ホッカイロ 地図 カメラ GARMIN 帽子 温度計
共同装備 THERMOS バーナーP-153 ガスカートリッジ

写真

6:00到着早すぎたかなと思ったのですが駐車場はほぼ満車状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00到着早すぎたかなと思ったのですが駐車場はほぼ満車状態。
6:30ヘッドライトを点け登山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30ヘッドライトを点け登山開始。
まだ薄暗い登山道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い登山道を進みます。
陽が明けてきました。ヘッドライトも必要なくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が明けてきました。ヘッドライトも必要なくなりました。
登るにつれ日陰にアイスバーンが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれ日陰にアイスバーンが・・・
アイスバーンを進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンを進みます。
もうすぐ陽が昇ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ陽が昇ります。
帝釈山のモルゲンロート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山のモルゲンロート
アイスバーンが増えてきたので途中でチェーンスパイクを装着します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンが増えてきたので途中でチェーンスパイクを装着します。
チェーンスパイク装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイク装着。
チェーンスパイクを付け軽快に。威力抜群。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクを付け軽快に。威力抜群。
稲荷川展望台に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷川展望台に到着です。
ダムが見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムが見えます。
女峰山と帝釈山が大きくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山と帝釈山が大きくなってきました。
洞門岩で栃木警察の方々が後程聞いたのですが地元の山岳会の方と一緒に来週の訓練の下見に来たそうです。ここまで車で来れるのですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩で栃木警察の方々が後程聞いたのですが地元の山岳会の方と一緒に来週の訓練の下見に来たそうです。ここまで車で来れるのですね。
洞門岩から渓谷に降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩から渓谷に降ります。
渓谷を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷を進みます。
渓谷沿いにこんな大きな岩の壁が・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷沿いにこんな大きな岩の壁が・・・・
2
渓谷沿いではなく、ここを右に巻いて登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷沿いではなく、ここを右に巻いて登っていきます。
私も渓谷に入り右の山にトラバースしていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も渓谷に入り右の山にトラバースしていきます。
1
登ると始めは雪道が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ると始めは雪道が。
そのうち雪が無くなります。日向は殆ど雪がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのうち雪が無くなります。日向は殆ど雪がありません。
何度か渡渉します。アイゼンを付けているので慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渡渉します。アイゼンを付けているので慎重に。
こんなロープ場も登ります。アイゼンを付けているのでなんか変な感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなロープ場も登ります。アイゼンを付けているのでなんか変な感じです。
アイスバーンの階段を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンの階段を下ります。
雲竜渓谷入口に到着です。女峰山が綺麗に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷入口に到着です。女峰山が綺麗に見えます。
何度か渓谷を渡渉します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渓谷を渡渉します。
1
氷柱が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷柱が見えてきました。
氷柱の渓谷を進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷柱の渓谷を進んでいきます。
陽を浴びて氷柱が輝いています。汗もかいていますが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びて氷柱が輝いています。汗もかいていますが。
1
写真を撮る度にグローブを外します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮る度にグローブを外します。
1
段々氷柱が大きくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々氷柱が大きくなってきました。
1
見事な氷柱です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な氷柱です。
3
見事な氷柱、陽の光でだいぶ汗をかいており下山時はピシピシと音がしていました。下山途中で大きな音がしたのですかこの氷柱が崩れたのではと話していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な氷柱、陽の光でだいぶ汗をかいており下山時はピシピシと音がしていました。下山途中で大きな音がしたのですかこの氷柱が崩れたのではと話していました。
3
崩れた氷柱の残骸の上に氷柱が刺さっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れた氷柱の残骸の上に氷柱が刺さっています。
2
雲龍瀑に到着です。現地の山岳会の方と栃木警察の方が昇っていきますが断念したようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲龍瀑に到着です。現地の山岳会の方と栃木警察の方が昇っていきますが断念したようです。
1
コーヒーブレイク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーブレイク。
1
山岳会の方と栃木警察の方が岩場をロープを出し登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳会の方と栃木警察の方が岩場をロープを出し登っていきます。
正面は滝で行き止まり更に右に巻きましたがなかなか厳しい岩場・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は滝で行き止まり更に右に巻きましたがなかなか厳しい岩場・・・
とりあえず岩だの下の岩の下で小休止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず岩だの下の岩の下で小休止。
とりあえず左側に巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず左側に巻きます。
雲龍瀑正面まで戻りました。この右側の斜面をトラバース気味に登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲龍瀑正面まで戻りました。この右側の斜面をトラバース気味に登っていきます。
先ずは雪とアイスバーンの斜面をトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは雪とアイスバーンの斜面をトラバース。
こんな細い道も踏み外したら下まで滑落です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな細い道も踏み外したら下まで滑落です。
1
アイスバーンをトラバースしていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンをトラバースしていきます。
慎重に登るhinhiro2000さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に登るhinhiro2000さん。
1
途中まで登り撤退。瀑芯には来年またトライします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中まで登り撤退。瀑芯には来年またトライします。
断念して下山。雲竜瀑を見ながらカップ麺で昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断念して下山。雲竜瀑を見ながらカップ麺で昼食。
1
下山します。鹿の足跡を発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。鹿の足跡を発見。
1
振り返れば氷柱が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば氷柱が。
3
暖かいせいか氷柱が崩落しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かいせいか氷柱が崩落しています。
ここは良く氷柱の裏に入って記念撮影をしている場所だと思いますが、氷柱があまりありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは良く氷柱の裏に入って記念撮影をしている場所だと思いますが、氷柱があまりありません。
裏に入ってみました。崩落した氷柱と・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏に入ってみました。崩落した氷柱と・・・
3
少ないとはいえなかなかの氷柱です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少ないとはいえなかなかの氷柱です。
青空と氷柱きれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と氷柱きれいです。
3
雲竜渓谷登山口まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷登山口まで戻ってきました。
帰りは車道で下山。しかし始めは登りでした。雪も有り洞門岩まではアイゼンを装着したままで下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは車道で下山。しかし始めは登りでした。雪も有り洞門岩まではアイゼンを装着したままで下山。
ひたすら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登ります。
まだ青空がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ青空がきれいです。
洞門岩まで下山。ここでチェーンスパイクにチェンジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩まで下山。ここでチェーンスパイクにチェンジ。
道が乾いてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が乾いてきました。
と思うと日陰はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思うと日陰はこんな感じ。
稲荷川展望台まで降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷川展望台まで降りてきました。
展望台から・・・女峰山にガスがかかってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から・・・女峰山にガスがかかってきました。
まだ日陰は危険です。雪の上を慎重に下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ日陰は危険です。雪の上を慎重に下山。
ゲート。登山口駐車所まで戻ってきました。お疲れ様!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート。登山口駐車所まで戻ってきました。お疲れ様!
1

感想/記録

気温-0℃ 快晴、微風。
下着 スキンメシュ上下
ベース マムート エイスワイドジップ
ミッド バーグハウス フルジップ ジャケット
アウター アーク ファイズARジップネックLS
タイツ ミレー スーパーパワーパンツ
パンツ モンベル アルパインパンツ
手袋 モンベル アルパイングローブ フィット
ヘルメット サングラス 毛糸の帽子
訪問者数:1512人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ