また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367757 全員に公開 雪山ハイキング近畿

但馬 山東少年自然の家〜粟鹿山往復

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北近畿豊岡自動車道山東IC
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
4分
合計
4時間44分
Sスタート地点09:5210:06少年自然の家10:36林道終点12:06堰堤下12:27中間林道出合12:3114:05林道終点14:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
少年自然の家付近で積雪10僉山中で20〜30僉
粟鹿山への登山道案内板あります。
その他周辺情報西宮市立山東少年自然の家
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

山東少年自然の家から林道を進みます。
2018年01月27日 10:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山東少年自然の家から林道を進みます。
林道終点から登山道を進みます。
2018年01月27日 10:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から登山道を進みます。
積雪量20僂鯆兇┐討泙后
2018年01月27日 11:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪量20僂鯆兇┐討泙后
大きな堰堤を巻いて上部へ。
2018年01月27日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな堰堤を巻いて上部へ。
堰堤の上で林道を横切りますが、時間切れで引き返しました。折角なので法面の斜面でラッセルの練習をしました。
2018年01月27日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上で林道を横切りますが、時間切れで引き返しました。折角なので法面の斜面でラッセルの練習をしました。
戻る途中で一瞬だけ和田山付近の景色が見えました。
2018年01月27日 13:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻る途中で一瞬だけ和田山付近の景色が見えました。
林道終点まで戻って来ました。
2018年01月27日 14:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点まで戻って来ました。
撮影機材:

感想/記録

当初の計画では、鈴鹿の霊仙山西南陵を登る予定でしたが、登山口の今畑への林道が通行止めで入れないので、比良の武奈ヶ岳の御殿山コースも検討したが、坊村付近の積雪量が65僂睛り残念ながら諦めました。
折角の雪山ラッセル訓練なので、但馬の和田山町にある一等三角点の粟鹿山に急遽変更して、実施しました。
山南町を過ぎた頃から雪道に変わり氷上町まで来ると一面の雪景色。北近畿豊岡自動車道でも雪道チェーン規制で時間を取られ、登山口の山東少年自然の家下の駐車場へ遅れて到着。支度を整え出発したがワカンを着ける程では無いが、林道終点間近でワカンに替える。
本格的なワカンラッセルの練習しながら上部を目指すが、予定時間は大幅に遅れ中間の林道へ出る。天候も一向に回復せず山頂までの時間を勘案して引き返す。
中間林道の法面を利用して新雪深雪の掻寄せ踏付けの実戦練習と急斜面の登下降等を行い下山した。
行動中一度も景色は見えなかったが一瞬だけ和田山町の街並みが見られたのが幸運でした。
訪問者数:95人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 堰堤 法面
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ