また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368117 全員に公開 トレイルラン九州・沖縄

烽火山 彼は誰時の烽火台へ

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
タクシー
妙相寺まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間13分
休憩
7分
合計
1時間20分
S妙相寺06:1706:28秋葉山06:3006:51烽火山06:5607:09健山07:1007:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

薄明の長崎市街、烽火台より
手間のうっすらと白い曲線が烽火台の縁
2018年01月27日 06:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄明の長崎市街、烽火台より
手間のうっすらと白い曲線が烽火台の縁
健山からの下り、檜林の急降
2018年01月27日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健山からの下り、檜林の急降
1
片淵中学校グランドの裏手に下山、正面に昨日登った金比羅山の稜線
2018年01月27日 07:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片淵中学校グランドの裏手に下山、正面に昨日登った金比羅山の稜線
1
片淵中学校グラウドを左手に折れ、城の古趾から長崎市街と港湾を望む
2018年01月27日 07:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片淵中学校グラウドを左手に折れ、城の古趾から長崎市街と港湾を望む
1
撮影機材:

感想/記録

山行にはもしもの時のため、ヘッデンは携えていくものの、長いこと実際にライトを点けた記憶がない。かなりタイトな山行のスケジュールでもない限りはその必要がないので、そのような山行を長らくしていないということである。
長崎への出張の二日目、会合は9時からと思っていたのだが、さらに別の8時15分から始まるミーティングに出席する必要があり、当初、予定した烽火山への登山を諦めかけ、稲佐山への変更を考えるも、初志貫徹、稲佐山は山容は美しいが山の中腹まで立ち並ぶホテルを見るにつけ登攀意欲が削がれる。

烽火とは聞き慣れない言葉であるが、長崎には他にも烽火山がある。異国の不審な船舶を認知した際に狼煙をあげるための台を有する山の俗称であり、古くは斧山または遠見山と呼称されたらしい。烽火山という同名の山が多良山の南東部にあるが、この長崎の烽火山であげられた狼煙を受け継ぎ、佐賀の鍋島藩に急を知らせる役割を担ったという。長崎ならでは歴史を反映した山と云えるが、それだけに山頂からの展望に期待されるところである。

本河内貯水池の奥に佇む妙相寺にタクシーで向かう。登山路は寺から延びているように思わるが、寺の東にある小さな流れの左岸にある階段を街灯がうっすらと照らしているのが目に入り、ここから取り付く。ほどなく路は行き止まりとなり、思案にくれるが、なんと左手の堰堤に段がついており、対岸にトラバース。すぐに踏み固められた登山路に出る。

おそらく修験道の信仰の山なのであろう。路の正面に暗闇の中から懐中電灯の灯りに不動明王が顕現したのは迫力があった。空はかすかに白みはじめるが、檜林の中は暗く、なかなか明るくならない。急登をひとしきり登ると忽然と大きな開けた場所に飛び出す。烽火台のある山頂であった。薄明の長崎はようやく目を醒ましつつあるところだろうか。朝焼けをうけてラベンダー色のパステルカラーに染まった空と煌々とした市街の灯りがなんとも美しい。夜と朝が交錯する彼は誰時の光景である。

可能ならば刻々と変容していく空と街の景色を心ゆくまで愉しみたいところであるが、そうはしてはいられない。空もかなり明るくなってきたことでもあるし、下山を急ぐ。健山にむけて縦走路は照葉樹帯が多く、全く異なる景色である。下山の最終は国土地理院の地図に記されている鳴滝に直接下るルートを辿るつもりが、注意深く探すもまったくルートを同定出来ない。引き返して片淵中学校のグラウンドに出るルートをとると、まもなく昨日登った金比羅山の美しい稜線が正面に姿を顕す。グラウンドを左に折れると、すっかり目を覚まし、街路灯を消した市街の向こうに港湾が望まれる。通りに出たところでタクシーを拾って、ホテルに帰り着いたのは7時45分であった。なんとかミーティングに間に合う。

長崎山行三日目は英彦山に
訪問者数:137人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 左岸 堰堤 山行 ヘッデン 登攀 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ