また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369625 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

氷結した芭蕉滝

日程 2018年01月28日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り 粉雪がまう
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊豆市内国道414号線より静岡県県道59線に入り金山地区の持越川に架かる水抜橋を渡り左折して猫越地区に入りました。
駐車スペースがある車道脇に車を置きました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

09:30 河原小屋林道⇒ 11:00 芭蕉滝入口⇒ 
11:45 芭蕉滝 12:35⇒ 14:00 河原小屋林道
コース状況/
危険箇所等
 林道には10〜15冂の積雪があり途中からアイゼンを装着して登って行きました。
 どんよりした空から細かい雪が舞う天気になり、標高を上げるに連れ積雪が深くなり気温も下がってきました。
 林道から巻き道の登山道に入ると雪がありラッセルをしながら進みました。
 谷側は切れ落ちていていたので滑落に注意して通過して芭蕉滝に着きました。
 完全氷結とはいきませんが見応えのある氷のすだれを見ることができました。
 昼食後少し寄り道をして来た道を緊張を解かず林道に出て出発地点に戻りました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

河原小屋林道より山道に入りました。
つげ峠への道にもなっています。
2018年01月28日 11:01撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原小屋林道より山道に入りました。
つげ峠への道にもなっています。
1
森林管理署の通行止めの看板があります。
これから先は自己責任です。
2018年01月28日 11:08撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林管理署の通行止めの看板があります。
これから先は自己責任です。
1
入り口付近
想定していたより雪は少なめでした。
2018年01月28日 11:09撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口付近
想定していたより雪は少なめでした。
1
つげ峠への分岐付近
2018年01月28日 11:11撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つげ峠への分岐付近
1
ラッセルしながら進みました。
2018年01月28日 11:21撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルしながら進みました。
谷側に数本ある杉の大木。
2018年01月28日 11:24撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷側に数本ある杉の大木。
難所はこれから。
2018年01月28日 11:25撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所はこれから。
1
杉の大木。
2018年01月28日 11:28撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の大木。
1
山側にへばりついて通過中。
2018年01月28日 11:28撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山側にへばりついて通過中。
1
振り向くとこんな感じ。
2018年01月28日 11:30撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くとこんな感じ。
谷側は崩壊などで切れ落ちていました。
滑落したら命取り。
2018年01月28日 11:30撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷側は崩壊などで切れ落ちていました。
滑落したら命取り。
一番の難所。
2018年01月28日 11:32撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番の難所。
張られているトラロープを確認。
切れそうなのでもっていった捨てロープを張り補強して通過しました。
ロープは補助的な物で頼りにしない方が無難です。
2018年01月28日 11:33撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
張られているトラロープを確認。
切れそうなのでもっていった捨てロープを張り補強して通過しました。
ロープは補助的な物で頼りにしない方が無難です。
氷結した芭蕉滝が見えてきました。
2018年01月28日 11:43撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した芭蕉滝が見えてきました。
手前の桟橋は腐食が進み危険でした。
2018年01月28日 11:44撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の桟橋は腐食が進み危険でした。
氷結した芭蕉滝
地元の人から教えてもらった話ですが鹿や猪などをこの滝の断崖に追い込み落とす猟をした場所で「バショ」が「バショウ」に変化して滝の名前になったようです。
2018年01月28日 11:45撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した芭蕉滝
地元の人から教えてもらった話ですが鹿や猪などをこの滝の断崖に追い込み落とす猟をした場所で「バショ」が「バショウ」に変化して滝の名前になったようです。
4
下部の滝壺付近の氷。
2018年01月28日 11:46撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部の滝壺付近の氷。
1
滝壺付近。
2018年01月28日 11:48撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝壺付近。
つららは少し水色がかかり透き通っていました。
水量が多く完全氷結には至っていません。
2018年01月28日 11:48撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つららは少し水色がかかり透き通っていました。
水量が多く完全氷結には至っていません。
1
下部の滝壺付近の氷の様子。
2018年01月28日 11:48撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部の滝壺付近の氷の様子。
芭蕉滝下の沢も凍っていました。
2018年01月28日 11:50撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芭蕉滝下の沢も凍っていました。
後続の若い登山者が合流し芭蕉滝を見上げる。
2018年01月28日 11:50撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の若い登山者が合流し芭蕉滝を見上げる。
1
氷結した芭蕉滝上部。
2018年01月28日 11:51撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した芭蕉滝上部。
氷結した芭蕉滝上部。
2018年01月28日 11:51撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した芭蕉滝上部。
1
へばり付く氷。
2018年01月28日 12:14撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へばり付く氷。
少し寄り道をして名も無い滝を訪れる。
2018年01月28日 12:25撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し寄り道をして名も無い滝を訪れる。
1
この滝の水はきれいだそうです。
2018年01月28日 12:25撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝の水はきれいだそうです。
2
全面氷結したらこちらも見応えがありそうでした。
2018年01月28日 12:26撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全面氷結したらこちらも見応えがありそうでした。
1
氷結した芭蕉滝見納め。
2018年01月28日 12:33撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した芭蕉滝見納め。
2

感想/記録

 数十年に一度と言われる寒波が数日日本列島を覆い伊豆の山間部は強烈に冷え込みました。
 友達から誘いがあり氷結した芭蕉滝を訪ねることにしました。
 地球温暖化に関係しているのか山登りを始める以前の頃のようにキンキンと完全に氷結した芭蕉滝を近頃見ることができず昨年も訪れましたがだめでした。
 この季を逃してはと天気は予報より悪そうでしたが頑張って出発しました。
 22日昼頃から夜半にかけ太平洋側に降った雪で「横道」と呼ばれている巻き道を通過できるか心配でザイルなどを友達が準備しました。
 積雪が多く危険で通過できない場合つげ峠への道を登り人工林の中を下がる予定でした。
 芭蕉滝入口には通行止めの看板が出ています。
 これから先は自己責任です。
 巻き道の雪は想定していたより少なくラッセルすれば通過できました。
 谷側が崩壊している危険箇所に張られたトラロープは付加をかけると切れそうで頼りにしないほうが良さそうでした。
 木の桟橋などは腐食が進み踏み抜きなどの危険が
あるので山側を通過しました。
 個人的には積雪の状態を知るための下見を兼ねていたのでコースタイム写真などはしょっりました。
訪問者数:202人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ