また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370850 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山 雪すごくて3合目まで

日程 2018年01月30日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜中に降った雪の影響で、スリップした車が電信柱に突っ込んでた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
1時間11分
合計
4時間56分
S伊吹山上野登山口09:2509:52伊吹山一合目(伊吹高原荘)10:0510:39伊吹山二合目10:4112:10伊吹山三合目12:5613:35伊吹山二合目13:53伊吹山一合目(伊吹高原荘)14:0314:21伊吹山上野登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪がもりもり
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

では出発。
2018年01月30日 09:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では出発。
1
雪が降ってて、1合目でももりもり。
2018年01月30日 09:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降ってて、1合目でももりもり。
3
埋もれてますな。
2018年01月30日 09:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれてますな。
2
一気に飛んで3合目。
2018年01月30日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に飛んで3合目。
2
本日の最終目的地。
2018年01月30日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最終目的地。
4
トレースすぐ消えてまっとる。
2018年01月30日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースすぐ消えてまっとる。
3
振り返ってパシャリ。
2018年01月30日 13:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってパシャリ。
1
うーん、寒い。
2018年01月30日 13:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、寒い。
1
ってなことで琵琶湖がちょっと見えたかな。
2018年01月30日 13:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ってなことで琵琶湖がちょっと見えたかな。
1

感想/記録

ってなことで、雪が降ってる真っ最中の伊吹山に登りました。

昨晩からの雪の影響で関ヶ原インターを降りたら道路が雪まみれで渋滞。
神戸ナンバーの車が滑ったらしく、電信柱に正面衝突してたりと中々の惨状。

登山口の駐車場は旧ゴンドラ乗り場300円駐車場に停めようかなと思ってたけど、
除雪されてない箇所が多々あり無理だったので神社回りの駐車場に停めました。


0合目から雪がしっかり積もっていて、靴がぐちゃぐちゃになるということはなかった。
1号目に到着した時点ではまだまだ雪はくるぶし上くらい埋まるくらいではあったが、
そこからはずぼずぼ埋まる。
ワカンではずぼずぼ埋まった。
ここで京都よりお越しの二人組のおにいちゃん達と一緒に登り始めた。
2合目に辿りつく前にかなりの体力を消耗してた。
3合目手前の柵があるところでは膝上ラッセル。
みんなはぁはぁ言いながら必死で登っていった。
しかし、全然進まない。
結局、疲れ切ってしまったし時間を考えて、3合目の東屋までということで、
東屋でカップ麺食って帰った。

自分達が東屋で雪を浴びながら飯食ってたらあとから5人ほどやってきた。

自分以外の人達はアルファ米とか食べてたけど、
この寒い状況でお湯注いでも美味く戻せるんすかね?
自分は冬に雪降ってる中でアルファ米を屋外で食べたことないからよくわからんけど。
あとどんべい食べてた人もいたけど、粉末を袋から出すという行為がこの状況ではこの上なく面倒だと思っている自分はカップヌードルを食べてた。

ご飯もエクストリームな状況で食べることを想定して選択しなきゃあきまへんな。


ラッセル泥棒を期待して遅めのスタートを切ったのに、結局この日の先頭集団。
やっぱり他力本願はダメっす。

頂上まで行かずとも景色はホワイトアウトであろうとも、このエクストリームな状況を楽しむというある種の雪山の楽しみを覚えた今回の山行であった。

訪問者数:553人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ