また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1371722 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

裏六甲氷瀑(?)巡り

日程 2018年02月02日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
往路:神鉄・有馬温泉駅
復路:六甲ケーブル・山上駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
2時間5分
合計
7時間40分
S神戸電鉄有馬温泉駅09:1109:13亀乃尾の滝09:1409:31(休憩)09:4309:52有馬稲荷09:5810:46(休憩)10:5010:55湯槽谷峠への分岐11:03湯槽谷峠への分岐11:11(休憩)11:1911:25白石谷への分岐11:35白石滝11:38(休憩)11:5712:03白石谷への分岐12:06(休憩)12:1112:38七曲滝12:4312:47(休憩)13:0313:19百間滝・似位滝への分岐13:2313:36百間滝13:3713:41似位滝13:5314:12百間滝・似位滝への分岐14:56極楽茶屋跡15:2215:51みよし観音16:28記念碑台16:3416:51六甲ケーブル山上駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
紅葉谷のハイキングコースから各滝への道は通行注意。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) 手袋(2) 帽子(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 防寒着(1) 6本爪アイゼン(1) 予備の4本爪アイゼン(1)

写真

亀乃尾の滝。先週はもっとツララがありました。
2018年02月02日 09:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀乃尾の滝。先週はもっとツララがありました。
1
炭酸泉源の水が飲めます。
味は、サイダー+硫黄+鉄。「う〜ん、まずい!もう1杯。」でした。
2018年02月02日 09:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭酸泉源の水が飲めます。
味は、サイダー+硫黄+鉄。「う〜ん、まずい!もう1杯。」でした。
1
有馬稲荷の参道を登ります。
2018年02月02日 09:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬稲荷の参道を登ります。
有馬稲荷からの眺望
2018年02月02日 09:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬稲荷からの眺望
有馬稲荷 拝殿
2018年02月02日 09:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬稲荷 拝殿
有馬稲荷 本殿
2018年02月02日 09:58撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬稲荷 本殿
紅葉谷は一部通行止めですが。写真奥は下流側です。
2018年02月02日 10:41撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷は一部通行止めですが。写真奥は下流側です。
1週間ほど前、湯槽谷峠からここに下ろうとして、大堰堤に阻まれ、撤退しました。今回は大堰堤の下から少し登ってみます。
2018年02月02日 10:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1週間ほど前、湯槽谷峠からここに下ろうとして、大堰堤に阻まれ、撤退しました。今回は大堰堤の下から少し登ってみます。
左が大堰堤です。大堰堤の左岸を小さく巻くだけでした。拍子抜け。
2018年02月02日 10:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が大堰堤です。大堰堤の左岸を小さく巻くだけでした。拍子抜け。
1
大堰堤から上流側を覗く。見た限り難路でも何でもないですね。もう1つ上流の大堰堤があり、そっちは未確認で前回道がわからなかったです。
2018年02月02日 11:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大堰堤から上流側を覗く。見た限り難路でも何でもないですね。もう1つ上流の大堰堤があり、そっちは未確認で前回道がわからなかったです。
1
白石滝の下部
2018年02月02日 11:35撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝の下部
2
白石滝は本日1番乗りのようです。トレースは私1人のみ。
2018年02月02日 11:35撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝は本日1番乗りのようです。トレースは私1人のみ。
白石谷のコース入口。写真ではわかりにくいですが、木にマーキングがあります。本日のトレースはないようです
2018年02月02日 11:36撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石谷のコース入口。写真ではわかりにくいですが、木にマーキングがあります。本日のトレースはないようです
七曲滝は、この迂回路を迂回せず柵内へ(自己責任で)。多くの踏み跡あり。
2018年02月02日 12:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝は、この迂回路を迂回せず柵内へ(自己責任で)。多くの踏み跡あり。
トラバースに注意
2018年02月02日 12:32撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースに注意
七曲滝。中央は凍結なし。
2018年02月02日 12:38撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝。中央は凍結なし。
3
七曲滝の下部
2018年02月02日 12:42撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝の下部
1
5年ほど使ったアイゼンの歯。丸くなりすぎ、そろそろ買い替えよう。
2018年02月02日 15:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5年ほど使ったアイゼンの歯。丸くなりすぎ、そろそろ買い替えよう。
1
記念碑台。工事中なので見るだけ。
2018年02月02日 16:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念碑台。工事中なので見るだけ。
煙モクモク。水蒸気か?
2018年02月02日 16:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙モクモク。水蒸気か?

感想/記録
by KENPEI

2〜3日前の新聞に完全氷瀑となった七曲滝が載っていました。それを読んで行きたくなり、年休を取って行くことにしました。それに先週は有馬三山を縦走するも、ルートミスやらルートロストで滝を見れませんでしたので、今回は是非、滝を見たいところです。

当日、有馬温泉駅を出ると、温泉街に歩道の一部に残雪がありました。この分だと氷瀑が期待できそうです。

まず、温泉街にある亀乃尾の滝。ここはツララになっているものの先週の方がよく凍結していました。ちょっとがっかり。

次に紅葉谷を登りたいところですが、通行止め区間があるので、有馬稲荷、魚屋道、炭屋道を経由し、紅葉谷へ。

紅葉谷を少し登ると、先週ルートロストした湯槽谷峠への分岐がありました。すこしそちらを登ってみました。1つ目の堰堤は難なくクリアできそう。次の堰堤は未確認です。

引き返して、白石谷へ。白石滝は全然凍ってませんでした。

紅葉谷へ戻り、七曲滝を目指します。(下流側から)2番目の「う回路」の柵の中へ入ると、やがて七曲滝へ到着です。完全氷瀑ではありませんが、なかなかの迫力でした。平日なのに10人ほどの人がいて、写真撮りまくりでした。ドローンで空撮の人もいました。私もじっくり滝を見たり、写真を撮りました。

次に百梁譟∋位滝を見に行きました。これらは半分強が氷瀑という感じでした。それでも綺麗です。こられは七曲滝ほどは有名でないので、5人ほどしか人はいませんでした。

その後、極楽茶屋跡へ向かいますが、その間、徐々に雪が増え、ちょっとした雪山気分になれました。

極楽茶屋跡でしばし休憩。その後は、六甲山から魚屋道から帰る予定でしたが、時間的に遅くなって暗くなりそうです。このため六甲ケーブルの駅へ向かい、そこからケーブルで下山しました。
訪問者数:287人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 左岸 紅葉 氷瀑 撤退 堰堤 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ