また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372436 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

関東百名山「妙法ヶ岳」※2018年度山行10回目

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
目標地点:道の駅「大滝」
〒369-1901埼玉県秩父市大滝4277-2
Tel.0494-55-0126 
http://www.ootakionsen.co.jp/

道路状況:舗装路、但し早朝は一部凍結あり

駐車場スペース:道の駅「大滝」にあり

トイレ:道の駅「大滝」にあり

コンビニ:雁坂トンネル利用の山梨側からなかったかも……。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
8分
合計
6時間57分
S大滝温泉遊湯館06:2106:37岡本バス停06:52大輪バス停09:36三峯神社バス停09:56木の鳥居09:5810:41妙法ヶ岳10:47三峯神社奥宮10:5211:05妙法ヶ岳11:31木の鳥居11:3212:59大輪バス停13:13岡本バス停13:18大滝温泉遊湯館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=6時間54分(ヤマプラ標準時間=5時間45分/9.9km+α)
+α=道の駅「大滝」から紅乃屋往復分
歩行距離=15.2km
標高差=975m
平均速度=2.2km/H

※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.道の駅「大滝」から表参道登山口まで約2.6km
2.表参道登山口から積雪状態です(チェーンスパイクを着用しました)
 但し、標高の低い日の当たる場所の雪は下山時には溶けていました
3.なので、降雪で木の上に積もっていた雪は、
 気温が暖かくなると頭上より「雪爆弾」となって降り注ぎます。
4.雪質はパウダースノーです
5.雪の深さは足首が埋まる位です
6.山頂直下の階段と鎖場は急坂で注意が必要です
7.ビジタセンターまで車で来る事が可能です
8.三峰神社周辺の店舗は開店しており、食事や休憩が可能です
9.ビジターセンターからバス移動も可能です(西武秩父方面)
10.水分補給量≒750mL
その他周辺情報大滝温泉遊湯館
http://www.ootakionsen.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヒートテックTシャツ ヒートテック長袖インナー 長袖シャツ アンダータイツ クリマプラスジャケット(フリース) ノマドパンツ 靴下 ニット帽 防寒手袋 ストームクルーザージャケット 雨具(ストームクルーザーパンツ) ストック(使用) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3+山専もどき×500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) チェーンスパイク(予備)

写真

道の駅「大滝」スタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅「大滝」スタートです。
2
樹氷満載の景色がとても綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷満載の景色がとても綺麗です。
2
入り口から雪満載です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口から雪満載です。
1
トレースはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはありません。
3
滝も凍っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝も凍っています。
2
この辺りはハイキングコースな感じで問題はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはハイキングコースな感じで問題はありません。
3
この辺から「どっち?」って感じの場所が散見しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から「どっち?」って感じの場所が散見しました。
4
とは言え、眺望はかなり良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とは言え、眺望はかなり良いです。
3
ビジターセンター上に着きました。雪による道路状況が不安でしたが、一般参拝者が多数いました……、なので車でここに来られた、と言う事ですね。(T^T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター上に着きました。雪による道路状況が不安でしたが、一般参拝者が多数いました……、なので車でここに来られた、と言う事ですね。(T^T)
2
ここから奥宮に進みます。雲取山への縦走ルートはトレースがありましたが、あとはノートレースでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから奥宮に進みます。雲取山への縦走ルートはトレースがありましたが、あとはノートレースでした。
1
雪の深さは、足首が埋まる程度でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の深さは、足首が埋まる程度でしょうか。
2
妙法ヶ岳の標識ですかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法ヶ岳の標識ですかね?
4
この階段、実は鎖場になっており、階段含めて結構急です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段、実は鎖場になっており、階段含めて結構急です。
3
途中でバスに乗る事が出来、楽して帰還しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でバスに乗る事が出来、楽して帰還しました。
2

感想/記録
by drunk

2018年2月3日(土)

完全に雪山と化していました。
感想は後日記載します。

-後日-
今週はまたしても寒波来襲となった。
低山に特化しつつある昨今ではあるが、
こんな天候の時は、基本的に岩場や鎖場がある山を避けて、
山選定をしている。
が、しかし、その条件の全てを排除するとしたら、
行きたい山へ行く事が出来なくなるので、
若干の事前調査と必要十分な装備と、
あとは「撤退」と言う文言を常に心の中に抱えて山に入る事にしている。

さて、今回の「妙法ヶ岳」は、ビシターセンターを拠点とすれば
かなり節約登山が可能な山であり、1日○座登頂の通過点と考えていた。
だが天候を含めた様々な諸事情の中、
今回、積雪期長時間山行での登頂となった。

ま、ビジターセンターに車で行けた、
と言う事実はあとで知り、残念には思うのですが、
表参道登山口からの積雪状態とノートレースで雪山と化した
「妙法ヶ岳」の山行自体は堪能したのである。
最後の階段と鎖場は、実際それほどと感じなかった、と言う事と、
基本的に誰とも逢わない山行だった、と言う事が理由だ。

なお、こんな低山(ある意味有名な場所)で、
積雪時にノートレースと言うのも珍しい。
降雪により木々の上に溜まった雪が、
雪爆弾として落下するのが理由かもしれない。

雲取山へのルートのトレースや、自分が残したトレースも
下山時に、消えかかっていたからである。
実際、自分も雪爆弾の被害にはあっている……。(T^T)

ちなみに今後、登山道上の雪が圧雪→凍結に変わるとすると
この情報は無意味になるのかもしれません。

皆さん、あちこちで事前情報を確認して下さいね。
訪問者数:498人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ