また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373556 全員に公開 トレイルラン六甲・摩耶・有馬

丹生山系縦走路 シビレ山→丹生山→帝釈山→稚児が墓山

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間44分
休憩
9分
合計
3時間53分
Sスタート地点08:5710:08シビレ山10:27丹生山10:3310:52帝釈山11:13岩谷峠下:帝釈山・丹生山登山口11:1411:19稚子ヶ墓山登山口11:2111:40稚子ヶ墓山11:54肘曲り12:23鯰ノ手池12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気温 測っておりませんがかなりの寒さ 
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ポカリスウェット 1本 水 1本  おにぎり 2個 カロリーメイト 1個

写真

神戸電鉄 栄駅
2018年02月04日 08:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸電鉄 栄駅
つくはら湖  水位が少し少ない感じでした。
2018年02月04日 09:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つくはら湖  水位が少し少ない感じでした。
つくはら湖からシビレ山に至る道中です。 道を間違いやすそうな場所は神戸市設置の看板があり かつ一般の登山者の方の補足の看板的なものもありますので助かります。
2018年02月04日 09:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つくはら湖からシビレ山に至る道中です。 道を間違いやすそうな場所は神戸市設置の看板があり かつ一般の登山者の方の補足の看板的なものもありますので助かります。
シビレ山・丹生山 ←→ と補足説明あり。
2018年02月04日 09:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シビレ山・丹生山 ←→ と補足説明あり。
いい天気です。
2018年02月04日 09:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気です。
霜柱がたっておりザクザクザクと音をたてての登山です。
2018年02月04日 09:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱がたっておりザクザクザクと音をたてての登山です。
シビレ山 山頂前の最後の登り。 なかなかの斜度ですのでロープを設置していただいてるのが助かります。
2018年02月04日 09:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シビレ山 山頂前の最後の登り。 なかなかの斜度ですのでロープを設置していただいてるのが助かります。
シビレ山 山頂到着。 この山の名前の由来は?あとで調べたいと思います。
2018年02月04日 10:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シビレ山 山頂到着。 この山の名前の由来は?あとで調べたいと思います。
シビレ山付近から南の景色です。 淡路島 瀬戸内海 明石海峡大橋などが見えました。
2018年02月04日 10:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シビレ山付近から南の景色です。 淡路島 瀬戸内海 明石海峡大橋などが見えました。
丹生山 丹生神社到着。 イングレスというスマホの陣取りゲームの登録地になっているのでしばし休憩がてらゲームタイム。
2018年02月04日 10:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹生山 丹生神社到着。 イングレスというスマホの陣取りゲームの登録地になっているのでしばし休憩がてらゲームタイム。
お参りしました。
2018年02月04日 10:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りしました。
丹生山から帝釈山へ至る道中。 この区間も看板多数で歩きやすいです。
2018年02月04日 10:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹生山から帝釈山へ至る道中。 この区間も看板多数で歩きやすいです。
帝釈山到着。
2018年02月04日 10:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山到着。
帝釈山を下山すると428号線にあたります。 
2018年02月04日 11:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山を下山すると428号線にあたります。 
稚児が墓山のふもとまで一般道を歩きます。 日曜などは交通量が多いので注意。
2018年02月04日 11:14撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山のふもとまで一般道を歩きます。 日曜などは交通量が多いので注意。
稚児が墓山ふもとのため池ですがあまりの寒さで湖面がガチガチです。 神戸でこれじゃニュースでやってましたが諏訪湖はそりゃ凍るはずだな っと思いながら通過。 氷の湖面の上に岩が転がっておりましたがまったく割れておりませんでした。
2018年02月04日 11:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山ふもとのため池ですがあまりの寒さで湖面がガチガチです。 神戸でこれじゃニュースでやってましたが諏訪湖はそりゃ凍るはずだな っと思いながら通過。 氷の湖面の上に岩が転がっておりましたがまったく割れておりませんでした。
1
稚児が墓山入り口
2018年02月04日 11:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山入り口
登りのルートは浮石などが多数で捻挫に注意しながらの登山となりました。
2018年02月04日 11:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りのルートは浮石などが多数で捻挫に注意しながらの登山となりました。
1
稚児が墓山山頂付近の看板。 この山の名前の由来が書かれてあります。 秀吉が関係していたんですね。
2018年02月04日 11:40撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山山頂付近の看板。 この山の名前の由来が書かれてあります。 秀吉が関係していたんですね。
稚児が墓山山頂です。
2018年02月04日 11:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山山頂です。
稚児が墓山下山途中の肘曲りポイント。 ここから南にさらに下りますと柏尾台方面。  今回は花折山方面を選択。 稚児が墓山ルートは倒木や浮石が多数で少し歩きにくい感じでです。
2018年02月04日 11:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児が墓山下山途中の肘曲りポイント。 ここから南にさらに下りますと柏尾台方面。  今回は花折山方面を選択。 稚児が墓山ルートは倒木や浮石が多数で少し歩きにくい感じでです。
花折山を通過しますと兵庫カントリークラブのゴルフ場にでます。ここから目的の神鉄花山駅まではほとんどきついアップダウンもなく快適に通行可能でした。
2018年02月04日 12:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花折山を通過しますと兵庫カントリークラブのゴルフ場にでます。ここから目的の神鉄花山駅まではほとんどきついアップダウンもなく快適に通行可能でした。
花山駅近辺の住宅地に最後は下山してきました。 
2018年02月04日 12:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花山駅近辺の住宅地に最後は下山してきました。 
神鉄花山駅 無事到着!
2018年02月04日 12:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神鉄花山駅 無事到着!

感想/記録

今回のルートで一番の注意点は水や食料の補給が20キロの間まったく補給ポイントがなかったことです。 六甲山の縦走路近辺でしたら各所に補給ポイントなどがあるのですが今回のルートは油断していると危ないところでした。 

六甲縦走という王様ルートが近所にあるせいか日曜日の午前中という登山ゴールデンタイムにもかかわらずすれ違った登山者は帝釈山での1名のみでしたので、大きなトラブルのないように安全に進行しました。

限られた食料での補給配分や若干整備されている六甲山系とは違う荒れ気味の道の走り方など今回はいろいろ勉強になりました。
訪問者数:162人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 霜柱
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ