また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373945 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

土合駅〜西黒尾根〜谷川岳〜茂倉岳〜土樽駅

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
 kjt
, その他メンバー1人
天候晴れのち小雪
アクセス
利用交通機関
電車
JR土合駅より西黒尾根登山口まで徒歩30分
茂倉岳登山口よりJR土樽駅まで徒歩1時間弱
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間10分
休憩
1時間10分
合計
10時間20分
S西黒尾根登山口05:3009:00谷川岳・肩の小屋09:1509:30谷川岳09:4511:00一ノ倉岳11:20茂倉岳12:10矢場ノ頭14:00茂倉新道登山口14:4015:50土樽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
3日
修論にも一区切りついたので、意気揚々と山へ行く。同行者の都合上、土曜日に土合駅でC0. この駅はもう4度目。毎回、訪問者ノートに落書きのような書き込みがあるのがちょっと残念。夜の間に階段のほうから足音のようなものが聞こえたり、色々ヤバかった。
4日
3時起床で米をたく。谷川岳登山口へは所々凍った道路を30分ほど歩く。(核心) 西黒尾根は今回初めてだったが思っていたほど難しいルートで無かったので残念。鎖場やちょっと細いところを気をつけて歩くくらい。雪質も良く、天気も良く、快調に進んだ。今日のモルゲンローテと鮮やかな水色の朝空のコントラストは、これだけで来た甲斐があると言えるものだった。
肩の小屋で小休憩したのち、谷川双子峰へ。3度目の到達。増毛のように真っ白かつ日高のようにギバギバの稜線が連なる。快晴無風、人徳を発揮した。
余力があるようなので、一ノ倉岳、茂倉岳とトレースを伸ばす。谷川までは人がたくさんいたが、ここからは誰もいない。久々に白銀の世界に自分だけのトレースを刻む。去年より積雪量少ないが、それでも白い斜面と大きな雪庇に神経をすり減らす稜線だ。茂倉新道は細く、不細工な雪稜などもあって意外とめんどくさい。樹林内になっても尾根細く、やはりめんどくさい。尾根はそのまま土樽PAに繋がっている。ここで装備解除。暖房が効いていたのでしばしヌクヌクする。しかし、ここからが今山行の核心だった。なんと道路が除雪されていない。下山したのに極道ラッセル開始。しかも駅への道も不明瞭でよくわからない。最終的にに駅の裏の雪斜面を滑り降りて駅に侵入。結果、2時間に1本しかない電車に乗り遅れるという失態。新幹線で帰る。2500円の無駄な出費だ。辺境駅おそるべし。辺境駅でも道くらい分かるようにしておいて欲しい。
その他周辺情報入山口、下山口ともに何もない。本当に自販機しかない。不憫である。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

はじまりはじまり
2018年02月03日 19:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじまりはじまり
モルゲンロート
2018年02月04日 06:48撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロート
1
白毛門方面がかっこいい
2018年02月04日 07:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門方面がかっこいい
1
一ノ倉岳方面
2018年02月04日 10:05撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳方面
1
一本のトレースを刻む
2018年02月04日 11:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本のトレースを刻む
3
クラックたち
2018年02月04日 11:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックたち
2
土樽パーキングエリアで下山
2018年02月04日 13:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土樽パーキングエリアで下山
2
撮影機材:

感想/記録
by kjt

1月ぶりの山で、よい勘戻しになった。朝焼け時の水色の空がMVP。
訪問者数:730人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/12
投稿数: 183
2018/2/6 12:31
 こんにちは!
お疲れ様でした。
真っ白な谷川をこんなに長く稜線を歩くなんて、魅力的で素敵なコースですね!!
装備としてはわかんを持って行ったんですか?
それとも、スノーシューですか?
茂倉振動を歩かれている写真を見てどちらか分からなかったので。
教えて頂けると光栄です。
kjt
登録日: 2015/1/5
投稿数: 2
2018/2/6 13:29
 Re: こんにちは!
こんにちは。コメントありがとうございます。私はモンべルのアルパインスノーポンという、ワカンとスノーシューの中間のようなものを使っています。谷川岳まではトレースがあったので、アイゼンさえあればOKという感じでした。茂倉新道はスノーシュー必須ですね。
登録日: 2011/10/12
投稿数: 183
2018/2/7 18:13
 Re[2]: こんにちは!
ありがとうございます。茂倉岳からはまた雪が多いんですね。とても、参考になりました!いつか行ってみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鎖場 雪庇 モルゲンロート 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ