また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374948 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八幡平・岩手山・秋田駒

箱ヶ森 −つなぎ温泉口から激ラッセル−

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回は繋神社の駐車場に車を置かせてもらいました。管理されている方がいたので一言声をかけました。消火栓をふさがないように停めてくださいとのこと。その他、登山口への林道付近に路駐なども可能かもしれませんが、付近住民の通行の妨げにならないように注意しましょう。
公共交通機関はつなぎ温泉までバス路線が通じています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
27分
合計
5時間58分
Sスタート地点 つなぎ神社10:1311:23箱ヶ森繋登山口11:2714:06箱ヶ森14:2915:30箱ヶ森繋登山口16:11ゴール地点 つなぎ神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありませんが作業道が分岐しているので道標・ピンクテープを見逃さないように注意が必要です。
その他周辺情報下山後はつなぎ温泉郷で日帰り入浴ができる施設が複数あります。自家用車の場合、少し移動すれば小岩井農場がありますのでソフトクリームを食べるのも良し。盛岡冷麺の美味しい「髭」という店も近くにあります。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口へと続く林道入り口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へと続く林道入り口です。
最終民家を過ぎると、いきなり雪が深くなりました。トレースの一本でも着いているかと思っていましたが誰の足跡も無し。この時点で「軽く雪の里山歩き」の目論見が崩れた気がします。
2018年02月04日 10:20撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終民家を過ぎると、いきなり雪が深くなりました。トレースの一本でも着いているかと思っていましたが誰の足跡も無し。この時点で「軽く雪の里山歩き」の目論見が崩れた気がします。
2
しばらくは単調な林道が続きます。
2018年02月04日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは単調な林道が続きます。
それでも天気が良いので気分よく歩けます。キラキラと木の枝から落ちる雪の結晶に見とれたり、野鳥の鳴き声に癒されたり。たまに雪爆弾を食らったり(笑
2018年02月04日 10:57撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも天気が良いので気分よく歩けます。キラキラと木の枝から落ちる雪の結晶に見とれたり、野鳥の鳴き声に癒されたり。たまに雪爆弾を食らったり(笑
1
さらに雪深くなってきました。
未だ林道上にいるはずなのですが、ところどころに深い溝があり踏み抜くとかなり深いです。洗掘が走っているのでしょうか?
2018年02月04日 11:26撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに雪深くなってきました。
未だ林道上にいるはずなのですが、ところどころに深い溝があり踏み抜くとかなり深いです。洗掘が走っているのでしょうか?
ようやく林道終点まで来ました。ここが登山口なわけですが…林道、長かった〜。
2018年02月04日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道終点まで来ました。ここが登山口なわけですが…林道、長かった〜。
1
登山道に入っても、しばらくは緩い傾斜で登って行きます。
2018年02月04日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入っても、しばらくは緩い傾斜で登って行きます。
1
やがて少しずつ傾斜が増して登山道らしくなってきます。
2018年02月04日 11:50撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて少しずつ傾斜が増して登山道らしくなってきます。
出発から2時間、ようやく箱ヶ森の足元に到着しました。山頂まで直線距離では500mを切ったと思うのですが、直登ではあまりに急斜面なため南側へ大きく迂回しながら登って行きます。
2018年02月04日 12:33撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から2時間、ようやく箱ヶ森の足元に到着しました。山頂まで直線距離では500mを切ったと思うのですが、直登ではあまりに急斜面なため南側へ大きく迂回しながら登って行きます。
この辺りから木々がやや疎らになり登山道がはっきりしなくなります。ピンクテープを見落とさないように注意して進みます。雪も深くなり一歩一歩が大変になってきました。
2018年02月04日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから木々がやや疎らになり登山道がはっきりしなくなります。ピンクテープを見落とさないように注意して進みます。雪も深くなり一歩一歩が大変になってきました。
2
山頂直下の急登が大変でした。角度が急なだけに時折腰上のラッセルも強いられ遅々として進みません。滑るのではなく登るとなるとサラサラのパウダースノーは最悪ですね(笑
2018年02月04日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急登が大変でした。角度が急なだけに時折腰上のラッセルも強いられ遅々として進みません。滑るのではなく登るとなるとサラサラのパウダースノーは最悪ですね(笑
1
300mくらいの距離に1時間30分近くかかってようやく山頂へ。つ、疲れた…。里山散歩の気分ででかけてきたため、この時点で手持ちの食料はほぼ底を尽きました。いかんな、これは…。
2018年02月04日 14:10撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300mくらいの距離に1時間30分近くかかってようやく山頂へ。つ、疲れた…。里山散歩の気分ででかけてきたため、この時点で手持ちの食料はほぼ底を尽きました。いかんな、これは…。
1
山頂! まさかこんなに苦戦することになるとは思いませんでした。
2018年02月04日 14:20撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂! まさかこんなに苦戦することになるとは思いませんでした。
1
山頂からは盛岡市内が一望できます。とはいえ、木が邪魔をしてほぼ真東しか見えませんけどね。見えているのは…北飯岡とか仙北とかそのへん。
2018年02月04日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは盛岡市内が一望できます。とはいえ、木が邪魔をしてほぼ真東しか見えませんけどね。見えているのは…北飯岡とか仙北とかそのへん。
3
時間も押していますので早々に下山を開始します。つなぎ方面下山路と書かれた道標を確認して下りにとりかかります。雪面はどこでも歩ける反面、間違った方角に進んだら大変です。
2018年02月04日 14:32撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間も押していますので早々に下山を開始します。つなぎ方面下山路と書かれた道標を確認して下りにとりかかります。雪面はどこでも歩ける反面、間違った方角に進んだら大変です。
下りはちょっとだけショートカットして急斜面を一気に下ります。これは…ツリーランしたら楽しい…か?
2018年02月04日 14:42撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはちょっとだけショートカットして急斜面を一気に下ります。これは…ツリーランしたら楽しい…か?
1
いやいや、スノーシューでもコレだからスキーでは…。
登りは有利なライトウェイトですが、下りではまったく踵が利かなかったそうで転げまわって雪まみれになってました(笑
2018年02月04日 14:46撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやいや、スノーシューでもコレだからスキーでは…。
登りは有利なライトウェイトですが、下りではまったく踵が利かなかったそうで転げまわって雪まみれになってました(笑
2
急斜面を500mほど下ると、あとは延々林道歩き。
つなぎ温泉の街並みが見えてきたときはホッとしました。
2018年02月04日 16:06撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を500mほど下ると、あとは延々林道歩き。
つなぎ温泉の街並みが見えてきたときはホッとしました。
こちらが車を停めさせてもらった神社です。すぐわきに「ひゃっこい水」という看板があって湧水があります。登山の初めと終わりにいかがでしょう?
2018年02月04日 16:11撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが車を停めさせてもらった神社です。すぐわきに「ひゃっこい水」という看板があって湧水があります。登山の初めと終わりにいかがでしょう?
2
ポールが立っている場所が消火栓がある場所です。ここをふさがないように駐車しましょうね。
2018年02月04日 16:12撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポールが立っている場所が消火栓がある場所です。ここをふさがないように駐車しましょうね。
1

感想/記録

盛岡の里山、箱ヶ森に登ってきました。今回登ったつなぎ温泉コースは紫波三山縦走路の一部にもなっていて以前から興味を持っていたのですが、今回冬季にチャレンジしてきました。
時々現れる分岐にはしっかりとした標識や、それが無くてもピンクテープなどが付いており迷うことはないと思います。
林道入り口から登山道入り口までが長く、特に帰りは若干うんざりしながら歩きました。意外と時間がかかるので時間に余裕を持って歩いたほうがよさそうです。
核心部は山頂手前500mくらいからで、ここまでダラダラ登ってきたのがウソのような急登に次ぐ急登となります。雪があってもとても直登はできず大きく迂回しながら登ることになりますが、それでも夏道通りには登れず苦労しました。
結局登りに4時間もかかり「ちょっとそこの里山へ」という感じではなくなってしまい、途中で食料が尽きるなど問題の多い登山となってしまいました。雪が想定以上に深かったのがそもそもの原因ですが、装備などに甘さがあったことは否めません。今後の反省としたいと思います。
訪問者数:259人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/16
投稿数: 3897
2018/2/9 9:07
 箱ヶ森!
気になっている箱ヶ森!
まだここは冬は登ったことがないです。
他の紫波の山に比べ、冬場の入山者少ないですよね。
アクセスが悪いので。
私もつなぎからならもしや、と思ったんですが、手強そうですね。

そういえば、
ヤマケイの新しい分県登山ガイド「岩手の山」で箱ヶ森は選から漏れてますね。
アクセスが悪いからでしょうか。
登録日: 2011/4/11
投稿数: 51
2018/2/9 22:00
 Re: 箱ヶ森!
アクセスが悪いから…なんでしょうねぇ。登山口付近で地元の方とお話したんですが「ホントに上まで行くの?」っていう反応でしたから(笑
林道歩きの単調さをがまんすれば、つなぎから登るのはアリだと思います。あとは最後の急登ですが、もう少し雪が締まってから行けば楽になるんじゃないかな〜と思います。
新しい分県登山ガイド、そういえばチェックしてません。今度見てみます。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ