また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1377680 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

屏風岳北稜:聖山平から屏風岳ダイレクトルート

日程 2018年02月10日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候晴れのち曇り
夜は18時くらいに一時的な晴れ
風なく、暖かい一日でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
エコーライン
10日は雪道
11日は暖かさでシャーベットとウェット路面
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間15分
休憩
1分
合計
8時間16分
S聖山平10:1518:28聖山平18:2918:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
澄川渡渉のスノーブリッジは安定。
屏風の稜線上は雪庇、クラックがあるため注意。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 ブーツ ザック スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 携帯 サングラス ストック カメラ
共同装備 ロープ
備考 寒くなかったので、荷物は最小限まで軽量化
それがなければ更に2時間はかかっていたかも…。

写真

渡渉部へ下ります。
2018年02月10日 10:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉部へ下ります。
スノーブリッジがあり渡渉は楽々。
2018年02月10日 10:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーブリッジがあり渡渉は楽々。
3
トレース上なのに黙々とラッセル
2018年02月10日 11:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース上なのに黙々とラッセル
1
ジグって登っていきます。
2018年02月10日 12:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグって登っていきます。
この角度からの刈田岳ははじめて。
2018年02月10日 12:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度からの刈田岳ははじめて。
1
北稜上の樹氷原
しかし、アオモリトドマツは大半が枯れてきてます。
2018年02月10日 13:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北稜上の樹氷原
しかし、アオモリトドマツは大半が枯れてきてます。
2
フィルターに雪がついてたみたいです…。
稜線上
2018年02月10日 13:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フィルターに雪がついてたみたいです…。
稜線上
1
北稜の小ピーク
2018年02月10日 14:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北稜の小ピーク
2
屏風岳樹氷原
2018年02月10日 14:58撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳樹氷原
1
ここも枯れ木が多い。
昔はそこそこ良い樹氷が出来ていたみたいです。
2018年02月10日 15:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも枯れ木が多い。
昔はそこそこ良い樹氷が出来ていたみたいです。
1

感想/記録
by tel311

会山行にて聖山平から屏風への冬季ダイレクトルートを登板してきました。

以前の会山行同様に私だけスノーシューで他メンバーはスキー。スキーでのラッセルは場所にもよるが概ね20〜30cm、スノーシューで後に続くと膝までのラッセル…。

開始から最後まで少しの滑走を除き約8時間ラッセル続きで歴代最も過酷な山行になりました(^_^;)

澄川の渡渉はスノーブリッジが出来ており問題なし。あとはひたすら北稜を下からジグッて登っていく。

スキートレースを辿ると言えども浮力の違いからラッセル以外にも踏み抜きも多くあり、体力が奪われて大変でした。
ツリーホールだと深いとこで胸下まで落ち、シャクナゲが自生している地帯は落とし穴だらけ。

北稜の小ピークあたりからは、稜線を境に樹林帯と少しの雪道、雪庇にはっきりと分かれる。

途中、トレースに沿って稜線上を登ってると左足で何かを踏み抜いてしまった。

ん?こんなとこ木ないのになんで?

落ちた左足は何も引っ掛かるものがなく宙ぶらりん状態
試しに穴を覗いてみると穴の底は見えない…

あいや…大きいクラックじゃん…

クラック上に雪がかぶってスキーでは問題なかったようだがスノーシューでぶち抜いてしまった様子。

とりあえず片足だけだったので助かりましたが、両足だったら落ちて不味いことになってた(^_^;)

静か〜にストックを横にして樹林帯側につき這い上がることが出来ました…。

その後、タイムアップでピークは踏まずでしたがほぼピークにきたような場所だし目的は達成したので屏風の樹氷原を西に抜けて、澄川源頭を滑走。深雪で中々スピードが出ず苦戦。

途中、3〜4ヶ所穴があるので注意。

金吹沢と出会ってから少しの所で浅い沢を渡渉し聖山スキー場跡のゲレンデを行き小屋に戻って終了。

短時間の滑走以外はスノーシューでのラッセルがひたすら続き帰路はへとへと。

ヘッデンつけながらになりましたが星空が綺麗でした(^^)
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/6
投稿数: 127
2018/2/11 21:15
 ブルブル。
tel311くん。

こんばんは。
コースタイム見て、ん?て、なって記録読んでブルブルしました。無事に帰ってこれて良かったです!スノーシューでもそんなに沈むとは…フカフカの雪だったんですね。眺め最高ですね!
へとへとでも夜空を楽しむ余裕があるんですから大丈夫ですね
登録日: 2014/12/18
投稿数: 107
2018/2/12 0:38
 Re: ブルブル。
おばんでーす!

記録開始が聖山平からなんですが実際は澄川のゲレンデも歩いてるので合計したら10時間近いかもしれません(^_^;)
この時期行くなら断然スキーですね…
最後は気力でどうにかでしたよ〜😂

にしてもクラックを思い出すとヒヤヒヤします・・・(;´Д`)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ