また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379564 全員に公開 山滑走比良山系

西美濃はスタックで敗退・・・寒風から赤坂山へ

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ、小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マキノスキー場の駐車場 1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
8分
合計
4時間50分
Sマキノ高原温泉さらさ09:1109:24寒風・大谷山登山口09:2509:57西山林道出合10:17展望ベンチ11:18寒風11:1912:28粟柄越12:40赤坂山12:4512:50粟柄越13:24武奈の木平13:54赤坂山・三国山登山口13:56マキノ高原温泉さらさ13:5714:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

「登山者様」と最大級の扱いです。マキノスキー場は登山者にも寛容です。
2018年02月12日 09:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「登山者様」と最大級の扱いです。マキノスキー場は登山者にも寛容です。
1
いにしえのゲレンデ調です
2018年02月12日 09:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いにしえのゲレンデ調です
寒風へのルートはツアーの団体さんが
2018年02月12日 09:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風へのルートはツアーの団体さんが
2
滑走には素敵な斜面、今回は周回したので滑れず。
2018年02月12日 10:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走には素敵な斜面、今回は周回したので滑れず。
寒風が望めます
2018年02月12日 11:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風が望めます
1
琵琶湖が光っています
2018年02月12日 11:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が光っています
3
寒風より赤坂山方面
2018年02月12日 11:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風より赤坂山方面
これから滑る尾根筋
2018年02月12日 11:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑る尾根筋
振り返ると先ほどの団体さんが寒風に到着されるところでした
2018年02月12日 11:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると先ほどの団体さんが寒風に到着されるところでした
尾根筋の滑走は楽です
2018年02月12日 11:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋の滑走は楽です
赤坂山方面
2018年02月12日 12:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山方面
2
寒風を振り返ります
2018年02月12日 12:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風を振り返ります
真っ白な斜面
2018年02月12日 12:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な斜面
赤坂山が近づいてきます
2018年02月12日 12:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山が近づいてきます
1
もう少し、でも強風。
2018年02月12日 12:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し、でも強風。
山頂は強風なのでシールだけ剥がして退散します
2018年02月12日 12:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は強風なのでシールだけ剥がして退散します
4
赤坂山からマキノスキー場へのルートの方が薮が濃いですが、それだけテクニカルな練習を味わえます(笑)
2018年02月12日 13:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山からマキノスキー場へのルートの方が薮が濃いですが、それだけテクニカルな練習を味わえます(笑)
1
ずっと薮スキー
2018年02月12日 13:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと薮スキー
1
ゲレンデが見えてくればあとは流すだけ
2018年02月12日 13:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデが見えてくればあとは流すだけ

感想/記録

今日はまた貝月山に行こうとして、国道303を岐阜県側に進みます。昨日から結構雪が降ったようで、滋賀県側は除雪されていて通れましたが、岐阜県側をしばらく走っているとまさにこれから除雪している〜というところに来て、除雪車が避けたので除雪前の国道に入ると埋もれるような雪の量・・・案の定ラッセル車状態となりスタック。微動だにしないのでしばらく除雪車が来るのを待っていると、こちらに来て丁寧に除雪していただけますが、スタック状態は変わらず。見かねたおじさんがスコップ片手に下りて来てくれて車の前後の雪を払ってくれますがなかなか動かず、何度かトライするうちに何とか脱出・・・今回も前進とバックを小刻みに繰り返し作戦でクリアしました。あ〜これだからフツーの車は困ります。除雪隊の方々には大変お世話になりありがとうございました。
さてここでこの界隈で山スキーするのも余りにも自らをわきまえていないので、一旦退散して滋賀県に戻ります。さてどこで・・・ということで手堅くマキノスキー場から赤坂山に行くことにしました。
マキノスキー場に着いたらもう9時前です。そこから準備してスタートしますが、ちょうどスノーシュートレッキングのツアーがスタートしたところのようです。赤坂山よりは少し標高が高めの寒風にすることにします。
ラッキーなことにノートレース。登山道は薮が多めなので急登を顧みずショートカットを連発します。グイグイ食いつく素晴らしいラッセルです。途中で得意のゲタができますが、無視して急登で食いつかせるとゲタがずり落ちてくれてそのまま登るとあっという間に寒風に到着しました。
幸い天気も悪くなく、風もそこそこなので、赤坂山まで周回することにします。スキーで周回するなら寒風から赤坂山の方が滑るところが多いです。逆周りはほぼシール歩行となりますが、寒風からスキー場の方が滑って楽しいでしょう。
赤坂山には結構登られていて、トレースはカチカチのしっかりしたものが完成していました。やっぱり寒風から登ってよかったです。
栗柄峠からの滑走は薮が濃く、とてもテクニカルな山スキーが楽しめ?ます。安全第一に行きますがそれでも薮を縫ってのショートターンというのはスリリングです。
なかなか薮は薄くならず、ゲレンデが見えてからようやく普通の滑走が可能になります。
昨日の天狗山敗退が地獄のような重い雪とゲタと薮だったので、それを思えば今日のはとても快適でした。もちろん相対的に、ということで、一般的にはこのルートを山スキーで行くにはそれなりの覚悟がいると思います。相変わらず道中苦労してスタートが遅いですがそれでも楽しい山行となりました。
訪問者数:540人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/1
投稿数: 761
2018/2/13 15:36
 あっぱれ、これぞ○○タイ!
モモちゃん、
まいどです。あいかわらずスゴイですね。
急登ショートカットラッセルして、ゲタをとるというのは新たな作戦ですね。参考になります(ほんまかいな)。
また、藪のなかのショートターンって・・・さすが、絶句!

これくらいやらないと○○タイと言えないのでしょう。
これらの行為がすべて安全ヤマスキーにつながっていきますね。
まだまだ私には道のりが険しいけど、自分のペースで地道に○○タイ化していきます(笑)。
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1299
2018/2/13 20:52
 Re: あっぱれ、これぞ○○タイ!
チカさんコメントありがとうございます!
シールにゲタが付くと、それだけシール登行可能な斜度が高くなりますので、斜度25度、30度、35度、40度・・・と高くして行きますとそのうちゲタがごそっと外れます(笑)
ヒールアップが全然足りないぞ!という感覚はゲタがあってこそです
モノホンのタイヘン(笑)は、自らシールを水に濡らしてゲタを作って急登をシール登行するのだと思いますよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ