また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381675 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 晴れ 地吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【記録】

いやしの温泉郷 発 3:47-- 林用作業小屋跡 (5:37-5:57) --1791m標高点 8:53 --菅生下山口標識 9:27---三嶺ヒュッテ 9:29 --三嶺 (9:53-10:06) ---西熊山 (11:30-11:47) ---お亀岩 12:10 ---天狗峠綱附森分岐 13:06 ---天狗峠西山林道分岐 13:20---天狗塚山頂 (13:53-14:09)----天狗峠西山林道分岐 14:45--1476m標高点 15:18---西山林道天狗塚登山口 ( 15:45-15:58 )---林道阿佐名頃線--- いやしの温泉郷 着 17:39
コース状況/
危険箇所等
--------------------------------------------

■三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意。


三嶺 徳島県 東祖谷 側からの 登山ルート
として名頃からのコースは夏はポピュラーな一般コースですが

多雪の冬は
樹林限界を越えたところで

 雪の不安定なときは 危険な箇所がでてきて
 適確な雪質判断と 慎重な行動が要求される厳しいコースとなります。

ここは かねてから 積雪期には 雪崩のリスクありと 指摘されています。

■三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意。

http://shumiyama.com/nadare/2013/12/1893-1.html

http://shumiyama.blogspot.jp/2013/12/1893.html

■大雪の冬 三嶺(1893)の名頃コース
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2011/02/1893-1.html


■三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/ccfba53bf2833fc4370da25f8924c670


■大雪の冬 三嶺(1893)の名頃コース
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/e3e6c5d15b44fe7f384790c53be052f3

--------------------------------------------

2018年 安全登山方針

安全登山のために リアルタイムに 現在地を公開します。
アマチュア無線APRSを使って  登山中の現在位置を示します。

■APRS

「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

■登山メモ ヤマメモ

ヤマレコのヤマメモで 登山中の 現在地を公開しています。
http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

■登山届はコンパス
電子登山届「コンパス」を利用して 登山届を提出しています
http://www.mt-compass.com/index.php

■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
http://www.authjapan.com/

--------------------------------------------
その他周辺情報いやしの温泉郷 冬期休業中 3月31日まで 
4月1日 営業再開
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

018年2月17日 APRS(Automatic Packet Reporting System)「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波 http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400 アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。 今回 手袋をはいたまま操作して いらぬところのキー操作をしてしまい 2台のうち一台は順調に作動したものの、もう一台は 初期設定が動いていて、失敗。 寒くても手袋をしたままだと 微妙なキー操作は難しい。 JA5OUV局様、JR5YEM局様はじめ 各 デジピータ、アイゲート各局運営の皆様には 大変 お世話になりました。 深く 感謝です。 APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
018年2月17日 APRS(Automatic Packet Reporting System)「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波 http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400 アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。 今回 手袋をはいたまま操作して いらぬところのキー操作をしてしまい 2台のうち一台は順調に作動したものの、もう一台は 初期設定が動いていて、失敗。 寒くても手袋をしたままだと 微妙なキー操作は難しい。 JA5OUV局様、JR5YEM局様はじめ 各 デジピータ、アイゲート各局運営の皆様には 大変 お世話になりました。 深く 感謝です。 APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
2018年2月17日 APRS(Automatic Packet Reporting System) 「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用 http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400 赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。 今回は 設定がうまくいって、順調。 APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2018年2月17日 APRS(Automatic Packet Reporting System) 「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用 http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400 赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。 今回は 設定がうまくいって、順調。 APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
2018年2月17日 概念図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2018年2月17日 概念図

感想/記録

平成30年2月17日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

【天候】

曇り 晴れ 地吹雪



【山頂】

数日前 の寒波で新たな降雪。西祖谷で30儖幣紊寮兩磴箸。

山域では 積雪は増えたものの、その後の暖かさで 融雪もはやい。

下は 暖かく たとえ雨でも、標高の高いところは 一体、どうなっているか、実際行ってみなければ よくわからない。

今日も長丁場になりそうなので まだ暗いなか いやしの温泉郷 を出発。 

三嶺への道は 下のほうの樹林帯には古いトレースが残っていたが 1600m位から 上はすっかり消えていた。

標高の高いところの積雪量は たしかに しっかり増えていて 菅生下山口標識手前のシカよけフェンスは雪で埋まってしまっていた。

■三嶺「マイナス8.9度 北西 10.9m 曇り 地吹雪。剣山 次郎笈 西熊山見える 真っ白」(累計登頂回数 564回)

風が強く 雪を舞いあげる。

縦走路にはいると 積雪量は増えていたが 笹も埋没し ウィンドクラストの部分が増えていて 踏み抜きが各段に少なく とても快適に歩ける。

2月3日には踏み抜きに難渋し遅々として進まなかった時の縦走路に比べたら 地吹雪で少し悩まされるが 今回は はるかに 楽だ。

天候は ガスもとれ 晴れてきた。眺望を満喫しながら縦走路を辿る。

■西熊山「マイナス6.6度 北 5.5m 晴れ 時折 地吹雪 三嶺 次郎笈 天狗塚 見える 北の矢筈山系も真っ白」(累計登頂回数 459回)

お亀岩 天狗峠間の 雪庇は巨大になっていた。樹林帯を主体にコースを選ぶ。

■天狗塚 「マイナス7.1度 北 9.7m 晴れ ときおり地吹雪。 三嶺 剣山 次郎笈見える」 (累計登頂回数 544回)

縦走路では 地吹雪の吹く方向が 横風で済んだが、天狗峠から 北に向かって降りるのは、ちょうど地吹雪の吹く方向と全く同じ。

地吹雪のたびに まともに前を見れない。

吹き飛ばされないよう 度々 しっかりした耐風姿勢で やり過ごす。

樹林帯に入ると 風も弱まり ほっとする。

しばらくすると この日 つけられた真新しいツボ足トレースがあった。

2月も半ばすぎ 陽射しもきつくなってきた。

帰り道の 林道の陽のあたる場所は 雪が融けて 元の路面がすっかり露出していた。

平成30年2月17日現在
累計山行日数 1786日(内 四国 1397日)

【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157693558250415

【動画】
https://youtu.be/8lLM7eMfSr8




【趣深山ブログ】

http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/fd7abb102250ad514a2d31059089d9f8
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ