また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1382836 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

富士を眺めに三ッ峠へ

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

三ッ峠山荘前からの富士山。定番の風景。
2018年02月17日 09:07撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峠山荘前からの富士山。定番の風景。
2
丹沢、道志方面。中央奥が蛭ヶ岳。その左に大室山。
2018年02月17日 09:08撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢、道志方面。中央奥が蛭ヶ岳。その左に大室山。
御坂山塊の山々。中央の黒岳が大きい。
南アルプス方面は雲の中。
2018年02月17日 09:29撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坂山塊の山々。中央の黒岳が大きい。
南アルプス方面は雲の中。
富士山のアップ。強風による雪煙が高く上がる。
2018年02月17日 09:31撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。強風による雪煙が高く上がる。
2
御巣鷹山の右に奥秩父。雁坂嶺方面。
2018年02月17日 09:33撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御巣鷹山の右に奥秩父。雁坂嶺方面。

感想/記録

先週の連休は仕事が入ったこともあって、自宅にこもっていた。
少しは体を動かさないと今後の登山が厳しくなるので、天気の良さそうな土曜日を狙って出かけることにする。

候補は乾徳山、御坂黒岳、山伏峠から鉄砲木の頭までの稜線、三ッ峠あたり。
乾徳山が良さそうだが、仕事を終えたあと麓まで行くのが遠いので、富士吉田に泊まり三ッ峠に行くことに決める。
前夜はホテルベル鐘山に泊まる。古い作りだが、設備は整っていた。別棟の大きな風呂に一人で入る。

翌朝は6時半に出発。
富士の眺めを楽しむために早出して、天下茶屋前でまず写真を撮る。三脚を立てた先客が2名。
下では濃い霧だったが、ここまであがると雲海となっている。

すぐに三ッ峠登山口奥の駐車場に入る。
路面は凍り付いているが、4駆スタッドレスで問題無し。数台止まっているが、山頂では1人しか見かけなかった。

コースはジープも入る広い道をひたすら登っていくことになる。
凍っている道にチェーンアイゼンがよく効く。ザクザクという音も心地よい。
かなり急な坂もあって、よく車が入れるものと感心する。下りでは落ちていくような感覚だろう。
途中に眺めのある場所はなく、ただ登っていくだけだ。

1時間少しで三ッ峠山荘前へ。テラスからは富士山がよく見えるが、風が強そうだ。
この上は草原になっていて、富士山だけでなく、南アルプスや八ヶ岳が見えるはずなのだが、冬型のため雲に覆われていて、近場の御坂山塊しか見えない。登ろうかと思っていた御坂黒岳が大きい。

視点を変えれば丹沢なのだが、逆光になっている。
山並みが重なっていてわかりにくいが、丹沢主稜の山々や道志の山がよく見えている。
富士山は相変わらず大きいが、先ほどより雪煙があがっている。吹き飛ばされそうだ。

頂上を辞し、御巣鷹山へ。北側の眺めに期待するが、樹林で全く見えなかった。
ここから清八山方面に降りて、大幡八丁峠から清八林道を降りようかとも思ったが、カンジキもないし、林道に人が入ってないとかなりのアルバイトを強いられるので、おとなしく往路を駐車場に戻った。
清八林道を見ると、トレースはあるものの、時間がかかりそうな様子だったので、まあ正解だったのかもしれない。

まだ午前中なので、すいている東名をひた走って帰宅した。
訪問者数:134人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ