また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1387633 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

御池山

日程 2018年02月23日(金) 〜 2018年02月24日(土)
メンバー
天候23日 晴れ
24日 晴れ(霞がひどい)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

夏靴だけれど新調の Kayland Hassia。 履き心地抜群。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏靴だけれど新調の Kayland Hassia。 履き心地抜群。
2
10分少々で スカイラインのゲート。 ここまで車が入っているが 4WDスタッドレスでも少々怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分少々で スカイラインのゲート。 ここまで車が入っているが 4WDスタッドレスでも少々怖い。
雪が思いのほか少なく1時間ぐらい歩いても雪のついてないところも有る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が思いのほか少なく1時間ぐらい歩いても雪のついてないところも有る。
ツボ足のトレースが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足のトレースが続く。
これは人の踏み跡ではなく、 鹿さんの寝床のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは人の踏み跡ではなく、 鹿さんの寝床のようだ。
御池山の少し手前から 南アルプス。一番南(右)のピラミッドが聖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池山の少し手前から 南アルプス。一番南(右)のピラミッドが聖。
2
もうヘロヘロなので 御池山の300mぐらい手前の二コブの鞍部を整地して・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうヘロヘロなので 御池山の300mぐらい手前の二コブの鞍部を整地して・・・
テント設営。 この辺りの積雪は 50-100Cmぐらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営。 この辺りの積雪は 50-100Cmぐらい。
2
ランチをしてお昼寝後、 御池山へお散歩。 真ん中の黒いコンモリが山頂。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチをしてお昼寝後、 御池山へお散歩。 真ん中の黒いコンモリが山頂。 
これがその黒いコンモリの山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがその黒いコンモリの山頂。
1
山頂の前(東側)の笹原の尾根から、 真ん中少し右の三角峰が中盛丸山でその左のダラダラが大沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の前(東側)の笹原の尾根から、 真ん中少し右の三角峰が中盛丸山でその左のダラダラが大沢岳。
2
展望がすっきりしないので 山頂へ上がった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望がすっきりしないので 山頂へ上がった。
下に見えるのが今までいた尾根で バックはイザルガ岳-光-加々森-池口(ピラミッド)-鶏冠-中ノ尾根-黒沢山(一番右の小さな△)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に見えるのが今までいた尾根で バックはイザルガ岳-光-加々森-池口(ピラミッド)-鶏冠-中ノ尾根-黒沢山(一番右の小さな△)
1
テントに戻るとき 振り返ってMy trace
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻るとき 振り返ってMy trace
1
16:05 テントがもう日蔭ってる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:05 テントがもう日蔭ってる
プチ シュカブラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ シュカブラ。
1
夜中、 テント内で-14℃。  シバレマス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中、 テント内で-14℃。  シバレマス。
アサ―。  霞でモヤモヤ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサ―。  霞でモヤモヤ。
1
7:50、 たっぷり寝てゆっくり撤収。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:50、 たっぷり寝てゆっくり撤収。
御池山から約1Km地点でスカイラインへ降りる。(昨日、ここから上がった。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池山から約1Km地点でスカイラインへ降りる。(昨日、ここから上がった。)
ゲート着。 9:53
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート着。 9:53
オマチドオーサン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマチドオーサン。
1

感想/記録

3年前にkokuzooさんレコを頼りに 炭焼山・御池山に出かけたが 御池山に届かなかった。
このところテントを担いでいなかったので リベンジを兼ねて好天の期待できる23-24日で御池山に出かけた。前回と同じ場所に車を止め、 ピッケルを除いて冬山フル装で 久々に肩に食い込む。但し靴は 冬靴は重いので 今回新調した(型落ちの)Kayland Hassia。型落ちでも少々懐に響いたが、 他の物より足にフィットしてとてもよかったので この新調の夏靴でシュッパーツ。 (とても履き心地が良かった。)
駐車地の雪は 前回(2015年1月)と同じ感じだったが、 スカイラインを歩いてゆくと ずいぶんと少ないのがすぐにわかり、 道路上の雪は深いところでも20-30Cmで アスファルトがむき出しのところも所々に・・・。 あまり藪の中を歩きたくなかったので できるだけスカイラインを拾ってほぼ最短距離で歩いた。  驚いたことに、 まず入山者はいないだろうと思ったが 2〜3人のトレースがあり すべてツボ足で歩いた跡だった。(おそらく昨日のトレースだろうと思ったが、 24日の帰りに、 23日の当日のトレースであることが分かった。) 御池山の約1Kmほど手前でスカイラインの擁壁をよじ登って尾根に上がったが、 ツボ足では さすがに無理と諦めたか、 その少し先でトレースが消えた。 ツボ足では膝ラッセルで無理なようだった。 当然私はワカンを付けて歩いたが 最近の体力低下が激しい所為か すぐにヘロヘロになり、御池山の手前 300mぐらいで心がポッキリと折れ、 少し眺めの良いところにザックを下ろし、 空荷で100mほどラッセル。 何とか御池山の山頂付近でテントを張りたかったが、 諦めてザックを下ろしたところへ戻り 整地して テントを張った。 
ノンビリ歩いて しかもバテバテだったので テントを張り終わったら12:00だった。テントに潜り込みお昼をして 少々お昼寝タイム。
再度 コーヒーを楽しんで 15:00 御池山まで散歩。 山頂は岩場になっているが その東側に延びる笹原の尾根に上がった。 悪沢からズーット南の方の池口岳や鶏冠山まで見えるが悪沢や聖は樹間に見えるだけで すっきり見えない。  御池山の岩場の南側を巻いて山頂にあがってみた。 聖などはすっきり見えたが 残念ながら悪沢はギリギリ見えない。 でも風もほとんどなく天気も上々で素晴らしい展望が楽しめた。
夜はテント内で-14℃まで冷え込み少々寒かった。  翌朝は激しく靄が掛かり晴れてはいたが展望はほとんど楽しめなかった。
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/11/24
投稿数: 1073
2018/2/25 13:25
 雪中テン泊
いいなぁ...雪中テン泊。
こんにちは、ijikemusiさん!

私も今冬期一回でいいから雪中テン泊をしたいと思いザックに冬用テントとシュラフをパッキングしてタイミングを見ているのですが、週末毎の天気がイマイチでなかなか踏み込めません。

シンシンと雪の降る中でゆっくりと寝てみたい
登録日: 2011/7/22
投稿数: 216
2018/2/25 17:12
 Re: 雪中テン泊
Hottenさん、 こんばんは。
御池山、ヘロヘロでしたが いい天気で 気持ちよかったです。 昼寝しすぎて 夜、 なかなか寝られませんでした。
一杯担いで テントの中で酔っ払ってください。しかし 最近 キューリが出てきませんね。 冬はお休みかな?  野菜も最近高いですもんね。    天気のいい日を狙っていくと、 雪がシンシンと降る中で寝られませんヨ。  

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ