また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388546 全員に公開 ハイキング近畿

思わぬ難攻? 京丹波・美女山と中央分水嶺尾根

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
園部駅からバス新須知
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
1時間11分
合計
5時間37分
Sスタート地点08:2009:37美女山10:0310:28紅白鉄塔10:43志和賀峠10:57ヘナミ11:20熊崎峠12:26鉄塔下12:5813:13琴滝13:2613:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒尾橋から登りましたがこのルートは余りお勧めできないかなあ。
もう少し先の大円寺からの登りの方が良かったかも。。

尾根筋は巡視路ですがやや荒れ気味。
特に熊崎峠以降はかなり荒れてます。
テープを見落とさないのが大事。

低山ですがアップダウンがかなりあります。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

園部からバスで京丹波町、丹波マーケスへ。
2018年02月25日 08:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
園部からバスで京丹波町、丹波マーケスへ。
1
すぐ背後がこれから向かう美女山。
2018年02月25日 08:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ背後がこれから向かう美女山。
1
橋を渡ると黒尾橋登山口。
2018年02月25日 08:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ると黒尾橋登山口。
1
植林の急斜面をテープ頼りに。
2018年02月25日 08:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の急斜面をテープ頼りに。
植林を抜けて雑木林。振り返って展望。
2018年02月25日 08:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林を抜けて雑木林。振り返って展望。
どうやらテープを見落としたようで、薄い踏み跡っぽいのを辿りますがなにせ相変わらずの急登。この日一番きつかったw
2018年02月25日 08:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらテープを見落としたようで、薄い踏み跡っぽいのを辿りますがなにせ相変わらずの急登。この日一番きつかったw
なんとか再び赤テープ発見。
2018年02月25日 09:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか再び赤テープ発見。
漸く道らしき道を歩ける安堵感。
2018年02月25日 09:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く道らしき道を歩ける安堵感。
尾根に乗りました。1時間近くかかるとは。
2018年02月25日 09:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。1時間近くかかるとは。
気持ちの良い尾根歩き。
2018年02月25日 09:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根歩き。
市森方面への分岐。
2018年02月25日 09:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市森方面への分岐。
美女山山頂です。結構広い。
2018年02月25日 09:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女山山頂です。結構広い。
1
四八二米
2018年02月25日 09:40撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四八二米
1
二等三角点「美女山」とケルン。
2018年02月25日 09:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点「美女山」とケルン。
1
展望は北、北西、南と所々。奥は丹波の名峰長老ヶ岳。
2018年02月25日 09:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は北、北西、南と所々。奥は丹波の名峰長老ヶ岳。
1
北へ延びる須知川はやがて由良川へと。
2018年02月25日 09:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北へ延びる須知川はやがて由良川へと。
須知の町。
2018年02月25日 09:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須知の町。
先程の丹波マーケス。
2018年02月25日 09:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の丹波マーケス。
西に、櫃ヶ岳・雨石山・三嶽など多紀アルプスが連なる。
2018年02月25日 09:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に、櫃ヶ岳・雨石山・三嶽など多紀アルプスが連なる。
南に半国山。
2018年02月25日 09:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に半国山。
頂上から更に東へ尾根伝いに。
2018年02月25日 10:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から更に東へ尾根伝いに。
登り返してピークにケルン。ここから市町境界沿いのルート。
2018年02月25日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返してピークにケルン。ここから市町境界沿いのルート。
お世話になります関電巡視路さん。
2018年02月25日 10:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になります関電巡視路さん。
紅白鉄塔下通過。
2018年02月25日 10:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅白鉄塔下通過。
この市町境界は中央分水嶺になってます。ときめくw
2018年02月25日 10:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この市町境界は中央分水嶺になってます。ときめくw
多少荒れてますが、基本分かり易いこの辺は。
2018年02月25日 10:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少荒れてますが、基本分かり易いこの辺は。
志和賀峠。
2018年02月25日 10:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志和賀峠。
再び登り返して右が境界ルートですが、一旦ヘナミへ向かいます。
2018年02月25日 10:53撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び登り返して右が境界ルートですが、一旦ヘナミへ向かいます。
倒木少々。
2018年02月25日 10:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木少々。
ヘナミ着。
2018年02月25日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘナミ着。
四等三角点「ヘナミ」
2018年02月25日 10:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点「ヘナミ」
1
再び分岐に戻ってきました。トラロープの左から真っすぐを行ってこいしてきました。
2018年02月25日 11:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び分岐に戻ってきました。トラロープの左から真っすぐを行ってこいしてきました。
ここから熊崎峠までの急下り。テープを忠実に辿らないと結構危険かも。
2018年02月25日 11:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから熊崎峠までの急下り。テープを忠実に辿らないと結構危険かも。
振り返ってこんな感じの斜度。
2018年02月25日 11:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってこんな感じの斜度。
熊崎峠。
2018年02月25日 11:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊崎峠。
1
そして再び植林を急登。
2018年02月25日 11:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして再び植林を急登。
ようやくピークへ着いて一息。しかしここからもアップダウンは続く…
2018年02月25日 11:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくピークへ着いて一息。しかしここからもアップダウンは続く…
386pt付近。
2018年02月25日 11:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
386pt付近。
もはや障害物競走…
2018年02月25日 11:56撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや障害物競走…
ここで市町境界ルートとサラバです。右へ。
2018年02月25日 12:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで市町境界ルートとサラバです。右へ。
振り返るとこの日初めて見えた愛宕山。
2018年02月25日 12:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこの日初めて見えた愛宕山。
鉄塔への下り、先程通ってきた美女山。
2018年02月25日 12:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔への下り、先程通ってきた美女山。
頂上アップ
2018年02月25日 12:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上アップ
鉄塔の後ろのピークが須知城跡だと思います。尾根伝いにいけるようですが、ちょっと時間も押し気味なので大滝池の方に下ります。
2018年02月25日 12:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の後ろのピークが須知城跡だと思います。尾根伝いにいけるようですが、ちょっと時間も押し気味なので大滝池の方に下ります。
とりあえず鉄塔下で一服。
2018年02月25日 12:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず鉄塔下で一服。
ここが大滝池への分岐。直進は諦めて左へ。
2018年02月25日 13:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大滝池への分岐。直進は諦めて左へ。
間もなく池沿いの林道へ下り立ちました。
2018年02月25日 13:07撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく池沿いの林道へ下り立ちました。
大滝池。なかなか広い。
2018年02月25日 13:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝池。なかなか広い。
そのまま林道を行き、もう一つ池をこえて琴滝の上部へ。ここから琴滝に下りるのが滑り易くて気を使いました。
2018年02月25日 13:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま林道を行き、もう一つ池をこえて琴滝の上部へ。ここから琴滝に下りるのが滑り易くて気を使いました。
これは見事な琴滝。
2018年02月25日 13:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは見事な琴滝。
1
確かに琴糸のようでもあり。
2018年02月25日 13:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに琴糸のようでもあり。
少し離れたところに「御珍木」
2018年02月25日 13:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れたところに「御珍木」
ライトアップなどやっている日もあるらしいです。しかし誰もいないし会わない…
2018年02月25日 13:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライトアップなどやっている日もあるらしいです。しかし誰もいないし会わない…
右手の尾根上に須知城跡があるらしいです。石垣の遺構が良く残っているらしく見たい気は山々ですが、またいずれ。
2018年02月25日 13:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の尾根上に須知城跡があるらしいです。石垣の遺構が良く残っているらしく見たい気は山々ですが、またいずれ。
玉雲寺は須知城を落とした光秀が落城後再興したとか。
2018年02月25日 13:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉雲寺は須知城を落とした光秀が落城後再興したとか。
1
車道から南西から見える美女山もたおやかなり。
2018年02月25日 13:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から南西から見える美女山もたおやかなり。
丹波マーケスまで戻ってきました。バスが行ったところなので、のんびりカレーを頂戴して帰路へ。
2018年02月25日 14:43撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波マーケスまで戻ってきました。バスが行ったところなので、のんびりカレーを頂戴して帰路へ。
1

感想/記録




その名を知ったら登りたくなるのが人情ってやつで。

「名の由来には諸説あるが、美女が横たわっている姿に似ているという説、美女の眉に似ているという説、眉の上に見上げる山ということから眉上山が美女山に変化したという説が地元に伝わる。」

その名の通り、下界からみる美女山はそのたおやかさに納得。
しかしいざアタックしてみると、いやなかなか険しい道のり。
美女はそう簡単には懐を開いてくれないものらしいですw
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ