また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392597 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

オレンジ色の花粉の森の冒険―南高尾山稜・草戸山〜泰光寺山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
相原駅西口バス停(神奈川中央交通)09:00
円林寺前バス停09:07 ¥186
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
1時間45分
合計
6時間50分
Sスタート地点09:1009:20小松トレイル入口09:3010:55草戸山12:0012:10三沢峠12:2012:40泰光寺山13:0016:00高尾山口駅16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

JR横浜線・相原駅前からバスに乗る
2018年03月03日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR横浜線・相原駅前からバスに乗る
大賀ハスで有名な円林寺前で降りる
2018年03月03日 09:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大賀ハスで有名な円林寺前で降りる
境川を渡り武蔵国から相模国へ
2018年03月03日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境川を渡り武蔵国から相模国へ
尾根道に入るところ。この辺りはカタクリでも有名
2018年03月03日 09:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に入るところ。この辺りはカタクリでも有名
小松トレイル入口
2018年03月03日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松トレイル入口
小松城跡の祠にはネコ
2018年03月03日 09:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松城跡の祠にはネコ
1
小田原攻めの際に、北条側の津久井城、小松城、片倉城の武士が評議をしたという「評議原」。もっと温かい時期ならこの場所でのんびりしたい感じだ
2018年03月03日 10:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田原攻めの際に、北条側の津久井城、小松城、片倉城の武士が評議をしたという「評議原」。もっと温かい時期ならこの場所でのんびりしたい感じだ
城山湖。まだ冬枯れの季節
2018年03月03日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山湖。まだ冬枯れの季節
スギ花粉でオレンジ色になった山
2018年03月03日 10:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギ花粉でオレンジ色になった山
1
草戸山に到着
2018年03月03日 10:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸山に到着
1
八王子市街地が間近に
2018年03月03日 10:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子市街地が間近に
城山湖の向こうの関東平野は春霞?花粉霞?
2018年03月03日 11:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山湖の向こうの関東平野は春霞?花粉霞?
泰光寺山への最後の登り
2018年03月03日 12:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泰光寺山への最後の登り
南高尾山稜のひとつのピークである泰光寺山
2018年03月03日 12:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南高尾山稜のひとつのピークである泰光寺山
いよいよ「登山地図に載っていない」尾根道を行く
2018年03月03日 13:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ「登山地図に載っていない」尾根道を行く
オレンジ色に染まった山
2018年03月03日 13:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジ色に染まった山
この斜面を下った後の地形図に載っていたルートは一部崩落して消えていた
2018年03月03日 14:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面を下った後の地形図に載っていたルートは一部崩落して消えていた
結局沢沿いに降りていくことするが、ちょっと楽しい
2018年03月03日 14:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局沢沿いに降りていくことするが、ちょっと楽しい
かなりの急傾斜だ
2018年03月03日 14:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急傾斜だ
地形図を見ながら下りていくのでどこにいるのかはわかるので安心
2018年03月03日 14:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図を見ながら下りていくのでどこにいるのかはわかるので安心
下りきった達成感がある
2018年03月03日 15:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった達成感がある
この神社のところに出た
2018年03月03日 15:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この神社のところに出た
ペリカンのいる家
2018年03月03日 15:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペリカンのいる家
アオサギかな?
2018年03月03日 15:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオサギかな?
撮影機材:

感想/記録

3月1日の朝日本海を低気圧が通過し南風が吹き、いよいよスギ花粉の飛散が本格的に始まった。
通常このスギ花粉の飛散の時期は山には行かないのだが、去年はスギ花粉の飛散量が少なかったので何度か山に行ってみてそこそこ歩けたので、今年も少しは山に行ってみようと今日は南高尾山稜での参加しているサークルの地図読みの企画に参加。

相原駅からバスに乗り、町田街道の円林寺前で降りる。
昔この辺りの大賀ハスで有名な寺院に来たことがあるなと思い後から調べてみたらこのお寺だった。
近いからハスの花の時期にまた来てみるのもいいなと思った。
そしてそこから境川を渡り神奈川県に入り県道48号線へ抜け「小松トレイル入口」へ。
そこから小松城跡のある尾根道をたどり、城山湖へと至る。
今回は地図読みがメインの企画なので、久しぶりに地形図とコンパスを使って歩いたが、地形図で地形を読み取りながら歩く楽しさを思い出した。
この小松城跡あたりはカタクリでも有名なのだが、やはりスギ花粉の時期と重なるので見に来たことがない。

今日も暖かくなるとの予報だったので花粉症の症状がひどいかなと思っていたのだが、城山湖に到着するくらいまでは思ったよりも大丈夫だった。
街中で花粉を浴びるより症状は軽いのかなと思っていたのだが、町田市最高峰の草戸山でお昼を食べていたら気温が上がってきたのか、やはりかなり症状が出てきた。
そして南高尾山稜のひとつのピークである泰光寺山へ至り、そこから今回のメインイベントである「登山地図に載っていない」尾根道で国道20号まで下りていく。
ただこの道は「登山地図には載っていない」が「地形図には載っている」ので、昔は登山道として使われていたのかもしれない。
が、その尾根に入っていくところには「行き止まり」の表示が。
つまり昔は登山道だったが、今は廃れてしまったので間違って入らないようにとのことなのだろう。

地形図を見ながら歩いたことのない人たちを先頭に地形や方位を読み取りながらゆっくり歩いて行くのだが、目の前の高さにオレンジ色に花粉を付けたスギの梢があるので早く通り過ぎてしまいたい。
スギ花粉の時期は特にスギ花粉のメッカである奥多摩・高尾の山は歩かないようにしていたので、間近に見るとこんなにもオレンジ色なのかというほどオレンジ色の山になっている。

尾根道を進むと作業道になっているのか思ったより藪にもなっておらず歩きやすい。
が、最後尾根からそれて下りていくところで道がなくなっている。
地形図に載っている道はおそらく土砂崩れで崩落してしまったようだ。
なんとか下りきれそうな沢沿いに向かって下りて行ったが、藪やイバラはあるし斜面は緩くて崩落しやすいし、なかなかのアドベンチャーなルートだったが、なんだかこういう斜面で遊んでいた子供時代を思い出して楽しかった。
地形図を見ながら下りて行ったので今どこにいるのかも分かるので安心だ。
ところどころにピンクリボンがあったのだが、結局を沢を下りきってみると、どうやら沢を高捲きするように作業道は付け替えされているようだった。
オレンジ色に色付くスギ花粉の森をなんとか歩き切ることができたが、全身粉まみれになった。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コンパス カタクリ 崩落 スギ クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ