また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393155 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

鳴神山〜吾妻山(駒形登山口)

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:桐生駅(北口) → 吹上バス停
※バス:おりひめバス 運賃200円(均一運賃)
http://www.city.kiryu.lg.jp/kurashi/kotsu/bus/
帰り:西桐生駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
55分
合計
4時間53分
S吹上バス停09:3409:48駒形登山口09:4910:37肩の広場10:3810:39鳴神山11:1111:13肩の広場11:44四等三角点 / 市畑11:57三峰山12:11金沢峠12:1212:23大形山12:2412:41岡平12:50萱野山13:07村松峠13:0813:21女山13:29吾妻山13:4313:59トンビ岩14:10吾妻公園14:1414:27西桐生駅14:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<駒形〜鳴神山>
鳴神山頂上直前までほぼ谷歩きで、上部は残雪が凍結した部分あり。

<鳴神山〜吾妻山>
残雪はなくなっているが、土が湿って滑りやすいところも。
全体的に歩きやすい尾根道。

<吾妻山から吾妻公園>
男坂は露岩が多く、女坂はなだらか。
初めて歩くのが下山だと、どちらを歩いているのかよくわからない・・・
登りだと道標に記載がある。

※参考(桐生市HP:鳴神山〜吾妻山縦走コース)
http://www.city.kiryu.lg.jp/kankou/hana/hike/1002124.html
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

桐生駅北口のバス停付近
2018年03月03日 08:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桐生駅北口のバス停付近
終点の吹上。運賃200円は安くて助かります。
2018年03月03日 09:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終点の吹上。運賃200円は安くて助かります。
道なりに歩いて約15分で駒形登山口
2018年03月03日 09:49撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりに歩いて約15分で駒形登山口
ここから本格的な登りに入ります。その前に鳴神山の植物について説明を読んで・・・花はもう少し先ですね。
2018年03月03日 09:55撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的な登りに入ります。その前に鳴神山の植物について説明を読んで・・・花はもう少し先ですね。
山頂手前まで薄暗い谷歩き
2018年03月03日 10:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前まで薄暗い谷歩き
岩がゴロゴロしてますが道は明瞭
2018年03月03日 10:08撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロしてますが道は明瞭
第二石門を過ぎたところから部分的に凍結が目立ち始めました。
2018年03月03日 10:23撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二石門を過ぎたところから部分的に凍結が目立ち始めました。
前方視界が明るくなってきたら山頂下の広場は近いです。
2018年03月03日 10:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方視界が明るくなってきたら山頂下の広場は近いです。
吾妻山への縦走路でもあるので山頂を楽しんだら戻ってきます。
2018年03月03日 10:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻山への縦走路でもあるので山頂を楽しんだら戻ってきます。
信仰の山であったことを窺わせますね。
2018年03月03日 10:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信仰の山であったことを窺わせますね。
広場から数分の登りで分岐。鳴神山は双耳峰。まずは右の桐生岳へ。
2018年03月03日 10:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場から数分の登りで分岐。鳴神山は双耳峰。まずは右の桐生岳へ。
近くにあった簡易マップ。両ピークは数分の近さ。
2018年03月03日 10:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くにあった簡易マップ。両ピークは数分の近さ。
袈裟丸山、皇海山と白根山、男体山などの日光連山方面
2018年03月03日 10:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袈裟丸山、皇海山と白根山、男体山などの日光連山方面
2
これから歩く吾妻山方面の山と遠くに富士山
2018年03月03日 10:51撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く吾妻山方面の山と遠くに富士山
1
しかし、富士山より浅間山の存在感が際立ちます。
2018年03月03日 10:54撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、富士山より浅間山の存在感が際立ちます。
1
360度の大絶景山頂に大満足
2018年03月03日 10:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の大絶景山頂に大満足
2
分岐に戻り、仁田山岳を少し通り過ぎて展望地へ。
2018年03月03日 11:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻り、仁田山岳を少し通り過ぎて展望地へ。
1
赤城山を見るならこちらの好展望台ですね。浅間山とのツーショット。
2018年03月03日 11:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山を見るならこちらの好展望台ですね。浅間山とのツーショット。
1
もう一つの山頂の仁田山岳
2018年03月03日 11:09撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの山頂の仁田山岳
1
山頂下広場。なんだかもう満足感でお腹いっぱいですが、気を取り直してスタート。
2018年03月03日 11:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下広場。なんだかもう満足感でお腹いっぱいですが、気を取り直してスタート。
尾根道は明瞭で歩きやすい印象。展望はありませんが明るくて日差しが気持ちいいです。
2018年03月03日 11:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道は明瞭で歩きやすい印象。展望はありませんが明るくて日差しが気持ちいいです。
いくつものピークを越えていきます。
2018年03月03日 11:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつものピークを越えていきます。
金沢峠から大形山への登りは、地味にきつく標高差約100m。
2018年03月03日 12:23撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金沢峠から大形山への登りは、地味にきつく標高差約100m。
眺めの良い植林地で休憩されている方もいました。
2018年03月03日 12:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めの良い植林地で休憩されている方もいました。
村松峠。だんだん人が増えてきました。
2018年03月03日 13:08撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村松峠。だんだん人が増えてきました。
1
吾妻山に近づいてくると階段が多くなってきました。脇に踏み跡が出来てます。
2018年03月03日 13:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻山に近づいてくると階段が多くなってきました。脇に踏み跡が出来てます。
最後のピークに向けてもうひと踏ん張り
2018年03月03日 13:25撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピークに向けてもうひと踏ん張り
吾妻山。周りは人が多く賑やかな山頂。次々に人がやってきます。
2018年03月03日 13:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻山。周りは人が多く賑やかな山頂。次々に人がやってきます。
2
鳴神山より500m低く、下界が近い景色ですね。
2018年03月03日 13:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山より500m低く、下界が近い景色ですね。
2
山頂から青葉台方面に少し歩くと吾妻公園の分岐があります。左折して吾妻公園へ。
2018年03月03日 13:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から青葉台方面に少し歩くと吾妻公園の分岐があります。左折して吾妻公園へ。
男坂から下りてきました。
2018年03月03日 14:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂から下りてきました。
帰りは西桐生駅。赤城駅から東武特急利用で帰りました。
2018年03月03日 14:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは西桐生駅。赤城駅から東武特急利用で帰りました。
2

感想/記録

眺望抜群の鳴神山、桐生市民に親しまれている吾妻山を繋いで歩いてきました。終点吹上バス停まで乗車したのは自分だけ。ここから駒形登山口まで車道を歩いていくと路肩に数台の車が止まっていました。先に登られている人がいると安心感が出てきます。

登山道は谷のため山頂下広場まで眺望とは無縁です。そのため山頂に出たときの360度絶景は素晴らしく思わず声が出かかりました。先客さんが結構いる狭い山頂なので自重しましたが、一人だったら間違いなく声を出していたかと。

吾妻山への縦走路は一部に展望がありましたが、基本は樹林帯歩きです。しかし、尾根の明るい道を歩くので快適に歩くことができました。アップダウンもそれなりにあるので歩きごたえは十分あります。

吾妻山へ近づくにつれ人も増え、山頂では手ぶらや軽装の人も多く見られました。地元の人が多く登られている山なんですね。ただ岩場が多い道もあるので決して甘くみない方が良い山でもあります・・・。
訪問者数:394人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

双耳峰 特急 道標 下界 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ