また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393336 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

関東ふれあいの道 茨城1 青少年旅行村のあるみち(御前山)

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
往路:水戸駅より茨城交通バス 御前山車庫BS(720円)
復路:御前山BSから茨城交通バスで水戸駅へ(670円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
8分
合計
4時間3分
S御前山車庫バス停09:5510:47下飯野バス停12:28富士山12:3613:47御前山13:58御前山バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前半は舗装路歩き、後半は山道ですが、危険箇所はありません。
その他周辺情報御前山BS近くに道の駅あり。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

本コース起点「下飯野」はバスが無いので「御前山車庫BS」から国道を西に歩く。(一つ手前の「柏崎BS」で降りれば1卍短縮できた)
2018年03月03日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コース起点「下飯野」はバスが無いので「御前山車庫BS」から国道を西に歩く。(一つ手前の「柏崎BS」で降りれば1卍短縮できた)
1
「山車展示館」と、標識があったので、行ってみた。
2018年03月03日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山車展示館」と、標識があったので、行ってみた。
1
「山車展示館」は背の高い倉庫の建物で、シャッターが閉まっていたが、傍らに案内があった。
2018年03月03日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山車展示館」は背の高い倉庫の建物で、シャッターが閉まっていたが、傍らに案内があった。
1
山車展示館は「鹿島神社」の境内にある。
2018年03月03日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山車展示館は「鹿島神社」の境内にある。
1
「新那珂川橋」が見えてきた。橋の向うが「飯野」。
2018年03月03日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「新那珂川橋」が見えてきた。橋の向うが「飯野」。
1
新那珂川橋を渡ると、関東ふれあいの道栃木県コースとの分岐点があった。
2018年03月03日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新那珂川橋を渡ると、関東ふれあいの道栃木県コースとの分岐点があった。
1
(旧)下飯野バス停付近には、関東ふれあいの道(栃木)「アユおどる清流のみち」の解説標識と、
2018年03月03日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(旧)下飯野バス停付近には、関東ふれあいの道(栃木)「アユおどる清流のみち」の解説標識と、
1
道の反対側には関東ふれあいの道(茨城)青少年旅行村のあるみち」の解説標識。これから、向うに見える片倉山の北側をあるく。
2018年03月03日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の反対側には関東ふれあいの道(茨城)青少年旅行村のあるみち」の解説標識。これから、向うに見える片倉山の北側をあるく。
栃木県(茂木町)から茨城県(常陸大宮市)に入る。
2018年03月03日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃木県(茂木町)から茨城県(常陸大宮市)に入る。
左に那賀川を見ながら歩く。
2018年03月03日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に那賀川を見ながら歩く。
集落に入ると道祖神があった。
2018年03月03日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落に入ると道祖神があった。
御前山ダム。帰りのバスの時間があるので、ダムサイトまでは断念。
2018年03月03日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山ダム。帰りのバスの時間があるので、ダムサイトまでは断念。
ダムからの放水路がある相川橋。
2018年03月03日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムからの放水路がある相川橋。
1
御前山橋。
2018年03月03日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山橋。
舗装路を少し登って、青少年旅行村に到着。
2018年03月03日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を少し登って、青少年旅行村に到着。
青少年旅行村のBBQ広場。このほか、コテージもあった。
2018年03月03日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青少年旅行村のBBQ広場。このほか、コテージもあった。
展望台までは、長い階段を登る。
2018年03月03日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台までは、長い階段を登る。
青少年旅行村展望台に到着。ここは「富士山(183m)」というらしい。関ふれチェックポイント。
2018年03月03日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青少年旅行村展望台に到着。ここは「富士山(183m)」というらしい。関ふれチェックポイント。
1
展望台からの眺め。肉眼では遠くに男体山や那須連山がうっすらの見えたが、カメラではうまく写らない。
2018年03月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。肉眼では遠くに男体山や那須連山がうっすらの見えたが、カメラではうまく写らない。
1
展望台からの眺め。御前山橋と日野自動車のテストコース。
2018年03月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。御前山橋と日野自動車のテストコース。
展望台からの眺め。常陸大宮市役所方面。奥は八溝山系か?
2018年03月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。常陸大宮市役所方面。奥は八溝山系か?
展望台からの眺め。那珂川。
2018年03月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。那珂川。
展望台から少し降りてまた登る。
2018年03月03日 12:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から少し降りてまた登る。
展望台から最初のピーク。ここが本日の最高地点かな?
2018年03月03日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から最初のピーク。ここが本日の最高地点かな?
1
3つめのピークにある「第一あずまや」。
2018年03月03日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つめのピークにある「第一あずまや」。
1
「第二あずまや」では北側が少し眺望できた。
2018年03月03日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「第二あずまや」では北側が少し眺望できた。
御前山県立自然公園の解説標識。ここが御前山のピーク?
2018年03月03日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山県立自然公園の解説標識。ここが御前山のピーク?
杉の大木。自然林なので他にも大木が多くある。
2018年03月03日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の大木。自然林なので他にも大木が多くある。
立派なコブ。
2018年03月03日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なコブ。
1
鐘つき堂跡への分岐。バスの時間が気になり、鐘つき堂跡は以前行ったことがあるので、ここはスルーした。
2018年03月03日 13:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘つき堂跡への分岐。バスの時間が気になり、鐘つき堂跡は以前行ったことがあるので、ここはスルーした。
御前山の解説標識。
2018年03月03日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山の解説標識。
御前山のコンクリート製あずまや。ここからゴールまでは下ること10分程度だ。
2018年03月03日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山のコンクリート製あずまや。ここからゴールまでは下ること10分程度だ。
御前山の東登山口まで降りてきた。関ふれの解説板がある。
2018年03月03日 13:57撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山の東登山口まで降りてきた。関ふれの解説板がある。
急いで降りたけど、バスの時間を20分勘違いしていた。バスまで40分あるので、「道の駅かつら」で休憩および時間調整をした。
2018年03月03日 14:01撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いで降りたけど、バスの時間を20分勘違いしていた。バスまで40分あるので、「道の駅かつら」で休憩および時間調整をした。
1
「道の駅かつら」の裏手は那珂川の河川敷でくつろげる。
2018年03月03日 14:16撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「道の駅かつら」の裏手は那珂川の河川敷でくつろげる。
1
那珂川に来たら、アユの塩焼きを食べなきゃね。
2018年03月03日 14:24撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那珂川に来たら、アユの塩焼きを食べなきゃね。
1

感想/記録
by itacho

本コースの起終点「(旧)下飯野バス停」は、バスが無いので、御前山車庫バス停から歩くこととした。しかし、バスは長倉の集落をぐるっと回るので、一つ手前の「柏崎バス停」で下車した方が1卍度短縮できた。御前山はピークが幾つかあり、総じて展望が利かないので、どこが山頂かよくわからない。すれ違った親子連れの奥さんから「どこが山頂なんですか」と聞かれ、うまく説明できなかった。おそらく、立派な山頂標識があって、展望が利く山頂をイメージして来たのだろう。「ここから1時間程度歩くと展望台がありますよ」と、御前山青少年旅行村の展望台(富士山)を案内したが、子供連れで片道1時間は辛かったかなと、後になって心配になった。帰りは御前山バス停からバスで水戸駅に戻る予定であったため、バスの時間を気にしながらの歩行(途中からはほぼ駆け足)となったが、良くも悪くも、バスの発車時間を20分早く勘違いしていたため、結果的には下山してから40分の余裕時間が取れた。なので「道の駅かつら」に行き、お土産に「アユの甘露煮」を購入。外の売店ではジェラートに惹かれつつもやっぱり「アユの塩焼き」を購入。アブラがのっていておいしかった。
訪問者数:246人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道祖神 クリ 関東ふれあいの道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ