また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1397203 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

一本松山〜金剛山2山〜高倉山〜金剛山〈ふじのやまいき〉

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
JR中央線 藤野駅発着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
10分
合計
3時間51分
S藤野駅08:3509:07一本松山(蚕影山)09:58金剛山(鶴島金剛山)10:0010:07金剛山(名倉金剛山)10:0810:24天神峠10:2910:30高倉見晴し10:3110:38高倉山10:47見晴台11:36金剛山11:3712:26藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨後で滑る。特に下りは危なっかしい。
その他周辺情報利用無し
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック レインウェア ヘッドランプ 懐中電灯 ファーストエイドキット シップ 解熱鎮痛剤 芍薬甘草湯 下痢止め 小はさみ コンパス 熊よけ鈴 予備靴紐 スマホ予備バッテリー 山と高原地図 手拭い 手袋 帽子 登山靴 カメラ 時計 食料 飲料 予備食 ガイド地図

写真

藤野駅スタート
2018年03月10日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野駅スタート
ラブレターより食い気
2018年03月10日 08:34撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラブレターより食い気
トビが鳴く
2018年03月10日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トビが鳴く
カナダガンのオブジェだったかなんだかよく覚えてない
2018年03月10日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カナダガンのオブジェだったかなんだかよく覚えてない
ところどころこのてくてくまっぷがあり現在地確認に一役買う
2018年03月10日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころこのてくてくまっぷがあり現在地確認に一役買う
今回もまたニワトリ。
今回は飼われているやつら。
2018年03月10日 08:49撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もまたニワトリ。
今回は飼われているやつら。
3
ここから入山
2018年03月10日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入山
守られてる社
2018年03月10日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守られてる社
ヒガラ、かな?
と妻に見せたらサンショウクイだそうで、また初見の鳥撮影できました、やった!
2018年03月10日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒガラ、かな?
と妻に見せたらサンショウクイだそうで、また初見の鳥撮影できました、やった!
2
なんかむなしい一本松山
2018年03月10日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかむなしい一本松山
山の目が樹間から見える
2018年03月10日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の目が樹間から見える
万引き防止ポスターによさそう
2018年03月10日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万引き防止ポスターによさそう
切れ味はどうなんだろうと思う
2018年03月10日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れ味はどうなんだろうと思う
1
私の奇行は監視されている
2018年03月10日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の奇行は監視されている
1
監視の目に感心してしまう
2018年03月10日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
監視の目に感心してしまう
芸術 理解したい気持ちはあるが・・・
2018年03月10日 09:22撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術 理解したい気持ちはあるが・・・
立派な枝垂桜
2018年03月10日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な枝垂桜
芸術越しの風景
2018年03月10日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術越しの風景
1
そこそこきつい登り
2018年03月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこきつい登り
コゲラはまたも背中向き
2018年03月10日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゲラはまたも背中向き
ここを道標が指し示さない正面へ進んでいく
2018年03月10日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを道標が指し示さない正面へ進んでいく
才能の行き詰まりを連想した
2018年03月10日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
才能の行き詰まりを連想した
山の稜線に沿って付けられてるガードレールってなかなか見ない
2018年03月10日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の稜線に沿って付けられてるガードレールってなかなか見ない
見晴台というけどたいして見えない
2018年03月10日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台というけどたいして見えない
見晴台からの風景
2018年03月10日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台からの風景
ここも何を見晴らすのか
2018年03月10日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも何を見晴らすのか
遂に目の上
2018年03月10日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に目の上
この瞬間に見た人には私がさぞ目の上のたん瘤に見えたことだろうて
2018年03月10日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この瞬間に見た人には私がさぞ目の上のたん瘤に見えたことだろうて
1
高倉さん、シャイで武骨な感じっすね
2018年03月10日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高倉さん、シャイで武骨な感じっすね
こないだ真鶴で買った昆布の佃煮おにぎり
自作なんで見た目はアレだが味はたしか
2018年03月10日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こないだ真鶴で買った昆布の佃煮おにぎり
自作なんで見た目はアレだが味はたしか
4
立入禁止ゾーンを歩いていきます。
擬木階段がしばらく続きます
2018年03月10日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立入禁止ゾーンを歩いていきます。
擬木階段がしばらく続きます
1
この辺りのトラバース道が少しだけいやらしいけど道として問題はない
2018年03月10日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りのトラバース道が少しだけいやらしいけど道として問題はない
この先は確かに荒れ模様
2018年03月10日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は確かに荒れ模様
柴田方面にはいかずこの橋を渡り対岸へ
2018年03月10日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴田方面にはいかずこの橋を渡り対岸へ
ここの渡渉が滑ってやや難儀
2018年03月10日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの渡渉が滑ってやや難儀
無事、通行止めの向こうから出てきました。
2018年03月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、通行止めの向こうから出てきました。
車道を少し歩いてここから金剛山を目指す
2018年03月10日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を少し歩いてここから金剛山を目指す
途中から電柱が出てくると山頂が近い
2018年03月10日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から電柱が出てくると山頂が近い
叔母からもらった大量の梅干しが半年以上かけてもなかなか減らず自作おにぎりに2粒投入してきた。
もう一度言うが見た目はアレだが味は〇
2018年03月10日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
叔母からもらった大量の梅干しが半年以上かけてもなかなか減らず自作おにぎりに2粒投入してきた。
もう一度言うが見た目はアレだが味は〇
1
山頂からの眺め
眠たくっても嫌われても年をとってもやめられないよ山は。
2018年03月10日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め
眠たくっても嫌われても年をとってもやめられないよ山は。
で、下山したら晴々。
2018年03月10日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、下山したら晴々。
撮影機材:

感想/記録

芸術の道。秋に似合いそうなそのネーミングに、季節にとらわれず花粉シーズン真っ只中の早春に訪れた。

まだ社会人になって駆け出しの頃、中央道から幾度となく緑のラブレターや山の目を見たものだったが今回はそれを見所としながら歩くハイキングコースだ。

藤野駅を降りると目の前に緑のラブレターが愛の告白をしてくれる。私はそれを目を白黒させながら赤面するも、頭のなかは桃色だ。と、気持ちの悪い妄想に青ざめながらグレーの空をうらめしく思いながら進む。

少し歩くと早速現れた野鳥にカメラを向ける。しかし今日はアイが足りないのかウエを向いてもオっカけ空しくすーっと姿を消されてしまう。声はキクけど撮ること叶わず。むぅ〜とうなっていたらケっコ〜と今回もまた鶏と遭遇しなんとか心が和む。

一本松山の山頂を踏み雲におおわれた周りの山を見て先に進む。

この辺りから山の目に見つめられながら愛というよりeyeを感じながら歩く。その間にある芸術という名の理解不明なオブジェと説明書きを見ながら愛というより分かったふりした「あ〜、はいはい」と合いの手を入れる私。それを見透かしたかのようにトビがピョロロ〜と一鳴き合いの手を入れて飛んでいった。

金剛山に向けて急登を登り左だけを指す道標にそっぼをむいて右の踏みあとを辿っていく。その先にあるもうひとつの金剛山を踏みに行くためだ。

程なくして金剛山に着く。天気もアレだし展望もアレッ?だしなのですぐに正規コースまで戻った。

その後の高倉山はシャイな健さんと同じく登山道から外れた道標もない踏みあとの上に不器用な方向で山頂表記を携えていた。

さて、さらに進んだ見晴台から先でこのコースの立ち入り禁止区間に入る。なんでも数年前の雨の影響で安全が保障されない道のようなのだ。
しかし自己責任という名のエゴのもと、計画通りに進んでみる。途中まではサシたる危険もなく、スーっと歩いていける。世相を考えればだからってOKってことは無いのだが、そこはタチの悪い私。ツテもないままどんどん進む。ト、向かってくるハイカーさん。この先の道も慎重に歩けば問題ないとのことだった。
橋を渡り対岸の道路まで登りあげる急登を愛というより気合で登りきると無事、通行止め看板の裏に出た。

道路を少し進んで今日3つ目の金剛山に挑む。同ルートに3つも金剛山があると混同する。
最初っから滑る急登をまさに金剛石、ダイアさながらの光る汗を顔いっぱいにちりばめて、リタイア寸前の心を胸いっぱいに抱いていた。
見上げるスカイスクレイパーのような金剛山を息を切らせ休み休み登りようやく山頂に着く。展望こそさほどなかったがブラウン管じゃ分からない景色が見れたのは確かであろう。

車道を駅に向かってひた歩いてるうちにようやく晴天が広がった。よくあることさ、と藤野の山行きを振り返りながら駅から振り返れば緑のラブレターが輝いていた。

あの時感じた、予感は本物?と山からの愛を勝手に感じまた山に行きたくなってしまうビョーキ。不治の病記はまだまだ続くのである。


訪問者数:226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 渡渉 トビ 山行 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ