また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1406041 全員に公開 ハイキング中国

熊山 弓削〜南山崖〜金山〜南山崖遺跡〜弓削 (岡山県)

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
弓削登山口に車を停めてスタート。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
22分
合計
5時間43分
S弓削登山口12:2115:07金山集落15:2017:16南山崖遺跡17:2518:04弓削登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ 弓削〜熊山登山道
踏みしめる人が多いからか、どなたかが掃いてくれたのか、登山道の上に敷かれていた落ち葉が減っていて一層歩きやすくなっていた。

■ 南山崖〜金山
かつては道があったらしい、マーキングしながら歩いた人もいるようだ。尾根道なので山慣れた人なら容易にルートファインディングできるだろうが、明瞭な部分はほとんどないと思っていたほうがよい。そんなにきついヤブではない。

■ 金山〜(大谷川沿)〜南山崖
金山から大谷川沿いのルートはトレランルートになったこともあるようだが、急登もあって決して歩きやすい道ではない。
本来のルートは途中で右方向に分岐して夫婦岩へ出るのだが、この分岐が分りにくい。
今回は沢沿いに登って「源泉」に出る予定だった、これなら沢左岸をひたすら登ればよい。しかしスケベ心が出てしまって、左からの支流に浮気をしてショートカットを試みた。しかしこれは大失敗、大ヤブとの格闘になった。岩登りとヤブの好きな方にしかお勧めできません。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメット 簡易チェストハーネス 5mm細引きロープ 10m スリング カラビナ2個

写真

弓削登山口に行く途中、金山集落から見上げる岩群。左(西)から竜神山、次はスキップして、中央辺りから右(東)に4ヵ所の岩群がある。小さく見える三つ目の大岩あたりからこの集落に降りてくる予定。
2018年03月18日 12:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓削登山口に行く途中、金山集落から見上げる岩群。左(西)から竜神山、次はスキップして、中央辺りから右(東)に4ヵ所の岩群がある。小さく見える三つ目の大岩あたりからこの集落に降りてくる予定。
弓削登山口よりスタート。
2018年03月18日 12:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓削登山口よりスタート。
三合目は休憩ポイント。
2018年03月18日 12:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目は休憩ポイント。
おおよそ4ヶ所ある岩場へのアプローチのうち、まずは西から2番目を進む。
2018年03月18日 13:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおよそ4ヶ所ある岩場へのアプローチのうち、まずは西から2番目を進む。
準備をします。
2018年03月18日 13:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備をします。
2
こちらが先端の岩。どうやら「ラクダ岩」という呼称もあるらしい。確かにそれっぽい。
2018年03月18日 13:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが先端の岩。どうやら「ラクダ岩」という呼称もあるらしい。確かにそれっぽい。
1
突先に行くには一旦1.5m程度の段差を降りないといけない。
2018年03月18日 13:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突先に行くには一旦1.5m程度の段差を降りないといけない。
1
ここからは東に立っている大岩と、その奥に岩群が見える。どこを降りるか、観察してじっくりと作戦を練る。
2018年03月18日 13:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは東に立っている大岩と、その奥に岩群が見える。どこを降りるか、観察してじっくりと作戦を練る。
一旦戻ってきた。このポイントから左斜め下に降りて行けば、いきなり大岩にアプローチできます。ヤブと急斜面ですが。
2018年03月18日 13:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦戻ってきた。このポイントから左斜め下に降りて行けば、いきなり大岩にアプローチできます。ヤブと急斜面ですが。
先の大岩を目指して降りる、多少ヤブっぽいですが。ここのアプローチは少々分りにくい。時々見かけるブルーリボンがあります。
2018年03月18日 13:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の大岩を目指して降りる、多少ヤブっぽいですが。ここのアプローチは少々分りにくい。時々見かけるブルーリボンがあります。
弓削尾根がなかなかいい感じに見えてきました。
2018年03月18日 13:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓削尾根がなかなかいい感じに見えてきました。
1
あの白い棒のあたりからでも降りる事もできそう。気が向いたら行ってみよう。
2018年03月18日 13:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの白い棒のあたりからでも降りる事もできそう。気が向いたら行ってみよう。
でっかい岩の横を通ります、
2018年03月18日 13:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい岩の横を通ります、
これがさっき見えていた大岩、かなりでかくて特徴的です。写真を撮るために岩の右側へ。このまま降りるのはできれば避けたい。
2018年03月18日 14:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがさっき見えていた大岩、かなりでかくて特徴的です。写真を撮るために岩の右側へ。このまま降りるのはできれば避けたい。
1
反対側に回ってみたら比較的簡単に降りられそうだった。下に回ると、真上に落ちてきそうな大岩が見える。
2018年03月18日 14:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側に回ってみたら比較的簡単に降りられそうだった。下に回ると、真上に落ちてきそうな大岩が見える。
またありましたね、ブルーリボン。ややこしいところで、時々お見かけいたします。
2018年03月18日 14:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またありましたね、ブルーリボン。ややこしいところで、時々お見かけいたします。
だいぶ降りてきました。尾根に乗りましたので、このまま尾根ルートで下りることにします。
2018年03月18日 14:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ降りてきました。尾根に乗りましたので、このまま尾根ルートで下りることにします。
新鮮な角度です。
2018年03月18日 14:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新鮮な角度です。
大岩がかなり遠くなりました。
2018年03月18日 14:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩がかなり遠くなりました。
竜神山と岩群、なかなかいい感じの絵。
2018年03月18日 14:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神山と岩群、なかなかいい感じの絵。
集落が見えてきた、でもまだ小さい。
2018年03月18日 14:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落が見えてきた、でもまだ小さい。
明らかな道。急斜面には九十九折れの踏み跡がありましたが、これが一番明瞭な部分。
2018年03月18日 14:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明らかな道。急斜面には九十九折れの踏み跡がありましたが、これが一番明瞭な部分。
竜神山、カッコいいじゃないか。
2018年03月18日 14:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神山、カッコいいじゃないか。
1
なぜかここだけ岩肌がむき出しになっている。よく見ると手前のほうに水溜りがある。
2018年03月18日 14:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかここだけ岩肌がむき出しになっている。よく見ると手前のほうに水溜りがある。
こんな感じ、なんだか壷のような甌穴のような感じ。
2018年03月18日 14:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ、なんだか壷のような甌穴のような感じ。
ほぼ一番下まで降りてきた、久々に出会いましたブルーリボン。
2018年03月18日 15:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ一番下まで降りてきた、久々に出会いましたブルーリボン。
集落のすぐ山側にあった祠、鳥居はないようだが神社かな。
2018年03月18日 15:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落のすぐ山側にあった祠、鳥居はないようだが神社かな。
金山集落まで降りてきました。大谷川に沿って先ほどのところに戻ります。
2018年03月18日 15:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山集落まで降りてきました。大谷川に沿って先ほどのところに戻ります。
一番右の岩群のすぐ左の小さな岩からアプローチして、手前に見える尾根のヤブを降りてきた。ヤブのレベルは低いほう。
2018年03月18日 15:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番右の岩群のすぐ左の小さな岩からアプローチして、手前に見える尾根のヤブを降りてきた。ヤブのレベルは低いほう。
大谷川ルートは右へ。
2018年03月18日 15:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷川ルートは右へ。
少し登った先にある特徴的な岩と淵。
2018年03月18日 15:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登った先にある特徴的な岩と淵。
ちょっとした滝が何本かあります。一本だけ落差のある段滝があるのですが近寄りにくい。トラロープのあるあたり。
2018年03月18日 15:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした滝が何本かあります。一本だけ落差のある段滝があるのですが近寄りにくい。トラロープのあるあたり。
そのトラロープ、急斜面です。この左のあたりにちょっとした滝があります。仮称:夕映えの滝。
2018年03月18日 15:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのトラロープ、急斜面です。この左のあたりにちょっとした滝があります。仮称:夕映えの滝。
赤青黄、この信号のようなマークが分岐の合図。素直に登るなら右へ分岐して夫婦岩へ。大谷川にへばりついて「源泉」を目指すならそのまま左岸を登る。
2018年03月18日 15:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤青黄、この信号のようなマークが分岐の合図。素直に登るなら右へ分岐して夫婦岩へ。大谷川にへばりついて「源泉」を目指すならそのまま左岸を登る。
今まで何度も通ったところなのに、初めて発見した分岐の道標。
2018年03月18日 15:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで何度も通ったところなのに、初めて発見した分岐の道標。
左からの支流、何をトチ狂ったかこれを登ろうかとちょっと様子を見に右岸に渡る。
2018年03月18日 16:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左からの支流、何をトチ狂ったかこれを登ろうかとちょっと様子を見に右岸に渡る。
1
登れそうなのでついつい登ってしまい、戻るのがいやになり、そのまま詰めることにした。
2018年03月18日 16:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登れそうなのでついつい登ってしまい、戻るのがいやになり、そのまま詰めることにした。
右岸はムリ、左岸か沢の中かどちらか、季節柄左岸を行くとデカイ岩が立ちはだかる。
2018年03月18日 16:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸はムリ、左岸か沢の中かどちらか、季節柄左岸を行くとデカイ岩が立ちはだかる。
何とかクリアするとでっかいチョックストーン、これを見れただけでもなんとなく嬉しい。
2018年03月18日 16:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とかクリアするとでっかいチョックストーン、これを見れただけでもなんとなく嬉しい。
これは左岸の絶壁(振り返ってみたところ)、もう前しか逃げ場がない。
2018年03月18日 16:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは左岸の絶壁(振り返ってみたところ)、もう前しか逃げ場がない。
チョックストーンを上から見て悦に入る。
2018年03月18日 16:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーンを上から見て悦に入る。
本四連係送電線 No209〜210 の巡視路に出た。沢を詰めるのを諦めて巡視路を目指すことにしたら、かなり厳しいヤブ(トゲあり)との格闘を20分、苦しかった。
2018年03月18日 16:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本四連係送電線 No209〜210 の巡視路に出た。沢を詰めるのを諦めて巡視路を目指すことにしたら、かなり厳しいヤブ(トゲあり)との格闘を20分、苦しかった。
やっと No210 への管理道に出た。遠かった、素直に源泉を目指しておけばよかった。
2018年03月18日 17:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと No210 への管理道に出た。遠かった、素直に源泉を目指しておけばよかった。
南山崖遺跡へ向かう。
2018年03月18日 17:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南山崖遺跡へ向かう。
立ち寄る事に特に意味はない、赤線がないから歩いておきたいだけ。
2018年03月18日 17:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち寄る事に特に意味はない、赤線がないから歩いておきたいだけ。
南山崖遺跡って言うのはこんな感じの砂利置き場みたいな感じ。
2018年03月18日 17:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南山崖遺跡って言うのはこんな感じの砂利置き場みたいな感じ。
南山崖遺跡の下の八畳岩で、一休み。予定としてはこの岩の左から別ルートで金山に降りようと思っていたが、暗くなりそうなので自重した。
2018年03月18日 17:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南山崖遺跡の下の八畳岩で、一休み。予定としてはこの岩の左から別ルートで金山に降りようと思っていたが、暗くなりそうなので自重した。
眺望ポイント。
2018年03月18日 17:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望ポイント。
八畳岩から40分で降りてきた。
2018年03月18日 18:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八畳岩から40分で降りてきた。

感想/記録

いつも車道から見上げる弓削尾根の南面にある岩場から、真下の集落に降りることができないだろうかと思っていた。下からは双眼鏡で、上の岩場にも一通り行ってみて、降りられそうな尾根があるので、それにアプローチしてみた。
明瞭な道はないが、先人が歩いている形跡は十分にあったので、バリエーションルートとして認識してもいいだろう。

一旦登ってもう一度別ルートで降りてこようと思っていた。
以前、金山集落の方から聞いた話では、大谷川沿いのルートは現在では左岸だが、昔は右岸を登っていたということだ。右岸は絶壁なのだが、その古い道を探してみたいとも思っていた。南山崖遺跡の左から少々ヤブの道を確認しており、地形図には途中まで破線がある。それをたどって降りてこようと考えていたが、それはまた次の機会にトライしてみることにしよう。
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ