また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1406686 全員に公開 沢登り金剛山・岩湧山

早春の沢登り〜金剛山・丸滝谷

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
1時間10分
合計
5時間47分
Sスタート地点09:1809:27さわんど茶屋09:55石ブテ東谷出合11:48六道の辻11:58大日岳12:09山頂広場13:1113:43セト14:53さわんど茶屋15:0115:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
丸滝谷は先日の豪雨でかなりワイルドに変貌しています。
下山の青崩道はgpsロガーの調子が悪くかなりずれています。

写真

9:27 青崩を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:27 青崩を出発。
1
右手にダムを見ながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にダムを見ながら。
1
少し前に石ブテ47番から降りた中洲が
水没しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し前に石ブテ47番から降りた中洲が
水没しています。
1
大きなガマガエル。
つついても動きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなガマガエル。
つついても動きません。
3
谷に朝日が差し込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に朝日が差し込む。
1
東谷との分岐を見落としたよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷との分岐を見落としたよう。
2
おそらくここはもう丸滝谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらくここはもう丸滝谷。
1
見覚えのない滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのない滝。
2
かなりワイルドに変貌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりワイルドに変貌。
1
次から次へと滝が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次から次へと滝が現れます。
3
美しい渓谷です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい渓谷です。
3
10:42 おっ、下の丸滝。
(ここでようやく丸滝谷を歩んでいたことが
わかりました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42 おっ、下の丸滝。
(ここでようやく丸滝谷を歩んでいたことが
わかりました)
3
10:50 上の丸滝に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:50 上の丸滝に到着。
1
暑い・・・
ジャンパーを脱ぎ しばしクールダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い・・・
ジャンパーを脱ぎ しばしクールダウン。
1
11:04 丸滝の登攀開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:04 丸滝の登攀開始。
3
今日も滝を直登ルートで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も滝を直登ルートで。
4
なんと!
滝の中腹やや上あたりで犬を連れて
降りてこられる方と遭遇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと!
滝の中腹やや上あたりで犬を連れて
降りてこられる方と遭遇。
4
ロープを使い、犬と一緒に下りて行かれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを使い、犬と一緒に下りて行かれます。
5
無事川床に到着されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事川床に到着されました。
1
所々崩れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々崩れています。
1
11:38 中尾の背に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:38 中尾の背に合流。
2
11:45 沢装備解除、山頂をめざします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:45 沢装備解除、山頂をめざします。
1
石ブテ尾根道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根道に合流。
1
山頂少し手前で「akipapaさんですか」とお声かけをいただく。
いつもレコを見て下さっているとのこと。
ありがとうございます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂少し手前で「akipapaさんですか」とお声かけをいただく。
いつもレコを見て下さっているとのこと。
ありがとうございます!
2
12:07 山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:07 山頂に到着。
4
国見広場下でSONONAOさん御一行に遭遇。
一緒に昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見広場下でSONONAOさん御一行に遭遇。
一緒に昼食。
2
SONONAOさんからお菓子の差し入れ。
ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SONONAOさんからお菓子の差し入れ。
ありがとうございました。
1
楽しい昼食のひと時を過ごす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい昼食のひと時を過ごす。
4
青崩道で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩道で下山します。
1
14:55 青崩に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:55 青崩に到着。
1

感想/記録

かなり気温が上がりそうな日曜日。ならばと沢へ。
今年初めての沢登り、本格的な沢装備なしでも登れる
丸滝谷へ。
青崩を出発、林道をたどりいよいよ入渓。水はそんなには
冷たくない。順調に歩を進めるが、なぜか東谷との分岐点が
見当たらない。もうとっくについているはずの時間が過ぎている。
ひょっとして東谷に侵入してしまったのかなと不安になる。
やがて見覚えのない滝に遭遇。谷は右にも分岐しているが
右側は水量が少なすぎ。それでそのままその滝を越えて直進。
次から次へとワイルドな滝が現れる。渓谷美を堪能しながら
どんどん登る。やがて左手に見覚えのある滝、下の丸滝。
ルートは誤っていなかった。
上の丸滝に到着後いったんジャンパーを脱ぎクールダウン。
全身汗だく。
小休止の後、いよいよ丸滝の登攀開始。
驚いたことに滝の中腹少し上で犬と遭遇。
黒い中型犬。丸滝を犬連れで下山とはすごい!
もうnarajijiさん2世。
滝を登り切り蟻地獄地帯を突破、ようやく中尾の背に合流できた。
山頂少し手前では「akipapaさんですか?いつもレコ見てます」
と嬉しいお声かけをいただく。
捺印を終え、国見広場下のベンチに行ってみるとSONONAOさんariさん
ご一行と遭遇。タカハタ谷を清掃登山して来られたそう。ご苦労さまです!
しばし楽しいひと時を過ごす。
下山は青崩道で。気温が上がると杉花粉が・・・
あきはゆっくりゆっくりと歩く、私はぐしゃんぐしゃん。
ながい長い青崩道だった。
訪問者数:265人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/6
投稿数: 213
2018/3/19 22:16
 丸滝、厳しそうに見えますが・・・
こんにちは。
モミジ谷、丸滝あたりは気になっていながらも我が家には厳しいかな?と躊躇。
モミジ谷は行けるかも。。。だけど丸滝は怖そう・・・・
なのにいつもakiさんはすいすい登られていますね。
靴は沢靴?ではないですよね???
またお会いした時にコース状況などなど教えてくださいね
登録日: 2017/3/30
投稿数: 1
2018/3/19 22:20
 お疲れ様です
12時ごろまで山頂広場にいたのですがお会い出来なくて残念😅
登録日: 2012/4/21
投稿数: 2190
2018/3/19 22:33
 Re: 丸滝、厳しそうに見えますが・・・
コメントありがとうございました!
丸滝谷は、あきが10歳の時に初めて登りました。
以前はそれほどでもなかったのですが、台風や大雨で
かなり荒れ、補助ロープも一部なくなったり。
かなりワイルドな谷になりました。
3点支持、ロッククライミングの練習にちょうどいいルートです。
靴は長靴です。沢靴は前から欲しいと思いつつまだ買っていません。
ここよりもきつい沢ルート(石ブテ東谷、石ブテ西谷、高天谷など)は、
沢靴がおすすめです。
私は昔よく親に連れられて山仕事に行きましたが靴はいつも長靴。
そんなわけで険しい道は長靴。
滝を巻く時などは長靴が扱いやすいので沢登りはいつも長靴で行ってますが、
沢靴を買って豪快にジャブジャブと登るのも面白そう。
今年こそは買いたいなと思っています。
もみじ谷は楽勝です。丸滝谷とはずいぶんとグレードが違います。
石ブテ尾根を登られる方なら問題ないと思います。
登録日: 2012/4/21
投稿数: 2190
2018/3/19 22:38
 Re: お疲れ様です
えっ、12頃までおられた・・・
それは残念、またお逢いできる日を
楽しみみしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ケルン 林道 直登 登攀 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ