また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1407291 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢湖と富士山のコラボ絶景ポイントが分かりました。(伊勢沢ノ頭)

日程 2018年03月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行きの最寄り駅は渋沢駅、帰りは新松田駅に出ました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
2時間16分
合計
9時間55分
Sスタート地点09:2112:28伊勢沢ノ頭14:3817:07中沢橋分岐17:23H22・H23成長の森案内図17:2917:59寄大橋(水源林管理棟前ゲート)18:40宇津茂公衆トイレ18:47寄自然休養村管理センター19:16みやま運動広場駐車場19:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
以前から山北町のホームページトップ画面にも掲載されていた丹沢湖と富士山のコラボ絶景ポイントに辿り着きたいと思い、今回は2回目の伊勢沢ノ頭でした。
林道からの取りつき箇所から頂上(伊勢沢ノ頭)までとても険しい道のりです。一部の登山マップにしか載ってない熟達者コースです。
私は15歳から顎関節症の不定愁訴を患い、20歳でロックコンサートへ行って音響外傷後遺症の生涯治らない耳鳴りを患い、その後、投薬治療で薬害に遭い、ストレスで顎関節症を悪化させ、強迫も酷くなりました。自閉スペクトラム症も確定しました。

4年位前から強迫性障害の治療を兼ねて登山をしてます。
今回は、伊勢沢ノ頭からそのまま来た作業路を戻るべきだったと反省しました。
前回は朝7時に寄大橋からスタートして伊勢沢ノ頭〜寄大橋までで17時までかかり、下山時に中ノ沢にはまって林道の中澤橋に出るのに崖を登るはめになって死に損ないました。今回は、檜岳付近からの作業路を下る途中で日没でうす暗くなる中、コースから外れ気味になってしまって怖い思いをしました。今後は、無理をしないよう、十分気を付けたいと思います。(小学生の反省文みたいになってしまいました。今度からもっと楽しい文にします。)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

寄大橋から下流方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄大橋から下流方向
作業路への取りつき部分。ここを登る時からリュックサックの重みで林道に転がり落ちそうになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業路への取りつき部分。ここを登る時からリュックサックの重みで林道に転がり落ちそうになった。
やっとこさで取りつき部分上に登って振り返ると、林道が凄く下に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさで取りつき部分上に登って振り返ると、林道が凄く下に見える
ちょっと歩いただけで林道があんなに下に。
柵が何もないから滑ったら林道まで滑落して大怪我か死んでしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと歩いただけで林道があんなに下に。
柵が何もないから滑ったら林道まで滑落して大怪我か死んでしまう。
狭い尾根を行く。
片側は中ノ沢、もう片側も切り立った崖。この写真を撮る時も転がり落ちないよう、重心を保つのに必死だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い尾根を行く。
片側は中ノ沢、もう片側も切り立った崖。この写真を撮る時も転がり落ちないよう、重心を保つのに必死だった。
中ノ沢の向こうに見える山(檜岳?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢の向こうに見える山(檜岳?)
9時過ぎに取りつき部分から登り始めて約3時間で伊勢沢ノ頭に登頂出来た。
ここに着く直前、登山になれた老人と出会った。その方は、寄大橋から雨山〜檜岳〜伊勢沢ノ頭を巡って下山するところだった。大橋から5時間あまりで伊勢沢ノ頭付近まで来たらしいので凄い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時過ぎに取りつき部分から登り始めて約3時間で伊勢沢ノ頭に登頂出来た。
ここに着く直前、登山になれた老人と出会った。その方は、寄大橋から雨山〜檜岳〜伊勢沢ノ頭を巡って下山するところだった。大橋から5時間あまりで伊勢沢ノ頭付近まで来たらしいので凄い。
朝は渋沢駅からも富士山がはっきり見えていたけど、富士山は雲の中だった。今度は朝早く来よう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は渋沢駅からも富士山がはっきり見えていたけど、富士山は雲の中だった。今度は朝早く来よう。
14時くらいまで富士山の景色を見ながら弁当を食べた後、そのまま下山するか迷ったが、勇気を出して檜岳付近まで峠を歩いた。
峠からは東京側(相模湾の海?)と山々が連なる北側が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時くらいまで富士山の景色を見ながら弁当を食べた後、そのまま下山するか迷ったが、勇気を出して檜岳付近まで峠を歩いた。
峠からは東京側(相模湾の海?)と山々が連なる北側が見えた。
山と山の間の谷にある集落が寄バス停付近。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と山の間の谷にある集落が寄バス停付近。
日暮れ間際の18時頃に寄大橋まで戻れた。
帰宅途中、ホッとして中学時代に思い出のある町田のマックで食事をして帰宅。帰宅後も軽く口に入れ、就寝した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日暮れ間際の18時頃に寄大橋まで戻れた。
帰宅途中、ホッとして中学時代に思い出のある町田のマックで食事をして帰宅。帰宅後も軽く口に入れ、就寝した。
訪問者数:91人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 滑落 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ