また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409450 全員に公開 ハイキング奥武蔵

高畑山の馬酔木の小径を求めて行ったのだけど…(下ヶ坂(さがさか)BS→高畑山→子ノ権現→西吾野駅)

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇たまに晴

3/19の時点ではウェザーニューズだけが晴れ優勢の予報で気象協会と気象庁は曇優勢の予報でした。それが3/21の予報ではひっくり返って全部で晴れ優勢。ところが直後にウェザーニューズは曇り優勢にひっくり返し、気象庁もそれを後追い。気象協会だけが昨日も晴れ優勢予報でした。

結果としてはウェザーニューズが一番近い予報です。
完全な曇、とまでは言えないですが、青空と言う訳でもなく。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
飯能着7:49の快速急行。3/10のダイヤ改正で到着が1分早まったみたい。
飯能駅北口発8:00の飯03-2名郷行き
下ヶ坂着8:49定刻どおり

帰り
西吾野発14:04の飯能行き
飯能発14:40のFライナー快速急行

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
36分
合計
4時間48分
Sスタート地点08:5310:06337号鉄塔10:1610:35高畑山10:4011:00中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)11:25天目指峠11:3912:31子ノ権現12:3813:05天寺十二丁目石13:41西吾野駅13:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
タイトルに書いた様に高畑山の馬酔木の小径に行くのが最大の目的です。
一昨年の3/26に正丸駅から伊豆ヶ岳に登って子ノ権現へ行く途中で気がついた高畑山の馬酔木の小径です。
時期的には一昨年と同じ感じだったのですが、未だでした。

高畑山にはどこからどう行くか?
未だ歩いたことのない下ヶ坂(かがさか)BSからの柏木入右岸尾根ルート(登山詳細図による)で上がる事にしました。
コース状況/
危険箇所等
・下ヶ坂BS→高畑山
まず尾根への取り付きが分からない。
登山詳細図によるとバス停から名郷方面へ少し進んで「倒木」の場所から登る様になっています。確かにそう言う場所はあります。が、道は全くありません。自分の頭で足の置き場を考えて斜面を登る事になります。
登山を誰かに教わった事がほとんど無い私なのですが、これがバリエーションルートと言うものでしょうか。
とにかく地形図の等高線と方位とGPSを頼りに尾根方向へ登って行きます。
幸いにも滅茶苦茶急な訳でもなく、土質は登山靴をしっかり掴んでくれて崩れないものだったので直登方向でも登れました。尾根筋に出たら道ではないものの、下草も無くなるので地図があれば目指す方向へは行けます。
途中で登山詳細図にも記載されている(一般家庭の)VHSアンテナがあり、そこで初めてピンクリボンと出会いました。つまりここまでは何の指針もありません。
その先で林道と出会ってかなり暫くこの林道の通りに登ります。
林道終点からはまたほとんど指針が無くなりますが(リボンはたまにある)、尾根方向を進む事でやがて伊豆ヶ岳縦走路に合流します。
斜面がキツイのはバス停からの取り付きだけです。あとはかなり楽です。

・高畑山→天目指峠
飯能アルプス北部ルートです・・・・
は?
ナニコレ?
恐ろしい程に並行する新設林道によってズタズタにされました。
本当にすぐ北隣を林道が走っています。すぐ横を苦労して登山道を歩くのがまるでバカみたいです。
歩く価値がゼロのルートになってしまいました。

・天目指峠→子ノ権現
ここはアップダウンがかなりあります。いつもここを歩く時は後半戦になっていて体力気力が削られた後なのできっついなあと言う感じになります。

・子ノ権現→西吾野駅
高畑山から天目指峠のルートで気力を破壊されたのでおとなしく小床口参道コースで下りました。なにげに小床の集落まではこのルートは初めてでしたので、新しく経験するのは楽しいものです。
峠ノ前からつづら折りで下った後は沢沿いのコースとなり、いかにも増水時には水がここを流れますみたいな石がゴロゴロした道になります。
全体的にかなり緩いです。
その他周辺情報出発点の下ヶ坂バス停からしてトイレはありません。子ノ権現までトイレ無しです。
気をつけましょう。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

8:53 下ヶ坂BSを出発します。
ここから少しだけ名郷方面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:53 下ヶ坂BSを出発します。
ここから少しだけ名郷方面へ。
1
この石垣の切れ目辺りからなんとか登れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石垣の切れ目辺りからなんとか登れそうです。
1
これが登山詳細図で言う「倒木」か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが登山詳細図で言う「倒木」か。
道の気配、皆無。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の気配、皆無。
9:08 尾根に出ました。
踏み跡じゃなくても何となく道に見えるのが尾根ですね。
ここからは歩くのに苦しむ事は無いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:08 尾根に出ました。
踏み跡じゃなくても何となく道に見えるのが尾根ですね。
ここからは歩くのに苦しむ事は無いです。
9:20 これが登山詳細図にも書かれている「アンテナ」ですか。
VHSなので例えケーブルが繋がっていても受信出来ないですね。
そしてつまるところアンテナの向きが東京タワーの向きw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:20 これが登山詳細図にも書かれている「アンテナ」ですか。
VHSなので例えケーブルが繋がっていても受信出来ないですね。
そしてつまるところアンテナの向きが東京タワーの向きw
9:29 柏木入林道と合流しました。
ここからずっと林道を歩きます。林道と言っても幅の広い登山道みたいな雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:29 柏木入林道と合流しました。
ここからずっと林道を歩きます。林道と言っても幅の広い登山道みたいな雰囲気です。
9:33 伐採地に出ました。
これが登山詳細図で「夏焼」と言う場所でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:33 伐採地に出ました。
これが登山詳細図で「夏焼」と言う場所でしょうか。
蕨山?
あまりよく分かっていません。山を眺めて当てるのは苦手。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨山?
あまりよく分かっていません。山を眺めて当てるのは苦手。
9:44 北側から登って来た別の柏木入林道との合流点。
登山詳細図的には林道と林道の間の真ん中を突き進むみたいに書かれていますが、登山道らしき踏み跡が無いのでどうせ並行して続く林道なので左側の林道を歩きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:44 北側から登って来た別の柏木入林道との合流点。
登山詳細図的には林道と林道の間の真ん中を突き進むみたいに書かれていますが、登山道らしき踏み跡が無いのでどうせ並行して続く林道なので左側の林道を歩きました。
10:00 林道終点
そのまま登山道へ誘われます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 林道終点
そのまま登山道へ誘われます。
10:06 もう高圧線の無くなった鉄塔。
ここで紅茶+チョコレート休憩をちょっととりました。
10:16に出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:06 もう高圧線の無くなった鉄塔。
ここで紅茶+チョコレート休憩をちょっととりました。
10:16に出発。
10:23 稜線が見えて来ました。
斜面もキツくありません。
2年前の1/16に名郷手前の中海戸BS付近からこの付近に上がった時は稜線直前が死に物狂いの急斜面でした。ほんのちょっとだけ南東にずれているのにこの差。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:23 稜線が見えて来ました。
斜面もキツくありません。
2年前の1/16に名郷手前の中海戸BS付近からこの付近に上がった時は稜線直前が死に物狂いの急斜面でした。ほんのちょっとだけ南東にずれているのにこの差。
10:25 伊豆ヶ岳縦走コースの稜線に出ました。
左に見えているピンクリボンの方から来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:25 伊豆ヶ岳縦走コースの稜線に出ました。
左に見えているピンクリボンの方から来ました。
1
まさにここから馬酔木の小径が始まるのですが、うーん、未だ咲いていません。
開花時期ならこの両側に小さい白い花が沢山ありますのに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにここから馬酔木の小径が始まるのですが、うーん、未だ咲いていません。
開花時期ならこの両側に小さい白い花が沢山ありますのに。
ちょっと咲いている樹もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと咲いている樹もあります。
10:35 高畑山に到着。
はいふりカメラでつぶやこうとしたのですが、フレームがうまくダウンロード出来ず、5分程ねばったものの断念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:35 高畑山に到着。
はいふりカメラでつぶやこうとしたのですが、フレームがうまくダウンロード出来ず、5分程ねばったものの断念。
1
10:44 高圧線鉄塔。
実は右側に二年前に来た時には見た記憶の無い道が出来ています。
これが悪い予感だったのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 高圧線鉄塔。
実は右側に二年前に来た時には見た記憶の無い道が出来ています。
これが悪い予感だったのか。
これです。
登山道をぶった切り、そして登山道のすぐ脇を削って林道が新設されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これです。
登山道をぶった切り、そして登山道のすぐ脇を削って林道が新設されていました。
1
なんかもう林道を避けて登山道を歩く意味があるのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかもう林道を避けて登山道を歩く意味があるのか。
11:00 中ノ沢頭です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:00 中ノ沢頭です。
以前は「山道」の方へ行ったらどうなるんだろうと思われた山奥でしたが、この状態で「山道」と言われてもプゲラな姿になってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前は「山道」の方へ行ったらどうなるんだろうと思われた山奥でしたが、この状態で「山道」と言われてもプゲラな姿になってしまいました。
11:25 天目指峠目前のベンチ。
今日はここでお昼にしました。
11:39に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:25 天目指峠目前のベンチ。
今日はここでお昼にしました。
11:39に出発します。
おや、こちらに咲いている馬酔木が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、こちらに咲いている馬酔木が。
可愛らしい馬酔木の花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしい馬酔木の花。
2
12:22 アップダウンを繰り返してこの祠まで来たら子ノ権現はもう目前です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:22 アップダウンを繰り返してこの祠まで来たら子ノ権現はもう目前です。
子ノ権現の梅が咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ権現の梅が咲いています。
12:31 子ノ権現に到着。
たまにはこちらの写真を。
お参りをして12:38に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:31 子ノ権現に到着。
たまにはこちらの写真を。
お参りをして12:38に出発します。
12:55 小床峠との分岐点。
あっちに行くと小床峠ですが、今日は普通に小床口参道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:55 小床峠との分岐点。
あっちに行くと小床峠ですが、今日は普通に小床口参道を下ります。
1
13:05 峠ノ前。
こっちに行くと森坂峠です。
やはり普通に小床口参道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 峠ノ前。
こっちに行くと森坂峠です。
やはり普通に小床口参道を下ります。
2
13:19 小床の集落へ下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:19 小床の集落へ下りて来ました。
西吾野駅に登る坂道から。
下に梅林があったんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅に登る坂道から。
下に梅林があったんですね。
1
13:41 西吾野駅に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:41 西吾野駅に到着です。
1

感想/記録

高畑山の馬酔木の小径を歩くんだ、と言う目的は達成出来ませんでした。
2年前は3/31に東京でソメイヨシノが開花、その5日後に高畑山に来て馬酔木の花に迎えられてイイ感じだったのです。
事者3/17に東京でソメイヨシノ開花。今日はそれから7日後なのですが、未だ咲いていませんでした。なかなか花期を見極めるのは難しいですね。
派手な花だと「咲いてる」と言うレポが上がるのですが馬酔木は地味であまり見かけません。
それでもチラホラとは見かけたので良かったかな。

衝撃的なのは高畑山の南東にある鉄塔から天目指峠までの区間が林道によってズタズタにされた事です。林道を歩けばそのまま天目指峠に着けますよ。まるで嫌がらせの様に登山道を切り裂いて進む林道を歩けば。

柏木入右岸尾根ルートは取り付きが少し大変なのを除いたら高畑山まで登りやすいルートですね。
訪問者数:199人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/2
投稿数: 866
2018/3/25 12:29
 小床橋
多分小床橋の手前でお会いした単独の方ではないでしょうか。
右手の小橋を渡ってきたものです。
登録日: 2014/11/22
投稿数: 6
2018/3/25 15:44
 Re: 小床橋
はじめまして。
そちらの記録を拝見しました。国道に出る直前でどちらから下りられたのかを伺った方ですね。記録も拝見して、小床峠付近にもまだまだ色々な道があるのだなあと思いました。
コメントのお返しでなんですが、近々入院されるとの事で、私は近年何度も入院していてそれで気がついたのは電子書籍なら読みたくなった本がその場で買えて就寝時刻後もスマホで読めると言うものです。若い頃にベッドの周囲に本の万里の長城を築いた時からは様変わりです。ご参考になれば。
登録日: 2014/4/2
投稿数: 866
2018/3/25 16:27
 Re[2]: 小床橋
teoimperial さん
帰りも同じ電車でしたね。
我々は食意地が張っているのでカレーパンを食べてからダッシュしてどうにか間に合いました。
今読んでいる本が800gもあります。
電子書籍を真剣に考えます。
しかし万里の長城ですか。
長期入院をなさったのですね。
そのようにはお見受けしませんでした。。
健康が何よりですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 GPS 右岸 倒木 直登 タワ クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ