また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411483 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

トワルタップコップ岳

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
40分
合計
3時間56分
Sスタート地点09:0109:16渡渉09:2610:29林道終点10:54稜線(林道)11:19トワルタップコップ岳11:4411:56稜線(林道)12:09林道終点12:39渡渉12:4412:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

道道から500mほど砂利道を入った地点まで除雪がしてありました。渡渉があるので長靴をはき、スキーを手持ちしてスタートです。
2018年03月25日 09:01撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道道から500mほど砂利道を入った地点まで除雪がしてありました。渡渉があるので長靴をはき、スキーを手持ちしてスタートです。
後志利別川を橋で渡ります。
2018年03月25日 09:08撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後志利別川を橋で渡ります。
橋のすぐ先でホンシブンナイ川を渡渉しましたが、ギリギリ長靴の中に水が入る残念な結果でした。木に靴下を干しておきました。
2018年03月25日 09:26撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋のすぐ先でホンシブンナイ川を渡渉しましたが、ギリギリ長靴の中に水が入る残念な結果でした。木に靴下を干しておきました。
スキーでの林道歩きがはじまります。日陰の雪面はやや硬いものの、概ね歩きやすい雪質の日でした。
2018年03月25日 09:27撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーでの林道歩きがはじまります。日陰の雪面はやや硬いものの、概ね歩きやすい雪質の日でした。
林道にはスノーモービルの跡があり、所々倒木処理してありました。
2018年03月25日 09:48撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にはスノーモービルの跡があり、所々倒木処理してありました。
1
小さなアップダウンを繰り返しながら、途中道を間違えながら林道終点到着です。
2018年03月25日 10:29撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンを繰り返しながら、途中道を間違えながら林道終点到着です。
林道終点から少し登ると人工林脱出となり、視界広がりました。坊主山(左)とルコツ岳(右)が見えてきました。
2018年03月25日 10:37撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から少し登ると人工林脱出となり、視界広がりました。坊主山(左)とルコツ岳(右)が見えてきました。
1
さらに進むと左奥にトワルタップコップ岳が見えてきました。右下へ下って行くと…
2018年03月25日 10:46撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと左奥にトワルタップコップ岳が見えてきました。右下へ下って行くと…
別の林道が現れ、緩やかに稜線に向かって登っていきます。
2018年03月25日 10:49撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の林道が現れ、緩やかに稜線に向かって登っていきます。
稜線で林道は左に曲がるので、そこから頂上(左)へ向かいます。
2018年03月25日 10:54撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線で林道は左に曲がるので、そこから頂上(左)へ向かいます。
明白な稜線を少し進むと疎林となり、右手に人工林を見ながら登っていくと頂になります。
2018年03月25日 11:11撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明白な稜線を少し進むと疎林となり、右手に人工林を見ながら登っていくと頂になります。
1
頂上から北に少し足を延ばすと北側の景色が楽しめます。再び、左が坊主山、右がルコツ岳。
2018年03月25日 11:17撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から北に少し足を延ばすと北側の景色が楽しめます。再び、左が坊主山、右がルコツ岳。
1
加えて、左がカニカン岳、右が長万部岳かな。
2018年03月25日 11:22撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加えて、左がカニカン岳、右が長万部岳かな。
頂上付近の緩斜面でのひと滑りは楽しい時間です。
2018年03月25日 11:31撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近の緩斜面でのひと滑りは楽しい時間です。
1
下り始めると狩場山方面が見えました。
2018年03月25日 11:46撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めると狩場山方面が見えました。
地図上の道のホンシブンナイ川渡渉地点はここのようです。おかげで下山時の渡渉は長靴で問題なしでした。
2018年03月25日 12:38撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上の道のホンシブンナイ川渡渉地点はここのようです。おかげで下山時の渡渉は長靴で問題なしでした。
1

感想/記録

2週間前に行ったキムンタップコップ岳ですが、この山に登るとやはりトワルタップコップ岳にも行きたくなるというものです。
心配していた川の渡渉は雪解け水でやや水量が多くなっていて長靴の中に少し水が入りましたが、地図上の道のとおり歩けば川底が一段上がったコンクリートになっていて長靴であれば問題なしでした。ただし、渡ったあと橋までの間に積雪がなくて粘土状の土を踏まなければならず、長靴についた土を取るのが大変でした。
渡渉後は一部残雪が途切れそうに2度なりましたが、少し標高が上がると問題なくなりました。林道にはしばらくスノーモービルの跡が残っていちめ、途中で地図上の道から大きく離れていく際に道を誤り10分ほどタイムロスしました。
林道終点から先は視界も広がり、ルートファインディングしながらの楽しい歩きでした。いつも使っているウロコ付スキー+3ピンビンディング+革靴のスタイルは緩やかな起伏の繰り返しが多いこういう山でこそ本領発揮です。シールをつけない身軽により気がつけば頂上、そんな感じでした。
頂上付近では適度な緩斜面をザックを背負わず滑って春スキーを満喫でき、このままルコツ岳まで行きたくなりました。
下山も林道終点までは楽しく景色を楽しみながら滑ったり登ったりでした。林道終点からは細かなアップダウンや倒木処理跡をこなしていい運動になりました。
天気がよくて雪があって景色もそこそこあればどこでも「いい山」かもしれませんが、ゆったりまったりできたこの山の頂上付近にはまた来たいなと思いました。
橋を渡りもうすぐ車という所で、積雪が朝と比べて明らかに減っていることに気づきました。今シーズンはあと何回滑れるでしょう。
訪問者数:74人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ