また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411711 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

笹子雁ヶ腹摺山・お坊山(市営景徳院駐車場から周回)

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市営景徳院駐車場 6:15 ( 無料。15台程駐車可。公衆トイレ有り。)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間42分
休憩
1時間8分
合計
9時間50分
S景徳院市営駐車場06:3006:55甲斐大和駅07:17日影上バス停07:2208:00清水橋(甲州街道峠道入口)08:0508:30(休憩)08:3509:02笹子隋道09:0709:17笹子峠09:2010:44笹子雁ヶ腹摺山(昼食)11:0411:46見晴し台11:0112:24米沢山(ヤダイロ)12:3413:14トクモリ13:30お坊山13:4014:15大鹿峠14:2015:35景徳院市営駐車場 ゴール!G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報日帰り温泉 : やまと天目山温泉 510円/3h

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ 軽アイゼン ストック

写真

予定より30分遅れで出発。1ヵ月半振りの山行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定より30分遅れで出発。1ヵ月半振りの山行。
1
市営景徳院駐車場が起終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市営景徳院駐車場が起終点。
1
まずは、笹子峠を目指す。暫くは舗装路歩きだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、笹子峠を目指す。暫くは舗装路歩きだ。
甲斐大和駅前を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐大和駅前を通り、
1
川を渡った後、笹子峠への上りとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡った後、笹子峠への上りとなる。
駒飼宿の集落を過ぎて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒飼宿の集落を過ぎて、
日影上バス停へ。芭蕉の句碑の前でひと休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影上バス停へ。芭蕉の句碑の前でひと休み。
笹子峠への道は、冬期通行止中。車の往来を気にせずに歩く事が出来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠への道は、冬期通行止中。車の往来を気にせずに歩く事が出来る。
笹子峠まで6,2kmの標識。この標識はこの先笹子峠まで、200m毎に設置されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠まで6,2kmの標識。この標識はこの先笹子峠まで、200m毎に設置されている。
冬期通行止のゲートを過ぎて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期通行止のゲートを過ぎて、
しばらく歩くと、桃の木茶屋跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、桃の木茶屋跡。
更に歩を進めて清水橋を渡った所で、舗装路を離れ、甲州街道峠道へと入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に歩を進めて清水橋を渡った所で、舗装路を離れ、甲州街道峠道へと入る。
ここからは未舗装。やっと山歩きらしくなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは未舗装。やっと山歩きらしくなってくる。
標高が高くなるにつれ、積雪が深くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が高くなるにつれ、積雪が深くなってきた。
沢を渡渉した後、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡渉した後、
積雪が10cm~15cmとなってきた場所で、スパッツを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が10cm~15cmとなってきた場所で、スパッツを装着。
1
途中から、舗装路に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から、舗装路に合流。
笹子峠の休憩舎には寄らずに、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠の休憩舎には寄らずに、
1
笹子隧道前で休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子隧道前で休憩。
隧道手前から笹子峠への道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隧道手前から笹子峠への道に入る。
1
峠への道をひと登りすると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠への道をひと登りすると、
1
笹子峠。ここから笹子雁ヶ腹摺山へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠。ここから笹子雁ヶ腹摺山へ向かう。
積雪の無い急登を登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の無い急登を登り、
1
稜線上の道を辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の道を辿る。
2
鉄塔の向こうに笹子雁ヶ腹摺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の向こうに笹子雁ヶ腹摺山。
1
南側には本社ヶ丸、清八山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には本社ヶ丸、清八山。
2
途中、尾根道と新道(巻き道)コースに分かれる。尾根コースを進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、尾根道と新道(巻き道)コースに分かれる。尾根コースを進む。
痩せた稜線上を歩く。ここにはトレースは無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた稜線上を歩く。ここにはトレースは無い。
2
尾根道は小さなアップダウンを繰り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道は小さなアップダウンを繰り返す。
1
稜線上の積雪は少ない。10cm前後だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の積雪は少ない。10cm前後だろうか。
小ピーク越えて少し下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク越えて少し下ると、
新道(巻き道)と合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道(巻き道)と合流する。
正面に笹子雁ヶ腹摺山を見据えて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に笹子雁ヶ腹摺山を見据えて、
快適な稜線の道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な稜線の道を進む。
3
直下の急坂を、休み休み登りきると、雁ヶ腹摺山山頂。ここで昼食休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の急坂を、休み休み登りきると、雁ヶ腹摺山山頂。ここで昼食休憩。
1
富士山。休憩中に笹子駅方向から登山者が一人登って来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。休憩中に笹子駅方向から登山者が一人登って来る。
1
遠く南アルプスの山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く南アルプスの山々。
2
雁ヶ腹摺山を後にして、米沢山に向かう。脚に疲れが大分溜まってきている。ゆっくりとしたペースで歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山を後にして、米沢山に向かう。脚に疲れが大分溜まってきている。ゆっくりとしたペースで歩く。
2
米沢山だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米沢山だろうか?
1
積雪は10cm~20cm程度。気温が上がり緩くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は10cm~20cm程度。気温が上がり緩くなってきた。
笹子雁ヶ腹摺山の東側急斜面を滑りながら下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山の東側急斜面を滑りながら下る。
振り返って笹子雁ヶ腹摺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って笹子雁ヶ腹摺山。
米沢山(左)とトクモリ(右)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米沢山(左)とトクモリ(右)?
2
稜線上の道は小さなアップダウンを繰り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の道は小さなアップダウンを繰り返す。
2
見晴し台に立ち寄る。展望が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴し台に立ち寄る。展望が広がる。
1
笹子雁ヶ腹摺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山。
5
富士山の全容は見えないのかあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の全容は見えないのかあ。
3
見晴し台から一旦下った後、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴し台から一旦下った後、
1
鎖場のある急な坂を登る。雪が融けて泥濘となり、滑り易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場のある急な坂を登る。雪が融けて泥濘となり、滑り易い。
1
急坂を登りきると、米沢山山頂。運動不足で体力も筋力も低下。疲れた〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登りきると、米沢山山頂。運動不足で体力も筋力も低下。疲れた〜。
笹子雁ヶ腹摺山とほぼ同じ標高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山とほぼ同じ標高。
米沢山からお坊山を目指す。右がトクモリ、左がお坊山だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米沢山からお坊山を目指す。右がトクモリ、左がお坊山だろうか?
再度、稜線の道をトクモリへと歩く。積雪は10cm〜15cm程度。途中12人の団体等、登山者とすれ違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、稜線の道をトクモリへと歩く。積雪は10cm〜15cm程度。途中12人の団体等、登山者とすれ違う。
1
トクモリを過ぎて正面にお坊山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トクモリを過ぎて正面にお坊山?
急坂を休み休み登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を休み休み登り、
1
お坊山山頂。心配していた左膝に痛みが出て来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山山頂。心配していた左膝に痛みが出て来た。
2
振り返るとトクモリ。右奥に米沢山。左奥に笹子雁ヶ腹摺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとトクモリ。右奥に米沢山。左奥に笹子雁ヶ腹摺山。
1
お坊山から大鹿峠に向かう。右に滝子山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山から大鹿峠に向かう。右に滝子山。
2
大菩薩嶺。結構積雪が多そうだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺。結構積雪が多そうだね。
3
右に大谷ヶ丸。左にハマイバ丸だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に大谷ヶ丸。左にハマイバ丸だろうか?
3
大菩薩嶺から続く小金沢連嶺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺から続く小金沢連嶺。
2
お坊山から大鹿峠への下り。まずは、斜面を九十九折に下って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山から大鹿峠への下り。まずは、斜面を九十九折に下って行く。
1
1月には、あの滝子山から大鹿峠まで歩いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月には、あの滝子山から大鹿峠まで歩いている。
1
林の中を下って行く。トレースを歩くより、トレースのない雪の上を、キックステップで降りていく方が歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中を下って行く。トレースを歩くより、トレースのない雪の上を、キックステップで降りていく方が歩き易い。
大鹿峠。1月に来た時には倒れていた標柱は、立てかけられていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠。1月に来た時には倒れていた標柱は、立てかけられていた。
大鹿峠から少し登って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠から少し登って、
1
景徳院への分岐点へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景徳院への分岐点へ、
後は景徳院まで下りのみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は景徳院まで下りのみ。
いつしか積雪は消え、落葉の積もる道を只管下って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつしか積雪は消え、落葉の積もる道を只管下って行く。
1
田野氷川神社の前を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田野氷川神社の前を通り、
神社の参道を下って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の参道を下って行くと、
1
市営景徳院駐車場にゴール!疲れた〜〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市営景徳院駐車場にゴール!疲れた〜〜!!
2

感想/記録

今日は笹子雁ヶ腹摺山。
1月に滝子山から大鹿峠まで歩いたので、それに繋げるように、今回は笹子峠から大鹿峠まで歩くことにする。

2月の山行後に左膝に痛みが出て、なかなか痛みが取れず、1ヶ月半も山行を断念していたのだが、漸く痛みが無くなったので、山行を計画する。
この間、ほとんど歩きもしなかったので、体力・脚力の低下がひじょうに心配であった。それ故、あまり標高差のない山域を選んだのだが。。

彼岸過ぎに降った雪は、1,500m前後の山々にも結構積もったようだ。
笹子雁ヶ腹摺山周辺の山々も、10cm〜20cm程度の積雪がまだ残っていた。しかし、日中の気温が高くなるので、昼頃には雪が緩んでくる。
20cm程度の積雪なら、緩んだ雪を踏み抜いても問題なく歩く事が出来る。

また、今回は積雪の下が凍結していなかったので、雪上は軽アイゼン無しでも、ほとんど滑ることなく歩く事が出来た。しかし、午後になり雪が融けて泥濘となる場所(特に米沢山直下の急坂)では、泥濘で滑ってしまう事が多かった。
途中すれ違った団体は、皆さん軽アイゼンかチェーンスパイクを装着していたが、泥濘でも滑り止めになるのであろう。(泥濘で軽アイゼンを使うと、登山路を余計に荒らしてしまう心配もあるのだが。)

お坊山への登り辺りから、持病の左膝に痛みが現れる。
また、運動不足からくる疲れも、いつも以上に大きく、ゆっくり休み休みの歩きとなった。計画段階で、それを見越して、いつもより時間に余裕を持たしていたのだが、その計画以上に時間がかかってしまった。
疲れたぁ〜〜〜!!

それでも、今回も安全に山歩きを楽しむ事が出来た。
ありがとうございます。

追記:これで3大雁ヶ腹摺山(雁ヶ腹摺山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山、笹子雁ヶ腹摺山)に登った事になるのだが、一度でいいから、V字編隊の雁の群れが、山を摺るように飛んでいく姿を見てみたい!!
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ