また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1416511 全員に公開 ハイキング十和田湖・八甲田

砥取山

日程 2018年04月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
30分
休憩
0分
合計
30分
Sスタート地点05:4506:02砥取山頂上06:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

神社から登るのかなと思っていましたが、私有地に入る道のような感じの林道入口です。最初は見落としました。駐車スペースはなさそうです。
2018年04月01日 05:45撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社から登るのかなと思っていましたが、私有地に入る道のような感じの林道入口です。最初は見落としました。駐車スペースはなさそうです。
1
軽トラが似合う杉林の道を進みます。
2018年04月01日 05:46撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽トラが似合う杉林の道を進みます。
2
残雪が現れました。林道は右に曲がって延びており、地図上の砥取山頂上へ続く道は判然とせず、笹に覆われてしまったのでしょう。尾根の右側が笹も少なくてこの時期は取り付きやすかったです。
2018年04月01日 05:49撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が現れました。林道は右に曲がって延びており、地図上の砥取山頂上へ続く道は判然とせず、笹に覆われてしまったのでしょう。尾根の右側が笹も少なくてこの時期は取り付きやすかったです。
1
雪解け後の自然林へ突入です。
2018年04月01日 05:51撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け後の自然林へ突入です。
単子葉の植物がツボミをつけてぃした。
2018年04月01日 05:52撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単子葉の植物がツボミをつけてぃした。
2
尾根上は所々ピンクテープが続き、頂上へと案内していました。
2018年04月01日 05:54撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上は所々ピンクテープが続き、頂上へと案内していました。
1
尾根が明確になるにつれて何となく道っぽさが、漂ってきます。
2018年04月01日 05:56撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が明確になるにつれて何となく道っぽさが、漂ってきます。
うん、これは道だね。
2018年04月01日 05:58撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん、これは道だね。
1
あっという間に砥取山頂上です。
2018年04月01日 06:02撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に砥取山頂上です。
2
頂上は木々も多くて景色は今ひとつ。八甲田山方面でしょうか。そのうちに機会あればこの辺りもスキーで歩いてみたいですね。
2018年04月01日 06:03撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は木々も多くて景色は今ひとつ。八甲田山方面でしょうか。そのうちに機会あればこの辺りもスキーで歩いてみたいですね。
1

感想/記録

旅先の青森市でせっかくだからと青森駅近くの宿泊ホテルから早朝のジョギングでアプローチして登れる簡単な山はないかなぁと探して見つかったのが砥取山でした。登山口まで8キロ程度と手頃ですが、知らない土地だけに道を間違うとダメージが大きくなるので慎重に走りました。無事に到着した登山口(?)は、どなたかの庭におじゃまするような雰囲気があり、最初は見落としました。恐る恐る軽トラにマッチした林道に入り込むランナーは怪しかったと思います。やがて残雪が現れジョギングシューズを少し濡らし、次は薄いとは言え藪に突入。そして頂上。短時間ですが山を満喫できました。ホテルまで帰りの足取りも軽く、計2時間ほどのいい運動でした。知らない土地はやはり新鮮ですね。
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ