また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 141915 全員に公開 ハイキング白神山地・岩木山

真瀬岳【秋田県の山18】白神二山

日程 2011年10月13日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:30 自宅出発
能代市内を避けるため能代山本広域農道を使用しました。
8:15 国道7号線分岐点(東能代)
8:32 国道101号線分岐点(ひがしはちもり)
真瀬渓谷・ぶなっこランド・二ツ森方面へ右折する。
8:45/9:00 ぶなっこランドを過ぎ、舗装してあるが道は次第に狭くなる。
白神橋と白神大橋を通過すると、左に真瀬岳の案内板がある。
9:05 ここを左折する。(直進すると二ツ森へ行く。)左折すると未舗装の林道になる。
途中で、三の又沢への分岐があるが、右の中ノ又沢へ進む。
道は次第に悪くなる。所々路肩注意の看板!慎重に進めば、最低地上高の低い乗用車でも大丈夫かと思う。中ノ又沢と分かれ杉林が現れ、ジメジメした道を進む
9:30 真瀬岳への案内板がある登山口に着いた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

09:30/9:45 登山口
10:40 露岩
10:52 刈り払いが行われていない地点
11:30/11:35 真瀬岳山頂
12:35/12:43 登山口

下山後、二ツ森に向かう。
コース状況/
危険箇所等
頂上に近づくと、刈り払いが行われていないので、登山装備やくじけない体力が必要。
林道は自家用車でも良いが、車が傷む。
過去天気図(気象庁) 2011年10月の天気図 [pdf]

写真

秋田県八森町は、白神山地を峰越で横断しようとした「青秋林道」の秋田側の起点です。既設の林道を拡幅する工事であり、青森県に比べ多額の工事費を投入したため、山頂付近まで道路が開通してしまいました。かつ舗装工事もできています。

白神山地案内所で入山届けを記入します。
帰宅前に、ここへ下山報告を提出しましょう。
2011年10月13日 08:57撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田県八森町は、白神山地を峰越で横断しようとした「青秋林道」の秋田側の起点です。既設の林道を拡幅する工事であり、青森県に比べ多額の工事費を投入したため、山頂付近まで道路が開通してしまいました。かつ舗装工事もできています。

白神山地案内所で入山届けを記入します。
帰宅前に、ここへ下山報告を提出しましょう。
ぶなっこランドを過ぎ、舗装してあるが道は次第に狭くなる。
白神橋を通過!!
2011年10月13日 09:01撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶなっこランドを過ぎ、舗装してあるが道は次第に狭くなる。
白神橋を通過!!
この橋が白神大橋です。
2011年10月13日 09:03撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋が白神大橋です。
1
白神大橋を通過!!
2011年10月13日 09:03撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白神大橋を通過!!
左に真瀬岳の案内板がある。
ここを左折する。(直進すると二ツ森へ行く。)左折すると未舗装の林道になる。
2011年10月13日 09:04撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に真瀬岳の案内板がある。
ここを左折する。(直進すると二ツ森へ行く。)左折すると未舗装の林道になる。
道は次第に悪くなる。所々路肩注意の看板!慎重に進めば、最低地上高の低い乗用車でも大丈夫かと思う。
途中で、三の又沢への分岐があるが、右の中ノ又沢へ進む。
2011年10月13日 09:07撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は次第に悪くなる。所々路肩注意の看板!慎重に進めば、最低地上高の低い乗用車でも大丈夫かと思う。
途中で、三の又沢への分岐があるが、右の中ノ又沢へ進む。
真瀬岳への案内板がある登山口に着いた。
登山道の入口もいきなり川越の道路になっている。
2011年10月13日 12:34撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真瀬岳への案内板がある登山口に着いた。
登山道の入口もいきなり川越の道路になっている。
川向かいの登山道。
未知の地域へ入る不安と期待を持たせるコースです。
2011年10月13日 09:44撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川向かいの登山道。
未知の地域へ入る不安と期待を持たせるコースです。
秋田杉の植林地をジグザグに登って行きます。大変傾斜がきついです。
2011年10月13日 09:49撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田杉の植林地をジグザグに登って行きます。大変傾斜がきついです。
少し進むと2番目の徒渉地点。
2011年10月13日 09:51撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと2番目の徒渉地点。
ウワバミソウ(ミズ・ミズナ)等の草が一面に覆う道を進むと入山者をカウントする装置がある。
真瀬岳は白神山地に設置されている入山者測定機器があるポイントの中では最も入山者が少ない。
2011年10月13日 09:53撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウワバミソウ(ミズ・ミズナ)等の草が一面に覆う道を進むと入山者をカウントする装置がある。
真瀬岳は白神山地に設置されている入山者測定機器があるポイントの中では最も入山者が少ない。
紅葉がキレイでした。
2011年10月13日 10:38撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がキレイでした。
2
杉林を登ると斜面がきつくなり、ジグザクの道になる。
2011年10月13日 12:25撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林を登ると斜面がきつくなり、ジグザクの道になる。
露岩を通過
2011年10月13日 10:40撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩を通過
登山道は途中まではきれいに竹藪の下刈りがされていましたが・・・
2011年10月13日 10:50撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は途中まではきれいに竹藪の下刈りがされていましたが・・・
途中から中断されており、道が見えないほどの笹藪が続きます。
2011年10月13日 11:57撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から中断されており、道が見えないほどの笹藪が続きます。
それにしても道がほとんど刈り払われていない。かなり厳しい。
2011年10月13日 11:26撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても道がほとんど刈り払われていない。かなり厳しい。
ダブルストックで掻き分けながら、やっと山頂に到着。
2011年10月13日 11:31撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダブルストックで掻き分けながら、やっと山頂に到着。
1
山頂の標柱の直ぐ後ろに三角点らしい物がある。苔が生え何等三角点か良くわからない。

ここに来るまで、何回道に迷ってことか(Θ_Θ)/
背丈以上の笹ヤブなので、地図&コンパスは使用不可。
GPSがなければ、どうなっていたことかトホホ
2011年10月13日 11:31撮影 by DSC-W80, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標柱の直ぐ後ろに三角点らしい物がある。苔が生え何等三角点か良くわからない。

ここに来るまで、何回道に迷ってことか(Θ_Θ)/
背丈以上の笹ヤブなので、地図&コンパスは使用不可。
GPSがなければ、どうなっていたことかトホホ
1

感想/記録
by kaeru

入山者が少ないだけに白神マニアとしてはその眺望が気になるところです。

訪問者数:2235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ