また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420405 全員に公開 山滑走東北

会津駒ヶ岳BC【気温上昇・悪雪との闘い!】

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場 滝沢口 登山者駐車場 

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間52分
合計
7時間42分
S登山者駐車場07:1207:15会津駒ヶ岳登山口07:1807:52林道S字カーブ07:54夏道・階段下08:0008:561350m台地09:1010:251700m付近10:3511:302000m付近11:48台地(肩)12:1012:24会津駒ヶ岳13:0413:301800m付近13:3513:571350m台地14:0614:30夏道階段下14:3314:50滝沢登山口14:54駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■3日 晴れ
平日にも関わらず、登山2パーティー(単独、2名)、山スキーは私を含め3パーティー(いずれも単独)が入山していました。気温の上昇で雪質は期待していませんでしたが山頂直下の大斜面や北面のブナ林は雪面が締ってまずまず快適で楽しめました。その後は、標高が下がるにつれて悪雪との闘いが始まり脚は悲鳴をあげて攣りまくりでした。
<登り>
滝沢登山口からシール登行、上の沢を渡って林道をショートカットする冬道も何とか雪が繋がっていました。林道S字カーブからは1350m台地へ直接登るルートは避け、板を担いでシートラで夏道へ転進。尾根に上がった地点から北側に雪面が現れ、ここから再びシール登行に切り替えましたが、結局、期待した雪面は繋がっていなかったため、シール登行とシートラを繰り返すことになり大幅に時間をロスしてしまいました。ようやく台地へ辿り着き行動食でしっかりエネルギーを補給。その後は高い気温の割にシールが効いて順調に高度を稼ぐことが出来ました。1700mを超えるあたりから気持ちの良い針葉樹林帯を辿り、下の沢の対岸に大戸沢岳南東尾根が望まれるようになる。1900m付近からは、駒ノ小屋を経由せずに駒ノ小屋と駒ヶ岳山頂の中間点付近の肩へ向かってトラバース気味に登っていくのが効率的と思われる。この肩から山頂までは15分程度。
<山頂>
山頂からの展望は、春霞ながら西を望めば燧ケ岳、至仏山、平ヶ岳が、北を望めば、眼前に分厚い雪を纏った中門岳が、その遥か彼方には丸山岳も望める。北東には大戸沢岳から三ツ岩の稜線が確認出来る。生憎、那須や奥日光方面は春霞の中にあって確認出来なかった。
<滑走>
山頂から、まずは大斜面を下の沢に向かって高低差100mほど滑り、その後は登路に沿ってトラバースと直線的な滑りを繰り返しながら少しずつ高度を落としていきました。1800m付近で一度、登路の尾根に戻ってから、明るい南側の斜面に滑り込んでみましたが、案の定、南面は気温の上昇による悪雪で、弱層の雪面がゆっくりと流れ出す状況もあって、その後は再び北面側へ戻って1500m付近までツリーランを楽しみました。1350m台地からは、林道S字カーブへと直接滑り込むルートを選択したものの、途中で雪が上手く繋がらず、結局、夏道へとエスケープして下山することになりました。
コース状況/
危険箇所等
■積雪量は平年並みと思われる
その他周辺情報■仮眠 「道の駅 尾瀬檜枝岐」2017年4月〜 駐車場 
     ★トイレは清潔・明るい・綺麗
■登山届 
2016年3月には滝沢登山口に提出ボックスがあったが、今回は探すも見当たらず(冬期は撤去か?)
■温泉 桧枝岐温泉 駒の湯 
営業時間:10:00〜21:00 (入場20:30まで)
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

4月3日9時の天気図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月3日9時の天気図
1
自宅から桧枝岐まで267km  3時間40分かかりました
2018年04月03日 15:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅から桧枝岐まで267km  3時間40分かかりました
2
登山者駐車場
2018年04月03日 07:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者駐車場
林道は雪たっぷり・・・と思いきや、この先で20mほど切れています
2018年04月03日 07:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は雪たっぷり・・・と思いきや、この先で20mほど切れています
林道S字カーブ付近・・・このまま直登するか?夏道経由にするか?迷う
2018年04月03日 07:48撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道S字カーブ付近・・・このまま直登するか?夏道経由にするか?迷う
結局、夏道を選択
2018年04月03日 07:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、夏道を選択
尾根に出れば雪はあります
2018年04月03日 08:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出れば雪はあります
青空も見えて来ました
2018年04月03日 09:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空も見えて来ました
ブナ中心の尾根をひたすらシール登高
2018年04月03日 09:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ中心の尾根をひたすらシール登高
1
1500m付近をシール登高
2018年04月03日 09:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500m付近をシール登高
1
1650m付近で針葉樹林も少しずつ
2018年04月03日 10:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1650m付近で針葉樹林も少しずつ
大戸沢岳が見えてくる
2018年04月03日 10:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大戸沢岳が見えてくる
針葉樹林の中で主張するブナ
2018年04月03日 10:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹林の中で主張するブナ
1
1800m付近から
2018年04月03日 11:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1800m付近から
1
1850m付近から会津駒ヶ岳山頂が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1850m付近から会津駒ヶ岳山頂が
3
左手の肩めざして登る
2018年04月03日 11:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の肩めざして登る
1
2050m付近・・・右のピークに駒ノ小屋
2018年04月03日 11:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2050m付近・・・右のピークに駒ノ小屋
2
登って来たルートを俯瞰
2018年04月03日 12:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来たルートを俯瞰
1
2年ぶりの山頂
2018年04月03日 12:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年ぶりの山頂
3
大杉林道(尾根)の向こうに燧ケ岳
2018年04月03日 12:29撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉林道(尾根)の向こうに燧ケ岳
1
残雪期には冷たいゼリーは最高!
2018年04月03日 12:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪期には冷たいゼリーは最高!
3
人物なしの記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人物なしの記念撮影
6
分厚い雪を纏った中門岳に見とれてしまう
※中央の斜面を御神楽沢へシュプール発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分厚い雪を纏った中門岳に見とれてしまう
※中央の斜面を御神楽沢へシュプール発見
6
この斜面が斜度も雪質も、この日一番でした!
拡大するとシュプールが見える
2018年04月03日 13:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面が斜度も雪質も、この日一番でした!
拡大するとシュプールが見える
3
北面のツリーラン
2018年04月03日 13:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面のツリーラン
3
あっという間に1350m台地へ
2018年04月03日 13:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に1350m台地へ
1
夏道、階段下
2018年04月03日 14:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道、階段下
滝沢登山口が見えて来た
2018年04月03日 14:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢登山口が見えて来た
ゴールの駐車場
2018年04月03日 14:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの駐車場
1
※桧枝岐スキー場、まだ雪はたっぷり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
※桧枝岐スキー場、まだ雪はたっぷり
1
訪問者数:581人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 直登 ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ