ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 会津駒ヶ岳

会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)

最終更新:2010-12-21 08:34 -
基本情報
標高 2133m
場所 北緯37度02分50秒, 東経139度21分13秒
奥会津では登山者が多い山で、山頂直下にある駒の小屋に泊まって駒ヶ岳から中門岳へ続く高層湿原を楽しめます。
この付近はコバイケイソウの大群落やハクサンコザクラの群落があり、7月中旬には花の山として人気がありますが、9月下旬からは草紅葉も素晴らしい山です。
山頂

会津駒ヶ岳の日の出・日の入り時刻

02/20(月) 02/21(火) 02/22(水) 02/23(木) 02/24(金) 02/25(土) 02/26(日)
日の出 6時18分 6時16分 6時15分 6時14分 6時13分 6時11分 6時10分
日の入り 17時36分 17時37分 17時38分 17時39分 17時40分 17時41分 17時42分

会津駒ヶ岳 (標高2133m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-8.4
平均気温
-11.3
最低気温
-17.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 3.9 時間/日
降水量 4.2 mm/日
最深積雪 221 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

会津駒ヶ岳と池塘
会津駒ヶ岳。
会津駒ヶ岳。
会津駒ヶ岳
会津駒ヶ岳

山の解説 - [出典:Wikipedia]

会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)は、福島県南会津郡檜枝岐村にある標高2,133mの山である。日本百名山の一つ。一等三角点「岩駒ケ岳」(標高2,132.4m)設置。
会津駒(あいづこま)の略称で親しまれている。単に「駒ヶ岳」と呼ばれることも多い。
頂上とその稜線は草原のようになっており、木道の敷設されている場所もある。山頂から北北西の中門岳方面への稜線には池塘が多く、高山植物が多い。
冬季には山スキーのメッカとなる。
2007年(平成19年)8月30日、尾瀬国立公園の一部として新たに国立公園に指定された。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「会津駒ヶ岳」 に関連する記録(最新10件)

東北
  75     114 
2017年01月29日(日帰り)
東北
  25    32 
2017年01月28日(日帰り)
東北
  28    18 
2017年01月28日(日帰り)
東北
  29     56  2 
2017年01月22日(日帰り)
東北
  16     63  6 
2017年01月07日(日帰り)
東北
  10    5 
2017年01月07日(日帰り)
東北
  14    32  1 
2016年12月30日(日帰り)
東北
  103     62  6 
2016年12月29日(日帰り)
東北
  37     23  1 
2016年12月29日(日帰り)
東北
  17   27 
2016年12月26日(2日間)
ページの先頭へ