また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1427796 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳 天神平よりピストン

日程 2018年04月09日(月) 〜 2018年04月10日(火)
メンバー
天候9日 雪
10日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
■天神平スキー場
関越道水上ICから、20〜30分

■駐車場
平日は無料。ケーブルの始発は08:00、往復2060円。(10kgを越える荷物の持ち込みは、+500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト
駐車場を更に進んだ指導センターに、有り。

■天神平〜熊穴沢避難小屋
始まりは登山道標識あり。そこからポール沿いに登る。
田尻尾根に上がる手前でポールから逸れる。
田尻沢ノ頭をトラバースする。
(降雪でトレースが無かったので、田尻沢ノ頭まで登ってしまいました。)
そこからは、西側の雪庇に注意しながら天神尾根を行く。
熊穴沢避難小屋は、窓まで雪が融けていて使えそうでした。

■熊穴沢避難小屋〜肩の小屋
森林限界を越えて来ると、稜線が広くなって来るので、
視界不良時は注意。
天狗ノ腰掛け岩から、傾斜が増します。
場合によっては(特に下り)、ピッケルが必要。

■肩の小屋〜トマの耳〜オキの耳
トマの耳までは、比較的安全。
オキの耳まで、山頂は東側の雪庇に注意。
その他周辺情報■登山後の温泉
ホテル湯の陣(湯檜曽温泉/弱アルカリ性)
インターまでの道を、10分ほど行った道沿い。
日帰り入浴、ロープウェイ乗車券掲示で割引。980円→590円
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック サブザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット
備考 リップクリーム

写真

9日 16:00過ぎ
谷川岳ロープウェイで天神平へ。
下界の小雨は、雪へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9日 16:00過ぎ
谷川岳ロープウェイで天神平へ。
下界の小雨は、雪へ。
田尻尾根辺りで、ビバーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田尻尾根辺りで、ビバーク。
1
一応、乾杯〜。
時折、強風に煽られながら。
21:00にはzzzzzzzz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、乾杯〜。
時折、強風に煽られながら。
21:00にはzzzzzzzz
2
10日
稜線には黒い雲あれど、晴れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10日
稜線には黒い雲あれど、晴れ。
1
さて、出発。
昨夜の降雪でトレースが消えていた為、
間違って田尻沢ノ頭まで、登ってしまいつつも...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、出発。
昨夜の降雪でトレースが消えていた為、
間違って田尻沢ノ頭まで、登ってしまいつつも...
1
絶景探訪、谷川岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景探訪、谷川岳!
3
6:36 熊穴沢避難小屋
噂通り、埋まってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:36 熊穴沢避難小屋
噂通り、埋まってます。
3
でも雪解けも進んで、窓から入り込めそうな具合。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも雪解けも進んで、窓から入り込めそうな具合。
登ると、
万太郎山方面の稜線が、どんどん見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ると、
万太郎山方面の稜線が、どんどん見えて来ました。
ぐんぐん、行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐんぐん、行きます。
1
天狗の腰掛け岩へ向けての、広い稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の腰掛け岩へ向けての、広い稜線。
昨夜の雪が積もった、樹林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜の雪が積もった、樹林。
最後の方は、傾斜が増して来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の方は、傾斜が増して来ます。
ここを越えると...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを越えると...
2
肩の小屋と、道標が見えて来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋と、道標が見えて来ます。
2
肩の小屋方面と、万太郎山方面の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋方面と、万太郎山方面の稜線。
2
8:38 まずは、トマの耳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:38 まずは、トマの耳。
北にオキの耳 一ノ倉方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北にオキの耳 一ノ倉方面。
1
南には、浅間山? かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には、浅間山? かな?
1
東の雪庇に注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の雪庇に注意!
見事な、エビの尻尾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な、エビの尻尾。
1
本日は穏やかですが、
いつもは、風強いんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は穏やかですが、
いつもは、風強いんだろうな。
振り返ると、トマの耳の絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、トマの耳の絶景。
2
8:45 オキの耳 谷川岳山頂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:45 オキの耳 谷川岳山頂!
3
西に谷川の稜線と、越後。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に谷川の稜線と、越後。
1
9:45 1時間ほど山頂を堪能して、下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:45 1時間ほど山頂を堪能して、下山。
10:35 肩の小屋で休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:35 肩の小屋で休憩。
快適そうな、冬期小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適そうな、冬期小屋。
ピッケルも、
段々とアジが出て来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルも、
段々とアジが出て来ました。
1
11:50 到着 のんびりと撤収&登山者と談話
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 到着 のんびりと撤収&登山者と談話
風呂(湯檜曽温泉/弱アルカリ性)で...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風呂(湯檜曽温泉/弱アルカリ性)で...

感想/記録

上越国境、雪の谷川岳へ。

一度、秋に訪れた事がありますが、
流石の豪雪地帯が故の積雪と微かな記憶で、
歩いていてもほぼ記憶が蘇りませんでした。苦笑

初日がやや雪だったのでロープウェイに乗るのも躊躇しましたが、
行っておいて正解の二日目。

素晴らしい眺望に、恵まれました。

今度は3月辺りに肩の小屋まで行って、
山頂での日の出を体感してみたいです。
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ