また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431833 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉から周回)

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉駐車場
四駆SUVで問題なく着きましたが、途中凍結路は冬装備でないと難しいです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
踏み跡も明確、危険個所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 水筒(保温性) ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

気持ちのいい雪道を登っていきます。
2018年03月04日 09:41撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雪道を登っていきます。
第一展望台にて。
2018年03月04日 10:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台にて。
こちらは南アルプス
2018年03月04日 10:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南アルプス
いい天気です(^^)
2018年03月04日 10:34撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気です(^^)
蓼科山方面
遠くには北アルプスも。
2018年03月04日 10:43撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山方面
遠くには北アルプスも。
西天狗
さあ、頑張って登りますよ。
2018年03月04日 11:27撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗
さあ、頑張って登りますよ。
赤岳、阿弥陀岳
白い姿もいいですね。
2018年03月04日 12:03撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳
白い姿もいいですね。
西天狗山頂
2018年03月04日 12:08撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗山頂
東天狗です。
2018年03月04日 12:35撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗です。
撮影機材:

感想/記録

冬の天狗岳に登ってきました。かつて夏に登ったときに頂上にいたグループが「天狗は冬のイメージだよね」と話していたこと。また知人のカメラマンも「天狗は冬の方が登りやすいよ」と教えてくれたこと。果たしてどんな感じなのか、歩いてみました。

唐沢鉱泉からスタート、西尾根へ向かいます。今日は3月と思えない暖かな陽気で雪も緩んでいます。チェーンスパイクとストックを使って登っていくと、やがて第一展望台へ。青空の下に現れた赤岳や南アルプスを眺めて一休み、山梨から来られたソロ男性と話をさせていただきました。氏は先週も西岳から編笠山を回ってきたとのこと、雪の状況など教えていただきました。
高度が上がってくると雪も締まって歩きやすくなります。林を抜けると目の前に西天狗の壁、頑張って登ります。夏場は「岩をよじ登る」イメージだったこの壁ですが、雪の厚さがある分は登りやすいかなと感じました。
赤岳や阿弥陀岳の白い姿を眺めつつ高度を上げていくと、西天狗山頂です。いくつかのグループが記念撮影していました。「冬の天狗はいつも寒くていられないけど、今日は30分もいてしまった」と話す人がいたくらい穏やかな陽気でした。
次いで東天狗へ、少し風が出てきたので岩の陰でお昼ごはんにしました。
その後は黒百合平へ。中山峠の手前に左に折れるトレースが付いており(多くの人が歩いた印象)、我々もそちらを進んでみることにしました。夏道とは少しだけ違ったコースで黒百合ヒュッテへ、一休みすると唐沢鉱泉へ下ります。
「冬の方が歩きやすい」はこの先で実感しました。夏場は大きな岩を選んで足を置いていくこのコースが、雪に埋まってフラットになっています。スタスタと足を運んで下りていくことができます。緩んだ雪が靴裏に付いて高下駄みたいになってしまうのがやや難点でした(笑)。
無事に唐沢鉱泉にてゴール、天気にも恵まれた気持ちのいい雪山でした。
訪問者数:82人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ヒュッテ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ