また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433183 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

飯能アルプスPart2 (吾野駅〜伊豆ヶ岳〜正丸駅)

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
 SHOHEI510205(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
[行き]
05:36 西武池袋駅 → 06:32 飯能駅 06:34 → 06:55 吾野駅(597円)
[帰り]
14:19 正丸駅 → 14:34 西武秩父駅 (237円)
16:28 西武秩父駅 → 18:12 西部池袋駅池袋(772円)

秩父の芝桜が見頃なため、西武秩父駅も大混雑。
帰りは特急で帰る予定でしたが、夕方の池袋行きは既に満席でした。
5月上旬までこの状態が続くと思うので注意のこと。

今回の場合、帰りに"祭の湯”へも寄ったので、秩父漫遊きっぷ(池袋発:2,190円)を利用した方が少しお得だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
1時間35分
合計
6時間47分
S吾野駅07:0907:40前坂07:4408:15板谷の頭08:52スルギ08:5409:11子の権現駐車場09:1309:22子ノ権現09:4610:20天目指峠10:2310:44中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)11:03高畑山11:0611:34古御岳12:1112:28伊豆ヶ岳12:4813:00五輪山13:36伊豆ヶ岳登山口13:56正丸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前坂〜子ノ権現間は、"山と高原地図"では破線ルートとなっていますが、道の状態は良好。分岐には必ず何らかの標があるので、注意深く観察すれば迷う心配なし。

高畑山(695m)から見えるピークは伊豆ヶ岳ではないぞ!
それは一つ手前の古御岳(830m)だっ!
ゴールを期待して登ると山頂でガックシくるので注意。

・距離:13.735km
・沿面距離:14.342km
・累積標高(+/-):1558.260m/-1467.410m
その他周辺情報下山後に西武秩父駅へ移動。"祭の湯"(1080円)にて日帰り入浴。
https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/
ここ、宿泊もできるんですね。秩父方面の山へ登る場合、ウチからの始発のではバスに間に合わないケースがあるので便利かも。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

2週間ぶりの吾野駅。今日は暑くなりそうだ。
2018年04月21日 07:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週間ぶりの吾野駅。今日は暑くなりそうだ。
二週間ぶりの登山口(h)
2018年04月21日 07:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二週間ぶりの登山口(h)
1
30分程登って前回中断した前坂へ到着。今回は後半に向けて体力温存のために序盤からダブルストックで行きます。
2018年04月21日 07:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程登って前回中断した前坂へ到着。今回は後半に向けて体力温存のために序盤からダブルストックで行きます。
1
再び舗装路に出て、標識に従って子ノ権現方面へ。
2018年04月21日 07:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び舗装路に出て、標識に従って子ノ権現方面へ。
1
板谷の頭の手前に狭い急斜面がありますが、ロープがあるので問題なし。
2018年04月21日 08:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板谷の頭の手前に狭い急斜面がありますが、ロープがあるので問題なし。
1
板谷の頭(522m)を通過。
2018年04月21日 08:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板谷の頭(522m)を通過。
1
高反山(532m)を通過。
2018年04月21日 08:24撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高反山(532m)を通過。
1
見事なコブ。このルート記録の写真でよく見るやつだ。
2018年04月21日 08:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なコブ。このルート記録の写真でよく見るやつだ。
1
堂平山の分岐。ここは右へ。
2018年04月21日 08:29撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂平山の分岐。ここは右へ。
1
六ツ石ノ頭(530m)通過。
2018年04月21日 08:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ツ石ノ頭(530m)通過。
1
ルートから外れたピークに社が見えたので少し登ってみると、山の神様の社でした。
2018年04月21日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートから外れたピークに社が見えたので少し登ってみると、山の神様の社でした。
1
謎の短冊があちこちで見られます。
2018年04月21日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の短冊があちこちで見られます。
1
スルギの分岐。ここは右へ進んでしまいそうになりますが、左が正解。
2018年04月21日 08:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルギの分岐。ここは右へ進んでしまいそうになりますが、左が正解。
1
子ノ権現への道路に出ます。暑い〜(h)
2018年04月21日 09:11撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ権現への道路に出ます。暑い〜(h)
1
子ノ権現へ到着。
2018年04月21日 09:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ権現へ到着。
1
自販機ポイント。
2018年04月21日 09:16撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自販機ポイント。
1
本堂の前にはまだ桜が咲いていました。
2018年04月21日 09:21撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂の前にはまだ桜が咲いていました。
1
有名な巨大わらじは金属製だった。
2018年04月21日 09:21撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な巨大わらじは金属製だった。
1
奥の院の展望所にも登ってみましたが、スカイツリーは見えず。ここでしばらく休憩。
2018年04月21日 09:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院の展望所にも登ってみましたが、スカイツリーは見えず。ここでしばらく休憩。
1
社務所の横に伊豆ヶ岳方面へ向かう通路あり。
2018年04月21日 09:44撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社務所の横に伊豆ヶ岳方面へ向かう通路あり。
1
謎の手のオブジェが見えたので、近くまで行ってみた。
2018年04月21日 09:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の手のオブジェが見えたので、近くまで行ってみた。
1
天目指峠へ下りますが、いくつかピークがあります。
2018年04月21日 09:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠へ下りますが、いくつかピークがあります。
1
天目指峠の休憩所を通過。
2018年04月21日 10:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠の休憩所を通過。
2
いよいよ伊豆ヶ岳を目指して後半戦。この辺りからすれ違う登山者が増えてきました。
2018年04月21日 10:20撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ伊豆ヶ岳を目指して後半戦。この辺りからすれ違う登山者が増えてきました。
1
見通しの良い尾根筋はちょと暑い。
2018年04月21日 10:53撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見通しの良い尾根筋はちょと暑い。
1
高畑山(695m)を通過。
2018年04月21日 11:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山(695m)を通過。
1
あれが目指す伊豆ヶ岳か〜と、この時は思っていた。
2018年04月21日 11:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが目指す伊豆ヶ岳か〜と、この時は思っていた。
1
本日一番の急斜面を登る。
2018年04月21日 11:29撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番の急斜面を登る。
1
山頂に着いたと思ったら、前を歩いていた同行者がガックシしてるような?
2018年04月21日 11:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着いたと思ったら、前を歩いていた同行者がガックシしてるような?
1
古御岳(830m)・・・すっかり忘れてた。久々に偽ピークにやられた気分。
2018年04月21日 11:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳(830m)・・・すっかり忘れてた。久々に偽ピークにやられた気分。
2
気を取り直してここでお昼ご飯。今回はアルファ米雑炊をチョイスしてみましたが、疲れで胃腸が弱ってやっぱり厳しかった。
2018年04月21日 11:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直してここでお昼ご飯。今回はアルファ米雑炊をチョイスしてみましたが、疲れで胃腸が弱ってやっぱり厳しかった。
2
狭い山頂ですが、木陰にベンチ、そよ風に山桜の花びらが舞って休憩には丁度よかった。
2018年04月21日 11:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い山頂ですが、木陰にベンチ、そよ風に山桜の花びらが舞って休憩には丁度よかった。
2
気を取り直して最後の登り返し。
2018年04月21日 12:12撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して最後の登り返し。
1
ようやく伊豆ヶ岳(851m)へ到着。
2018年04月21日 12:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく伊豆ヶ岳(851m)へ到着。
3
こちらの山頂は広いですが、休憩できそうな木陰が少なく、人も多いのでなんだか落ち着かなかった。
2018年04月21日 12:30撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの山頂は広いですが、休憩できそうな木陰が少なく、人も多いのでなんだか落ち着かなかった。
1
伊豆ヶ岳からの眺め。空気は西武ドームがうっすら見える程度のコンディションでした(h)
2018年04月21日 12:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳からの眺め。空気は西武ドームがうっすら見える程度のコンディションでした(h)
3
正丸駅へ向かって下山開始。女坂を経由しますがこちらも結構急斜面。
2018年04月21日 12:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅へ向かって下山開始。女坂を経由しますがこちらも結構急斜面。
1
男坂女坂の分岐から鎖場が見えたでの近くまで行ってみた。上はどうなっているか分からないけど、なんとなく登れそう。
2018年04月21日 12:56撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂女坂の分岐から鎖場が見えたでの近くまで行ってみた。上はどうなっているか分からないけど、なんとなく登れそう。
1
五輪山(770m)通過。山頂より落ち着いた雰囲気。
2018年04月21日 12:59撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山(770m)通過。山頂より落ち着いた雰囲気。
2
大蔵山の分岐から正丸駅方面へ下る。
2018年04月21日 13:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵山の分岐から正丸駅方面へ下る。
1
かめ岩を通過。
2018年04月21日 13:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かめ岩を通過。
2
ふたご岩を通過。
2018年04月21日 13:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたご岩を通過。
1
今回唯一の水場。飲めなさそうだけど顔を洗ってサッパリ。
2018年04月21日 13:26撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回唯一の水場。飲めなさそうだけど顔を洗ってサッパリ。
1
伊豆ヶ岳登山口に到着。
2018年04月21日 13:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳登山口に到着。
2
休憩所は営業中。色々な種類の果実酒が漬けてありました。
2018年04月21日 13:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所は営業中。色々な種類の果実酒が漬けてありました。
1
途中、川に落ちた車の引き上げをやっていました(h)
2018年04月21日 13:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、川に落ちた車の引き上げをやっていました(h)
2
ようやく正丸駅へ到着。かなりキツいコースを予想していましたが、意外となんとかなった。
2018年04月21日 13:56撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく正丸駅へ到着。かなりキツいコースを予想していましたが、意外となんとかなった。
2

感想/記録

先々週、飯能駅から天覚山を経由して吾野駅まで歩いたので、今回はその続きということで吾野駅から伊豆ヶ岳を経由し、正丸駅へ歩いてみた。

久々の快晴で気温も高かったですが、そよ風が心地よく吹いてハイキング日和。
胃腸の調子があまり良くなかったですが、前半から体力をセーブしながら歩いたので、バテずにゴールまで辿り着けました。

飯能駅から一日で正丸駅まで歩けるのが理想ですが、ちょっとまだ厳しい感じ。
Part3 で武甲山経由で秩父へ抜けたいのですが、ルート取りで悩みます。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ