また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1445308 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 地獄棚沢(沢登り講習)

日程 2018年04月30日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー3人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
◆マウントファーム登山学校
 http://mt-farm.info/

◆地獄棚沢
  中川川水系大滝沢の支流。出合から大滝沢上流には地獄棚(2段50m)と
  壮大さを分かち合う雨棚(あまんたな50m)もあり双方とも優劣つけがたい
  存在。
  地獄棚沢は出合からいきなり50mの地獄棚から始まり、その上流から二俣まで
  の区間にも10〜20mの滝が連続し、この沢の核心部を形成している。
  二俣から上流は右俣も左俣も小滝のみで小振りなナメが連続する平穏な沢となる。
  遡行グレード 2級〜2級上(※丹沢では中級者以上向き)

.▲廛蹇璽舛和臑豢兇ら東海自然道を歩き、大滝沢とマスキ嵐沢の二俣へ下りて
 左の大滝沢を歩く。途中の堰堤は右端から残置トラロープ沿いに巻き越える。
 少し進むと沢は右へ曲がりナメを適当に登れば、正面左側に2段50mの巨大な
 地獄棚が現れる。
 以前は東海自然道を一軒家避難小屋方面に進み尾根を下りてアプローチしたもの
 だが、尾根末端は急なザレになっているので前述の方が楽。

地獄棚は触ればわかるが結構ヌメリがある。下段は右壁、上段は左壁を直登した
 果敢なパーティもいらっしゃったようだが、一般的には巻く。
 ただこの高巻きも特に下記右巻きは急峻な木登り状態で悪い。

 【右巻き】 大滝沢側のナメ滝を一段上がり、地獄棚下段上部のテラスに向け左上
 トラバース。うまく木のラインを辿るが、ザレていたり浮石もあったりだ。
 テラスに立てば残置ロープが張ってある。
 その更に右奥から弱点を木頼りに登る。ランニングは木にスリングで取りながら
 だが、途中足元がザレていたり、木がランナウトしている箇所もある。
 落ち口へ向かい左上するライン取りもあるが、落ち口へ出る箇所が高度感があり
 怖い。またはさらに上を目指しクラックの走った岩を越えて、落ち口より15m
 ほど上部のビレイポイントとする。ロープは屈曲するので流れは悪い。50mロープ
 は必要で、一人登るのにも時間がかかる。FIXしてのユマーリング登攀は止めた
 方がよい。その後、落ち口より少し上流側に行き懸垂下降して沢に戻る。

 【左巻き】 地獄棚を眺めたら30mほどナメ落ち口まで下流へ戻り、地獄棚沢
 右岸尾根を登る。痩せた箇所を過ぎ少しで落ち葉に埋まりがちの薄く古い作業径路
 がジグザグと現れる。右に危険を知らせるトラロープ箇所を2ヶ所越えると、
 750〜760m辺りで右に山腹を進む細い踏み跡が出てくる。下は急で慎重に踏み跡
 をトラバースし、先の方に水の流れる地獄棚沢の支流が見えたら、右の尾根を木
 伝いに下っていく。踏み跡などはなくやや急な尾根だが、地獄棚の30m程度上流で
 沢にクライムダウン可能。

すぐの5×8m滝は右を登る。
 次の10m滝は流芯。左壁は中間部まで年中ヌメっている。右壁も要タワシ。
 右が乾いた壁になった10m滝は右壁を登るが、スローパー状の花崗岩なので
 慎重に。
 3つの小滝を容易に越え、3段2条20m滝は右の流芯から上段は左脇を登る。
 春など時期によって、これらの滝はかなり苔のヌメリがあるので、亀の子タワシ
 必携だ。

ぐ幣紊力∂討魃曚擦个垢阿790m二俣となる。水量比は3:2。
 左俣は屏風岩山方面に端を発し、右俣は登山道分岐のある大滝峠上近くに詰める。
 両俣とも下流核心部ほど大きな滝もなく、小振りなナメが断続する比較的平穏な
 渓相となる。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

緑眩しい登山道を行く
2018年04月30日 09:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑眩しい登山道を行く
大滝沢とマスキ嵐沢の二俣へ下降
2018年04月30日 09:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢とマスキ嵐沢の二俣へ下降
大滝沢を歩く
2018年04月30日 09:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢を歩く
堰堤は右コーナー越え
2018年04月30日 10:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は右コーナー越え
見えてきた名瀑「地獄棚」
2018年04月30日 10:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた名瀑「地獄棚」
落差は50m近くある
2018年04月30日 10:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落差は50m近くある
以前来たときは右手のナメ上から中間テラスへ左上した
2018年04月30日 10:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前来たときは右手のナメ上から中間テラスへ左上した
今回は右岸巻き
2018年04月30日 10:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は右岸巻き
地獄棚落ち口より30m上流へ下りる
2018年04月30日 11:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚落ち口より30m上流へ下りる
この滝は通常流芯を登るのだがヌメリ多大。
右壁登ったがこちらも亀の子タワシですべて苔落とし。
前回より俄然グレードアップ。
2018年04月30日 11:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は通常流芯を登るのだがヌメリ多大。
右壁登ったがこちらも亀の子タワシですべて苔落とし。
前回より俄然グレードアップ。
2条3段20m
下段は右、中間でトラバースし左を登る
2018年04月30日 13:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条3段20m
下段は右、中間でトラバースし左を登る
ヌメリ多大
2018年04月30日 13:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメリ多大
左俣へ入り少しで左から合わさる2段10m滝
2018年04月30日 13:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣へ入り少しで左から合わさる2段10m滝
簡単な滝が続く
2018年04月30日 14:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単な滝が続く
皆で行動判断を主体性持って話し合ってもらった
2018年04月30日 14:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆で行動判断を主体性持って話し合ってもらった
1
左岸尾根へ
2018年04月30日 14:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根へ
地獄棚沢中間部周回径路が横切る
2018年04月30日 15:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚沢中間部周回径路が横切る
さらに尾根を下降すると馬酔木の群生が尾根上に沢山ある
2018年04月30日 15:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根を下降すると馬酔木の群生が尾根上に沢山ある
これ、きれい!
2018年04月30日 16:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、きれい!
開く前も触ってみると気持ちよい
2018年04月30日 16:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開く前も触ってみると気持ちよい
登山道対岸を下りる
2018年04月30日 16:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道対岸を下りる

感想/記録
by kamog

西丹沢の名渓「地獄棚沢」で沢登り講習でした。
いやはや季節柄の苔ヌメリがあり、滝登りはほとんどのスタンスを亀の子タワシ磨き。
これだけでワンランクグレードアップ。
皆さんには行動判断や地図読みなど主体的にやっていただきました。
帰りは山北駅さくらの湯で苔落とし^^
訪問者数:252人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/25
投稿数: 20
2018/5/14 14:04
 講習日記_M木
時間が経ってしまい記憶が薄れる中の記録です。間違っていたら申し訳ありません!再訪できるよう精進します。https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1464365.html
登録日: 2005/11/15
投稿数: 525
2018/5/16 19:24
 Re: 講習日記_M木
お疲れ様でした。
ひとつの山行が終わって記録をリマインドしてこそ
その山行が完結しますので大切なことだと思います。
これからも記録を付け、その山(沢)を自分のものにしちゃってください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ