また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1465997 全員に公開 ハイキング中国山地西部

気合いの丸子頭〜十方山〜恐羅漢山

日程 2018年05月16日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
広島市内は27.2℃を記録しましたが、お山は曇りでしのぎやすい天気でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
二軒茶屋の駐車場
自動車は牛小屋の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道迷いの心配はありません。
危険箇所もありません。
おおむねよく整備されています。
その他周辺情報湯来温泉570円也
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

写真

二軒小屋駐車場。
誰もいません。帰りには高級車1台。
2018年05月16日 09:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋駐車場。
誰もいません。帰りには高級車1台。
1
藤本新道取り付き。
2018年05月16日 09:17撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤本新道取り付き。
1
丸子頭。冬は北側が少し見えたのに、
2018年05月16日 10:21撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸子頭。冬は北側が少し見えたのに、
1
今は、葉っぱで眺望なし。
2018年05月16日 10:22撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は、葉っぱで眺望なし。
3/7はこんなに見えたのにね。
2018年03月07日 13:44撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3/7はこんなに見えたのにね。
2
冬は無音でしたが。
がさがさ!
まさか?
「ガオー、ガオー」
吠えるしかないでしょ!
シーン。
「今日はこれぐらいで勘弁したろ」
ドキドキドキドキ
2018年05月16日 10:47撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は無音でしたが。
がさがさ!
まさか?
「ガオー、ガオー」
吠えるしかないでしょ!
シーン。
「今日はこれぐらいで勘弁したろ」
ドキドキドキドキ
6
前三つ倉
2018年05月16日 10:53撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三つ倉
1
雪の前三つ倉から奥三つ倉は、稜線が広い雪原で、所々眺望もありました。今は眺望ゼロ(>_<)
2018年05月16日 11:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の前三つ倉から奥三つ倉は、稜線が広い雪原で、所々眺望もありました。今は眺望ゼロ(>_<)
3
奥三つ倉
2018年05月16日 11:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥三つ倉
1
沢から登るこのはしご。パーフェクト!作った人をリスペクト。
2018年05月16日 11:23撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から登るこのはしご。パーフェクト!作った人をリスペクト。
4
力強い根っこ。
2018年05月16日 11:25撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
力強い根っこ。
2
十方山。
以下山頂から。
2018年05月16日 11:32撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十方山。
以下山頂から。
2
冠山山系。やっぱり迫力ある。
2018年05月16日 11:45撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠山山系。やっぱり迫力ある。
2
恐羅漢山が左にかすかに
2018年05月16日 11:45撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐羅漢山が左にかすかに
1
折れていても、力が満ちあふれている。それにしても景色が違う!
雪の十方山はもっと周りがよく見えた。
2018年05月16日 11:57撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折れていても、力が満ちあふれている。それにしても景色が違う!
雪の十方山はもっと周りがよく見えた。
3
山頂台地からの下り。
こんなにうっそうとしていたのか!
2018年05月16日 12:00撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂台地からの下り。
こんなにうっそうとしていたのか!
振り返って
2018年05月16日 12:06撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
1
3/7
まばらな木々
2018年03月07日 11:26撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3/7
まばらな木々
植林地帯に入ると、ゴツゴツした石や岩がゴロゴロ。
雪がある時は、歩きやすかったなぁ!
2018年05月16日 12:21撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地帯に入ると、ゴツゴツした石や岩がゴロゴロ。
雪がある時は、歩きやすかったなぁ!
1
登山道が崩落。
唯一の危険地帯と言えなくもない。
2018年05月16日 12:37撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が崩落。
唯一の危険地帯と言えなくもない。
1
ギンリョウソウ
2018年05月16日 12:41撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
4
二軒小屋には降りないぞ!
さぁ!旧羅漢だ!
2018年05月16日 12:47撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒小屋には降りないぞ!
さぁ!旧羅漢だ!
1
水越峠登山口
2018年05月16日 12:58撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠登山口
真新しいトラロープが何ヵ所も。
助かりました。
2018年05月16日 13:06撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しいトラロープが何ヵ所も。
助かりました。
1
トラロープを放したとたんにずるっと。視線の先に。
この登りギンリョウソウがいっぱい。
2018年05月16日 13:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープを放したとたんにずるっと。視線の先に。
この登りギンリョウソウがいっぱい。
ヘロヘロだけど、
木が申しております。
しっかりせぇ!
2018年05月16日 13:14撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロだけど、
木が申しております。
しっかりせぇ!
4
それにしても雪がないと景色がこうも違うものか!
この辺りほとんど雪の下で、目の前の巨岩の裏にある尖った巨岩が丸見えだったのに。
2018年05月16日 13:52撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても雪がないと景色がこうも違うものか!
この辺りほとんど雪の下で、目の前の巨岩の裏にある尖った巨岩が丸見えだったのに。
2
ほらね。2/14の写真
2018年02月14日 12:37撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほらね。2/14の写真
5
恐羅漢山がかすかに見えました。
2018年05月16日 14:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐羅漢山がかすかに見えました。
それにしてもこういう木が多い。
成長の記録が知りたいですね。
今まさにこういう風に成長途上の木を見つければいいんだ!
2018年05月16日 14:22撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもこういう木が多い。
成長の記録が知りたいですね。
今まさにこういう風に成長途上の木を見つければいいんだ!
1
恐羅漢山。山頂標識が高い!2m50cmだもんな。
2018年05月16日 14:30撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐羅漢山。山頂標識が高い!2m50cmだもんな。
4
恐羅漢山山頂より。
丸子頭〜十方山
2018年05月16日 14:32撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐羅漢山山頂より。
丸子頭〜十方山
1
立山ルート分岐。新しい標識が下にあります。わかるでしょうか?
2018年05月16日 14:49撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山ルート分岐。新しい標識が下にあります。わかるでしょうか?
1
立山ルートは、すぐにゲレンデかと思いきや!
結構険しい道が続きます。
2018年05月16日 14:55撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山ルートは、すぐにゲレンデかと思いきや!
結構険しい道が続きます。
1
見えた!
もうすぐだ!
2018年05月16日 15:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた!
もうすぐだ!
2
この階段。
木陰で上半身は涼しい!
下半身は、後ろから押せ押せ。
勝手に足が…笑い転げながら進んで行く⤵⤵
2018年05月16日 15:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段。
木陰で上半身は涼しい!
下半身は、後ろから押せ押せ。
勝手に足が…笑い転げながら進んで行く⤵⤵
1
ピンボケですが、この辺りチゴユリがいっぱい。
2018年05月16日 15:15撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケですが、この辺りチゴユリがいっぱい。
そして、今日二匹目のまむし。
スマホの画面越しだとどこにいるのかさっぱり。
めくらシャッター。
2018年05月16日 15:16撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、今日二匹目のまむし。
スマホの画面越しだとどこにいるのかさっぱり。
めくらシャッター。
2
あと100mほどでゲレンデ終了。
アザミを撮した後にスッテンコロリン。トホホホホ。
立山ルートは、登りも下りも相当きついですよ!
2018年05月16日 15:19撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと100mほどでゲレンデ終了。
アザミを撮した後にスッテンコロリン。トホホホホ。
立山ルートは、登りも下りも相当きついですよ!
2
「親ビ〜ン!」
「ウッソー!来てくれたんだ!」
「どうせヘロヘロでしょ?」
「はひはと(ありがとう)。助かったよ」

2018年05月16日 15:27撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「親ビ〜ン!」
「ウッソー!来てくれたんだ!」
「どうせヘロヘロでしょ?」
「はひはと(ありがとう)。助かったよ」

6

感想/記録

今日は気合い入りまくりの山行。
私にとっては、果たして予定通り行けるか?大きなチャレンジでした。

藤本新道から丸子頭を経て十方山周回は、3月7日のほぼ逆コース。
さらに今回は、シシヶ谷へ降りてからの恐羅漢山への登り返し。まず、シシヶ谷でギブアップしないこと。
そして、急登のあとは立山ルートからのゲレンデ下り。これも相当きついだろうなと予想していました。
シシヶ谷から二軒小屋には絶対下らない!
二軒小屋駐車場からそのことだけを考えて登り始めました。
結果的には、やりきることができ、また一つ自信になり、素晴らしい山行になりました。

曇り空でしたが、ヤマガラがのんびりとさえずり、ホトトギスと思しきつがいが道案内してくれたり、ウグイスにシジュウカラ、ツツドリ、その他大勢が歓迎してくれました。

しかし、積雪期と景色がこうも違うものかとびっくりでした。
冠山松ノ木峠ルートは積雪期と無雪期との景色があまり変わらなかった印象ですが、今回はコースの8割り方、こんなに景色が違うの?って感じでした。なので、景色からおよその現在地をつかむことができませんでした。

冬との違い、もう一つ。ハエ。虫除けスプレーも効かないですね。ハエがずっと付きっきり(笑)
from 登山口 to 登山口でした。
このハエは最初から最後まで同じ連中だったのか?テリトリーがあって、テリトリーごとに入れ替わっていたのか?それとも「やべっ!調子に乗って遠くまで来すぎた、帰ろ」てな感じでランダムに入れ替わっていたのか?どなたか、このなぞを解き明かして頂けないでしょうか(笑)

先日の寂地峡から寂地山、冠山の縦走より距離は短かったものの、疲れ方は半端なし。
旧羅漢山への登り後半は、足取りが一気に重くなって、山頂でぐったり。
立山ルートの下りで、足がもつれ始めて、最後の最後にズッコケて、ズボンが泥んこ。落ちまでついてお後がよろしいようで。
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/11
投稿数: 219
2018/5/17 22:59
 吠えるしかないでしょ!
smokeさんこんばんは!
十方山から恐羅漢周回は私も計画していたコースなので大変参考になりました!
山中で吠えられた相手の方もさぞ恐ろしかったことでしょう(≧▽≦)
それなりの山なので覚悟していかなければなりませんが対処法、大変参考になりました!

つきまとうハエ達ですが振り払おうと50m位ダッシュで走り抜けやったーと喜びゼイゼイしていると間もなくたかられていますが全員元のメンバーなのでしょうか!
全員に番号とタグを付け走った後全員の点呼をとりどこまでついて来れるか、誰が脱落し誰が新規加入したのかを明確にしてまいりますw
登録日: 2017/11/18
投稿数: 24
2018/5/18 0:09
 Re: 吠えるしかないでしょ!
なるほど!
点呼だけじゃあ、誰が誰かわかりませんもんね。でも、よっぽど軽いタグでないと、飛べなくなるんで、タグの素材はかなり重要ですね。
調査結果は、「山行においてつきまとうハエの行動範囲についての一考察」と題して学会に殴り込みですか?

いつも楽しいコメントありがとうございます。limitedさんの十方山〜恐羅漢山周回のレコ、楽しみにしております。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ