また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1527088 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

大戸岳(福島県会津若松市)〜山開き前に〜

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候うす曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
25分
合計
4時間38分
Sスタート地点04:5707:23大戸岳07:4809:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩はこまめにしていますので、表示時間よりも多いです。
【標高400m 大宮神社発】04:57
【標高490m 闇川登山口】05:15
【標高970m 北尾根乗り越し(清水300標識)】06:14
【標高1060m 中ツ手清水】06:27
【標高1250m 主稜線】07:04
【標高1415.9m 大戸岳山頂】07:23〜07:48
【標高1250m 主稜線】08:02
【標高1060m 中ツ手清水】08:22〜08:27
【標高970m 北尾根乗り越し(清水300標識)】08:36
【標高490m 闇川登山口】09:14〜09:18
【標高400m 大宮神社着】09:35
コース状況/
危険箇所等
コースは明瞭です。ありがとうございます。
ルート図はGPSをもとにしての手書きです。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

二本ぶな(仮称)で休憩しました。
北尾根を乗り越してトラバースになるまではとても立派な登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本ぶな(仮称)で休憩しました。
北尾根を乗り越してトラバースになるまではとても立派な登山道です。
1
標高970mで北尾根を乗り越します。ここに清水300の標識があります。ここを過ぎて北尾根の西側(向かって右)を進むようになると、トラバースと登りのくり返しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高970mで北尾根を乗り越します。ここに清水300の標識があります。ここを過ぎて北尾根の西側(向かって右)を進むようになると、トラバースと登りのくり返しです。
中ツ手清水です。GPSでは標高1060m付近のようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ツ手清水です。GPSでは標高1060m付近のようでした。
1
小沢の源頭のような箇所には森の主的な太ぶながあることが多いです。これは登山道向かって左(斜面上部側)にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢の源頭のような箇所には森の主的な太ぶながあることが多いです。これは登山道向かって左(斜面上部側)にありました。
これは登山道向かって右(斜面下部側)にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは登山道向かって右(斜面下部側)にありました。
ここが風の三郎でしょうか。トラロープもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが風の三郎でしょうか。トラロープもありました。
1
風の三郎の上にある祠です。遠景向かって左の一番高いコブが大戸岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の三郎の上にある祠です。遠景向かって左の一番高いコブが大戸岳山頂です。
1
大戸岳山頂です。葉のあるこの時期の眺めは北〜東〜南に限られています。スッキリというわけにはいきませんでしたが、よく見えました。中央右に三角点があります(赤い鈴を置いてあります)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大戸岳山頂です。葉のあるこの時期の眺めは北〜東〜南に限られています。スッキリというわけにはいきませんでしたが、よく見えました。中央右に三角点があります(赤い鈴を置いてあります)。
2
山頂には一等三角点の点名・大戸山があります。山の名前は大戸岳なのに三角点名は大戸山、しかも大戸岳の北北西には△1273.6m大戸山がありこちらの三等三角点の点名は小荒俣です。ややこしいです。遠景は左に尖った磐梯山、その奥に吾妻連峰(左)と安達太良山(中央右)、手前に霞んで見にくいですが猪苗代湖です。左手前に三角点(いつもの赤鈴あり)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には一等三角点の点名・大戸山があります。山の名前は大戸岳なのに三角点名は大戸山、しかも大戸岳の北北西には△1273.6m大戸山がありこちらの三等三角点の点名は小荒俣です。ややこしいです。遠景は左に尖った磐梯山、その奥に吾妻連峰(左)と安達太良山(中央右)、手前に霞んで見にくいですが猪苗代湖です。左手前に三角点(いつもの赤鈴あり)です。
磐梯山と吾妻連峰のズームです。磐梯山の左は西大癲、右は西吾妻、中央は東大癲付近?、右は東吾妻、右縁は高山と思いますがどうでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山と吾妻連峰のズームです。磐梯山の左は西大癲、右は西吾妻、中央は東大癲付近?、右は東吾妻、右縁は高山と思いますがどうでしょうか。
東方面です。左の尖は笠ヶ森、中央左の尖は1050mピーク、中央右は八幡山と思います。遠景中央は大滝根山です。手前に布引高原の風力発電が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面です。左の尖は笠ヶ森、中央左の尖は1050mピーク、中央右は八幡山と思います。遠景中央は大滝根山です。手前に布引高原の風力発電が見えます。
山頂下からの南方面です。中央に7/14に行って眺めのなかった二岐山、その奥左側は大白森山、右側の尖は旭岳、その奥の三本槍岳は雲に隠れています。右縁のずんぐりは流石山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下からの南方面です。中央に7/14に行って眺めのなかった二岐山、その奥左側は大白森山、右側の尖は旭岳、その奥の三本槍岳は雲に隠れています。右縁のずんぐりは流石山です。
2
主稜線を離れて左(北)に下る箇所です。この下はわずかの距離ですが藪っぽいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線を離れて左(北)に下る箇所です。この下はわずかの距離ですが藪っぽいです。

感想/記録
by komaQ

福島の山第9弾は、7/14の二岐山周回のダメージが心配でしたが、少しレベルアップして大戸岳にしました。
2018年は8/4に山開き(2017年は山開きがなかったそうです)の予定らしく、道も整備されているのではとの読みでしたが...。
結果的には、道は山頂まで明瞭でした。
●中ツ手清水へのトラバース道が始まるまでは一級の道です。
●トラバース道は片斜面のところもあって少し歩きにくいです。
●主稜線直下の最後の登りは藪っぽいです(道は明瞭です)。
●主稜線の道は明瞭ですが風の三郎以外はやや藪っぽいです。
●熊の気配は全く感じませんでした(三角点用の赤鈴ではなくより響きの良いものを鳴らしていましたので?)。糞も見かけませんでした。
●2018年の記録は見かけませんでしたが、登山口のノートではそれなりの入山者があるようでした。最近では6/14, 6/30, 7/1, 7/15の記録がありました。中には熊を見かけたとの記載もありました。
●今日はどなたにもお会いしませんでした。
●車に乗る前に全身チェックをしていたら、おへその下をダニに刺されていました。食いつかれていたので帰宅後病院で除去してもらいました。以前に膝にやられてやはり病院で除去してもらったことがあったので、長袖+長ズボン+首タオル+帽子で防御して藪っぽいところは通過したつもりでしたが...。東日本なのでSFTSは大丈夫と思いますが、2週間ほど不安です。
訪問者数:487人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ