また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560233 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

白髪山(天空の里 持倉から御僧尾根 平安時代の集団遭難の尾根)

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
持倉集落の西の鈴波橋の御僧尾根入り口から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
10分
合計
3時間10分
Sスタート地点13:1515:30白髪山15:4016:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トレランコースなのでテープが豊富。

写真

持倉集落から見た二子山、その奥に雲取山、両神山と和名倉山
2018年08月18日 13:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持倉集落から見た二子山、その奥に雲取山、両神山と和名倉山
1
持倉集落の畑は農作物がいっぱい
2018年08月18日 13:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持倉集落の畑は農作物がいっぱい
1
天空の里、持倉集落と白髪山
2018年08月18日 13:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の里、持倉集落と白髪山
3
鈴波橋と登山口
橋の下の川にはサンショウウオがいると思う。
2018年08月18日 13:26撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴波橋と登山口
橋の下の川にはサンショウウオがいると思う。
2
ここから登る。
2018年08月18日 13:26撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登る。
1
ルート上にあちこちフシグロセンノウが咲いていました。
2018年08月18日 13:30撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート上にあちこちフシグロセンノウが咲いていました。
最初は竹やぶのなか
2018年08月18日 13:30撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は竹やぶのなか
1
昔の主要道の山道
2018年08月18日 13:52撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の主要道の山道
1
倒木もちらほら
2018年08月18日 13:54撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もちらほら
ちょっとルートが狭くなる。
2018年08月18日 14:06撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとルートが狭くなる。
1
撮り方失敗、露出不足。オトギリソウのチビ
2018年08月18日 14:10撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮り方失敗、露出不足。オトギリソウのチビ
1
平安時代に75名の僧侶が集団遭難した場所。持倉のご詠歌により語り継がれている。山岳集団遭難としては記録に残る最古のもの?
2018年08月18日 14:56撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平安時代に75名の僧侶が集団遭難した場所。持倉のご詠歌により語り継がれている。山岳集団遭難としては記録に残る最古のもの?
更に登ると二重尾根。熊がでそう。
2018年08月18日 15:01撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登ると二重尾根。熊がでそう。
2
大木が道を塞ぐ。
この辺りは西に進んでいるのだが、いつも北進しているような錯覚を覚える。
2018年08月18日 15:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木が道を塞ぐ。
この辺りは西に進んでいるのだが、いつも北進しているような錯覚を覚える。
かなりクマザサが茂っている。
2018年08月18日 15:12撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりクマザサが茂っている。
1
南小太郎山分岐
2018年08月18日 15:13撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南小太郎山分岐
白髪山へと進むが
2018年08月18日 15:13撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山へと進むが
1
大木が倒れていたり,
2018年08月18日 15:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木が倒れていたり,
1
笹藪が濃かったり
2018年08月18日 15:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪が濃かったり
杖植峠分岐。右尾根に進む。
2018年08月18日 15:19撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杖植峠分岐。右尾根に進む。
もう少しで白髪山山頂。
2018年08月18日 15:29撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで白髪山山頂。
1
白髪山に到着。展望はない。
2018年08月18日 15:30撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山に到着。展望はない。
1
帰りに美味しそうなきのこ
2018年08月18日 16:09撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに美味しそうなきのこ
九十九折りの尾根道です。
2018年08月18日 16:13撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折りの尾根道です。
下山しました。
2018年08月18日 16:25撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
1
帰りの林道桜井沢線から見た叶山の牢口。削られてかなり標高が下がってきました。牢口の雄姿が見えるのも後数年かな?
2018年08月18日 16:44撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの林道桜井沢線から見た叶山の牢口。削られてかなり標高が下がってきました。牢口の雄姿が見えるのも後数年かな?
4
撮影機材:

感想/記録

・今日は涼しく(寒く?)、初めての夏の御僧尾根を辿る。トレランの神流マウンテンラン&ウォークのルート整備も兼ねて、鉈・鋤簾・鋸の重装備で登山開始。
・木の枝を除去し、邪魔な石をどけて登る。倒木は鋸でCUTするが、1人で無理そうなものは放置。後でチェンソーでCUTしてもらう。
・汗がどんどん出るが、空気が乾燥しているのでベトベトしない。整備しながらなので登りに135分かかってしまいました。
・ついでに山野草も探すが、フシグロセンノウ、オトギリソウ、ゲンノショウコ、キヌタソウ位しか見つかりませんでした。
・御僧尾根の2つの御僧様の祠は、平安時代の集団山岳遭難の場所。持倉集落の人により大切に管理されてきましたが、高齢化により管理が難しくなってきました。今回は上御僧の倒れ掛かった木を伐採予定でしたが、既に切られていてホッとした。東屋が倒れかかっていたので、つっかえ棒をしておく。あと何年持つかが心配。
・白髪山は樹林の中で展望はない。風が涼しく汗が冷たくなる。
・当然ですが、誰一人、動物と会いませんでした。
・今回はツマラナイ内容で失礼致しました。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ