また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1563775 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

八幡平から県境尾根を秋田駒ヶ岳まで

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年08月12日(日) 〜 2018年08月14日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候ほぼ快適な晴天、14日午後ガス(強風)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
盛岡−茶臼口は、バス。
国見温泉→赤渕はタクシー。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間28分
休憩
40分
合計
5時間8分
S茶臼口11:2212:30茶臼山荘12:4014:15陵雲荘14:2015:00八幡平山頂レストハウス15:2516:30陵雲荘
2日目
山行
7時間50分
休憩
1時間20分
合計
9時間10分
陵雲荘05:4505:55八幡平06:30裏岩手縦走路入口06:50畚岳分岐06:55畚岳07:0507:10畚岳分岐07:50諸桧岳08:30前諸桧09:30嶮岨森10:20大深山荘11:3012:00八瀬森分岐14:25関東森14:55八瀬森山荘
3日目
山行
8時間10分
休憩
1時間45分
合計
9時間55分
八瀬森山荘06:1007:50曲崎山09:00大沢森10:20大白森山荘11:5013:00大白森13:1514:05鶴の湯分岐14:55蟹場分岐16:05田代平山荘G
4日目
山行
6時間40分
休憩
1時間45分
合計
8時間25分
田代平山荘05:5006:30乳頭山06:4508:00笊森山08:0509:20湯森山10:15駒ヶ岳八合目小屋11:4013:00横岳14:15ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八瀬森分岐からはヤブ濃し。特に関東森周辺と、曲崎山。
その他周辺情報八幡平レストハウスの水道で補給可能。
大深山荘の水場は水量豊富。
八瀬森避難小屋の水場は、まずまずの水量。煮沸して利用。
大白森小屋の水場は細かったですが、笹の葉で採水。美味。
田代平避難小屋は水場無し。
駒ヶ岳八合目の水場は水量超超豊富。美味。
駒ヶ岳八合目売店は、8/14(火)は営業していませんでした。
国見温泉は宿泊は要予約。
日帰り入浴は、元湯石塚旅館は16時まで(受付15時まで)、森山荘は遅くまで大丈夫です。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 筆記用具 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ テントマット シェラフ
共同装備 サブザック 調理用食材 調味料 コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター コンパス ガスカートリッジ ロールペーパー 洗濯ばさみ

写真

茶臼岳山頂にて。
2018年08月11日 12:18撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳山頂にて。
稜雲荘避難小屋に宿泊して、ご来光。
2018年08月12日 04:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜雲荘避難小屋に宿泊して、ご来光。
畚岳から、遠く秋田駒を望む。
2018年08月12日 06:58撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳から、遠く秋田駒を望む。
1
畚岳からの岩手山。
2018年08月12日 06:58撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳からの岩手山。
1
大深山荘の水場。水量豊富。
2018年08月12日 11:10撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山荘の水場。水量豊富。
八瀬森分岐直後。
2018年08月12日 12:10撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀬森分岐直後。
美しい森。
2018年08月13日 07:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい森。
だいぶヤブが濃くなる。
2018年08月13日 07:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶヤブが濃くなる。
曲崎山山頂。ヤブの中。
2018年08月13日 07:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲崎山山頂。ヤブの中。
曲崎山の下りは難渋した。足で探りながらの急降下。
2018年08月13日 07:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲崎山の下りは難渋した。足で探りながらの急降下。
2
ヤブを抜けると、こんな美林。
2018年08月13日 09:38撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブを抜けると、こんな美林。
1
大白森避難小屋はとても清潔。
2018年08月13日 10:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大白森避難小屋はとても清潔。
水場は細いが、笹の葉を使うと取水できる。
2018年08月13日 11:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は細いが、笹の葉を使うと取水できる。
1
大白森手前はヤブ濃い。
2018年08月13日 12:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大白森手前はヤブ濃い。
ヤブを抜けると、極楽が待っている。
2018年08月13日 12:29撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブを抜けると、極楽が待っている。
1
天上の楽園。
2018年08月13日 12:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上の楽園。
田代平避難小屋。
2018年08月13日 16:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平避難小屋。
田代平から乳頭山を望む。
2018年08月13日 17:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平から乳頭山を望む。
田代平の夕暮れ。
2018年08月14日 05:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平の夕暮れ。
乳頭山の登り途中から、来し方を振り返る。
遠く八甲田。その手前に、天上の楽園、大白森山。
2018年08月14日 05:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山の登り途中から、来し方を振り返る。
遠く八甲田。その手前に、天上の楽園、大白森山。
笊森山からの稜線は気持ちいい。
2018年08月14日 08:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊森山からの稜線は気持ちいい。
1
駒ヶ岳八合目の水。豊富、しかも、とても美味い。
2018年08月14日 11:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳八合目の水。豊富、しかも、とても美味い。
ガスってきた。
2018年08月14日 12:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきた。
このあたりから強風。
2018年08月14日 13:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから強風。
素晴らしいお湯です。
2018年08月14日 15:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいお湯です。

感想/記録

8/11(土) 晴れ
ほんとうは南アルプス南部を大縦走の予定だったが、天気予報が悪く、結局、お天気の良さそうな裏岩手へやってきた。去年、トムラウシへ行ったときに、忠別岳避難小屋であった方が、「おすすめ」と言っていたのがアタマに残っていた。
初日は、遅立ちで、ゆったり。
八幡平稜雲荘には、天体撮影のご夫婦と、車で来て今夜泊まっていくという単独の方と、我々の5名。夜中は満天の星空と、ペルセウス座流星群を楽しみ、翌日はご来光を慈しむ。
八幡平レストハウスに、ビール自販機あり(B1F)。

8/12(日) 晴れ
八幡平レストハウスの水道で補給(助かった)。大深山荘で大休止&水分補給。
大深山荘の水場は、お花畑の真ん中で、水量も豊富。この山荘の停滞は楽しそうだな。混まなければ、という条件付きだけれど。
八瀬森分岐からは、いきなりかなりのヤブ。思わず失笑。ただ、しばらくヤブを漕ぐと、湿原や美林が現れる。もちろん人影少なく、この日、八瀬森分岐から、八瀬森小屋までに出会ったのは、単独行の方と、沢登りの3人パーティのみ。
ヤブは、関東森周辺がいちばん厄介だった。
八瀬森山荘の水場は、少し採水環境が良くなく、小屋設置のバケツで汲み、上澄みを念のため煮沸して使用。
クマ注意扉閉めよ、との警告があったので、仕方なく、ツルハシで突っかい棒をして寝る。
この夜、八瀬森山荘利用は我々のみ。

8/13(月) 晴れ
朝、カリカリ言う音は何かと思ったら、ヤマネ?モモンガ?
いきなり曲崎山の周辺のヤブ濃し。登りはともかく、下りに難渋。足で探りつつ、苦労して下る。
その後、美林の中を調子よく歩いていて、まもなく大白森山荘、というところで、クマに遭遇。20mほど先にいて、一瞬目があったが、あちらが飛んで逃げていった。
気持ちいい道だったので、走っていたら出会い頭で危なかったかも。
大白森山荘は小振りだが、清潔で気持ちいい小屋。可能なら長逗留したい。クマ怖いけど。
あまりの気持ちよさに大休止してしまった。水場は細いが、笹の葉で採水可能。キレイで美味い水。
大白森山までの登りが、厄介なヤブ。だが、そこを抜ければ、天上の楽園、大白森山。最高の景色の中、ひとっこひとり居ないという悦楽。
遠く八幡平を振り返って、「バカだね〜」と言いながら、ご満悦。ま、バカやりに来てるわけなんで。
鶴の湯分岐以降は、起伏をほぼすべて拾っていく辛い道。右に乳頭温泉郷があると思うと、さらにツラい。
急登の末に辿り着いた田代平は、これまた美しい湿原。ここにも、誰も居らず。
結局、今日は、ヒトには誰にも会わなかった。
田代平避難小屋も、結局独占。誰も来ない。
だんだん人恋しくなってくるのが不思議。

8/14(火) 晴れ→ガス(強風)
乳頭山へひと登り。今日もよい天気で、360度の展望を楽しむ。
笊森山への三段上りも、あっという間。
ここから秋田駒ヶ岳への稜線が気持ちよし。
しかし、湯森山へ辿り着くあたりから、ガスってきて、秋田駒(男女岳)が見えなくなってくる。うーん。最後はダメだったか。
八合目で昼食。豊富な水で助かるが、売店休みは想定外だった。
秋田駒はずっとガス。男女岳に登る気はせず、そのまま横岳へ。
大焼砂では、雨交じりの10〜15mほどの強風に煽られる。これもまた楽し。風に耐えて咲くコマクサがいじらしい。
樹林帯に入ると、嘘のように風の影響が無くなり、荷も軽くなったこともあり、時折走りも交えての快調下り。横尾根分岐は思ったより遠かったが、そこからはひと下りで国見温泉。
噂のエメラルドグリーンの湯、最高。
タクシーで赤渕駅まで。赤渕駅では偶然、こまちのすれ違いを見ることができ、これまたラッキー。

なんのかんの、60km弱の長旅でしたが、実に楽しい旅でした。
相方は、「ヤブさえ無ければね」と言っていますが、ヤブがあるから、これだけ静かなんだ、とも思います。
ロングトレイル好きな方。お奨めです。
ルートファインディング、というほどの技術は不要です。ヤブ濃いですが、道はほぼ見えています。
水とビールをたっぷり背負って、どうぞ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:832人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ