また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1637673 全員に公開 ハイキング 大台ケ原・大杉谷・高見山

NTRCさんに感謝、橡山林道からのコブシ(マブシ)嶺

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年11月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
橡山林道は最初の3/4は舗装、最後の1/4は未舗装路。落石が多数あり、車高の低い車は底スリ、全ての車はタイヤバーストに注意。ゲート前の広場には5-6台駐車可能。本日は好天の予報にもかかわらずここからの登山者は私達だけ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
2時間13分
合計
8時間31分
S栃山林道ゲート06:4707:21地蔵峠07:2607:50栃山林道と古和谷分岐07:5407:58又口辻08:31神明水08:3208:51新木組峠08:5709:44木組峠09:4710:03一本木10:0410:52コブシ嶺12:4313:19一本木13:35木組峠13:3714:50地蔵峠15:18栃山林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今日の全てのコースは、NTRCさんの尾鷲道整備の御尽力で細かなテープの表示、多くの尾鷲道の標識、分岐部には道標の設置がありマイナールーにしては非常に整備されていることに感謝します。こんなにいい山なのに登山者が少ないことが不思議です。

往路
*ゲート前広場(駐車地)〜地蔵峠登山口
 非常に広い路面の平坦なゆるい傾斜の林道が続く。
 ウォームアップによい。
*地蔵峠登山口〜又口辻
 登山口すぐに短い急登があるが、直ぐに平坦な尾根道に出る。
 倒木が時折見られるが、通過に問題なし。
*又口辻〜新木組辻
 尾根の北側の斜面をトラバースする道。足場が細く、谷側に
 傾斜しているのでやや歩きにくい。途中に神明水の表示が
 あるが・・・。
*新木組峠〜コブシ嶺
 新木組峠で尾根線上のルート(竜辻・中ノ嶺登山道)と合流。
 しばらく尾根線上を行き、木組辻より西に下った後、尾根の
 西側をトラバースする。途中から広い尾根線上の道となり
 コブシ嶺の手前は急登となる。

帰路(コブシ嶺〜木組峠までは往路のリバース)
*木組峠〜腰森谷登山口(橡山林道終点)
 木組峠から光山方向に尾根線上を進むと腰森谷登山口に下る
 分岐が現れるので右に下っていく。200m程下ったところで
 ルートが左に曲がる地点があるのだが、NTRCの標識が地面
 より抜け落ちていて分かりにくい。曲がった先しばらく
 テープが現れず注意が必要。その先、尾根線上のロープ場の
 ある道を激下りして高度を急激に下げ、水の流れる沢に当た
 ったところで沢沿いに進み、腰森谷登山口に出る。
*腰森谷登山口〜地蔵峠登山口
 広い路面が非常に綺麗に整備された橡山林道を終点から進むと
 地蔵峠登山口に出る。ここから駐車地のゲート前まで往路と
 同じ道を通る。
過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 コンロ ヤカン

Myアイテム  

nagsky 重量:-kg

写真

ゲート前駐車地
2018年11月03日 06:39撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート前駐車地
1
橡山林道脇の紅葉
2018年11月03日 06:53撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橡山林道脇の紅葉
4
路面が綺麗、紅葉は朝日で赤みを増している
2018年11月03日 07:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面が綺麗、紅葉は朝日で赤みを増している
ウォームアップしながら進む。往路では林道歩きも嫌ではない。
2018年11月03日 07:21撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウォームアップしながら進む。往路では林道歩きも嫌ではない。
地蔵峠登山口。行かなかったが手前の林道沿いに突き出た岩に「地蔵→」の標識があったので名前の由来?
ここから尾根に登るまで短い急登。
2018年11月03日 07:22撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠登山口。行かなかったが手前の林道沿いに突き出た岩に「地蔵→」の標識があったので名前の由来?
ここから尾根に登るまで短い急登。
今日は表示にあるオレンジのルートを往路に使い、帰路には赤のエスケープルートを使う予定。テープが色分けされていて分かりやすい。NTRCさんありがとう。
2018年11月03日 07:23撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は表示にあるオレンジのルートを往路に使い、帰路には赤のエスケープルートを使う予定。テープが色分けされていて分かりやすい。NTRCさんありがとう。
4
尾根上の道、傾斜がゆるく足が軽く進む。ヒメシャラが自然林だ。
2018年11月03日 07:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の道、傾斜がゆるく足が軽く進む。ヒメシャラが自然林だ。
こんな色のテープが、これでもかというほどあるので迷わない。
2018年11月03日 07:44撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな色のテープが、これでもかというほどあるので迷わない。
栃山林道と古和谷分岐。
2018年11月03日 07:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃山林道と古和谷分岐。
朝日が熊野灘に反射して幻想的。思わず何度もシャッターを切った。
2018年11月03日 07:53撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が熊野灘に反射して幻想的。思わず何度もシャッターを切った。
7
又辻口分岐、ここはオレンジテープの神明水方向のトラバース道へ。
2018年11月03日 07:57撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又辻口分岐、ここはオレンジテープの神明水方向のトラバース道へ。
NTRC謹製の木橋
2018年11月03日 08:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTRC謹製の木橋
3
トラバース道
2018年11月03日 08:03撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道
崩落地をロープを使用して渡る。ここは足元が危うい。
2018年11月03日 08:08撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地をロープを使用して渡る。ここは足元が危うい。
1
今まで曇っていたが青空がやっと現れた。
2018年11月03日 08:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで曇っていたが青空がやっと現れた。
1
NTRCのガイドロープの品質表示、意味がある?
2018年11月03日 08:21撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTRCのガイドロープの品質表示、意味がある?
この「尾鷲道」の表示が何十枚もルート上に表示されていて分かりやすい。
2018年11月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「尾鷲道」の表示が何十枚もルート上に表示されていて分かりやすい。
神明水の表示があるので、湧き水を探したが枯れているようだ。
2018年11月03日 08:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神明水の表示があるので、湧き水を探したが枯れているようだ。
神明水の表示の上部。水気は見つからない。
2018年11月03日 08:31撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神明水の表示の上部。水気は見つからない。
ますます綺麗
2018年11月03日 08:37撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ますます綺麗
2
尾根方向を見上げると、太い木の切り株が見えた。樹齢何年なんだろう。
2018年11月03日 08:42撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根方向を見上げると、太い木の切り株が見えた。樹齢何年なんだろう。
新木組峠で尾根線上の竜辻・中ノ嶺登山道と合流する。
2018年11月03日 08:51撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新木組峠で尾根線上の竜辻・中ノ嶺登山道と合流する。
色分け、イイね!
2018年11月03日 08:52撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色分け、イイね!
1
新木組峠-木組峠間の小ピーク
2018年11月03日 09:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新木組峠-木組峠間の小ピーク
小ピーク上の表示。ここでドローン撮影1回め。
2018年11月03日 09:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク上の表示。ここでドローン撮影1回め。
手前に見える稜線の先に見えるのがコブシ嶺のようだ。まだまだ遠くみえる。
2018年11月03日 09:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に見える稜線の先に見えるのがコブシ嶺のようだ。まだまだ遠くみえる。
西斜面の紅葉と崩落地。
2018年11月03日 09:31撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西斜面の紅葉と崩落地。
1
コブシ嶺がだんだん近付いてきた。日差しがあるようになり歩いていると暑い。
2018年11月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシ嶺がだんだん近付いてきた。日差しがあるようになり歩いていると暑い。
3
左奥の雲に隠れている山は八経ヶ岳、弥山。
2018年11月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥の雲に隠れている山は八経ヶ岳、弥山。
4
木組峠直ぐ近くの口を開いた樹。この後中に入って写真撮影してみた(未公開)。
2018年11月03日 09:44撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木組峠直ぐ近くの口を開いた樹。この後中に入って写真撮影してみた(未公開)。
1
一本木となっている標識。この先にも同じ表示があるのでどっちが正しい? ヤマレコマップ上の位置はこちらにある。
2018年11月03日 10:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本木となっている標識。この先にも同じ表示があるのでどっちが正しい? ヤマレコマップ上の位置はこちらにある。
日差しが出てきたので紅葉の透過写真。
2018年11月03日 10:17撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しが出てきたので紅葉の透過写真。
2
並べてみただけ。自然じゃありません。
2018年11月03日 10:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
並べてみただけ。自然じゃありません。
先程の標識の距離にして1km先に再び一本木の表示が・・・。どちらが正解?
2018年11月03日 10:24撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の標識の距離にして1km先に再び一本木の表示が・・・。どちらが正解?
コブシ嶺が近づく
2018年11月03日 10:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシ嶺が近づく
ズーム、尖っているのは行者還岳。
2018年11月03日 10:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム、尖っているのは行者還岳。
2
3週前に登った大普賢岳。
2018年11月03日 10:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週前に登った大普賢岳。
八経ヶ岳、弥山は相変わらず雲の中。この後もずっと雲の中だった。
2018年11月03日 10:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳、弥山は相変わらず雲の中。この後もずっと雲の中だった。
コブシ嶺への急登
2018年11月03日 10:38撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシ嶺への急登
1
枯れ木のオブジェ
2018年11月03日 10:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木のオブジェ
1
コブシ嶺展望地の直前
2018年11月03日 10:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシ嶺展望地の直前
1
到着。コブシ(マブシ)嶺最高点はもう少し先にあるとのことだが林の中で展望もないと教えて頂いたので行かなかった。
2018年11月03日 10:51撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。コブシ(マブシ)嶺最高点はもう少し先にあるとのことだが林の中で展望もないと教えて頂いたので行かなかった。
3
坂本ダム貯水池がエメラルドグリーンに輝いていた。
2018年11月03日 11:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本ダム貯水池がエメラルドグリーンに輝いていた。
1
大台ケ原方面から来られた方との楽しい会話で1時間50分をコブシ嶺で過ごした。
2018年11月03日 12:37撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大台ケ原方面から来られた方との楽しい会話で1時間50分をコブシ嶺で過ごした。
2
青空との紅葉
2018年11月03日 13:08撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空との紅葉
4
黄葉、逆光で。
2018年11月03日 13:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉、逆光で。
2
木組峠まで戻り、ここで木組峠越道(エスケープルート)に入る
2018年11月03日 13:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木組峠まで戻り、ここで木組峠越道(エスケープルート)に入る
尾鷲の街と湾
2018年11月03日 13:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾鷲の街と湾
1
エスケープルートは最初広い尾根道を緩く下っていく。途中で尾根を外れ南にしばらく下りある地点で左方向に曲がるのだが、標識が抜けていてわかりにくく、踏み跡が薄くテープがほとんどないので分かりにくい部分があった。
2018年11月03日 14:14撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エスケープルートは最初広い尾根道を緩く下っていく。途中で尾根を外れ南にしばらく下りある地点で左方向に曲がるのだが、標識が抜けていてわかりにくく、踏み跡が薄くテープがほとんどないので分かりにくい部分があった。
尾根芯を激下り。ロープ出現。
2018年11月03日 14:17撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根芯を激下り。ロープ出現。
ここで尾根を外れて谷に下る。
2018年11月03日 14:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根を外れて谷に下る。
沢沿いの道を進み橡山林道終点の腰森谷登山口に降りる。
2018年11月03日 14:26撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を進み橡山林道終点の腰森谷登山口に降りる。
腰森谷登山口の表示
2018年11月03日 14:26撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰森谷登山口の表示
後は橡山林道をひたすら進み
2018年11月03日 14:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は橡山林道をひたすら進み
林道の山側から音が聞こえるので見ると洞穴の中に体を突っ込み何か掘っている様子? 同行者と思われるもう1人と林道ですれ違った。何をしているのでしょう?
2018年11月03日 14:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の山側から音が聞こえるので見ると洞穴の中に体を突っ込み何か掘っている様子? 同行者と思われるもう1人と林道ですれ違った。何をしているのでしょう?
地蔵峠登山口を通過し
2018年11月03日 14:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠登山口を通過し
途中でガサガサ聞こえるので下を見るとイノシシ発見(おしりとしっぽ)
2018年11月03日 14:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でガサガサ聞こえるので下を見るとイノシシ発見(おしりとしっぽ)
1
晩秋の昼間は短いのを感じた
2018年11月03日 15:17撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩秋の昼間は短いのを感じた
ゲートに到着
2018年11月03日 15:17撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに到着
1

感想/記録
by nagsky

今年初め氷瀑の清五郎滝に来た際に、前々から訪れたいと思っていたマブシ嶺に天気予報の好天を信じて本日決行。午前中は雲が多く予報を恨んだが、午後からはまずまずの晴天となった。1400m程度の高度では紅葉は終わっていたが1200m以下の紅葉は綺麗だった。

このルート、今年の台風で倒木があるのは仕方無いがNTRCさんの努力で非常に良い状態を保っているのに驚いた。紅葉の期待できる連休の今日、このルートを歩いたのは恐らく私達だけで、マイナーであるのは非常に勿体無い気がした。まあ、この景色を独り占めするのもいいか。

コブシ嶺でお会いし1時間以上楽しいお話、聞かせていいただいた方ありがとうございました。見られたらコメントください。

Relive
https://www.relive.cc/view/1943126528

ビデオはHD画質設定で見てね。



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:945人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/15
投稿数: 1008
2018/11/4 2:27
 すごく興味が湧きました〜。
こんばんは、nagsky さん。
今日は天気も良く登山日和でしたね。
動画見せて貰いました、景色良いですね〜。
尾根歩きも良さそうだし、登山道も整備されてるようで、
すごく興味が湧きました〜。
大台ヶ原方面からだと、登山口へ行く迄大変だし、
こちらのコースなら時間短縮で行けそうですね。

林道はnagsky さんの車で底を擦らない位だったでしょうか?
ご苦労様でした〜。
登録日: 2013/11/14
投稿数: 346
2018/11/4 2:46
 Re: すごく興味が湧きました〜。
興味を持っていただいて良かったです。
この登山道は地蔵峠登山口の短い急登と
コブシ嶺に登る急登を除けば、ほとんど
が平らな尾根か尾根の下を走るトラバース
道ばかりで、林道を歩く距離もかなりあり
16km歩いても疲れませんでした。
駐車地まで一志嬉野ICから高速利用で
約2時間でした。

mildpapaさんなら、大台ケ原まで往復も
出来るでしょう(期待?)。コブシ嶺で
お会いした方も大台ケ原からコブシ嶺まで
急登はなくほとんど平坦な道だったと
仰ってましたよ。

現地まで今回はyacchin_yさんのVolvo
V70(最低地上高145mm)で行きました。
未舗装路で2〜3回底に石が当たりました。
私のXC60なら最低地上高235mmなので
全く当たらないと思います。
OUTLANDERも恐らく190mmあるので
大丈夫でしょう。
登録日: 2017/4/20
投稿数: 13
2018/11/4 21:35
 無題
お疲れ様です!このコース気になってたのですが、、すでに踏破されてましたか!とても紅葉が綺麗ですね!
登録日: 2013/11/14
投稿数: 346
2018/11/4 22:01
 Re: 無題
実は以前より狙っていて、🍁の季節になるのをを待っていたんです。12月どこ行きましょか?
登録日: 2017/9/30
投稿数: 0
2018/11/17 18:47
 無題
はじめまして。細やかな情報提供ありがとうございます。
全部は無理でしたが、少しだけ整備をしてきました。
いい所なのでまた歩いて欲しいです!
登録日: 2013/11/14
投稿数: 346
2018/11/17 18:59
 Re: 無題
NTRCのメンバーの方でしょうか?

ルート整備ありがとうございました。尾鷲方面には素晴らしい山があります。その割りには混雑とは無縁なのがお気に入りです。尾鷲まで高速使えば鈴鹿と変わらなくなったのでこれからも行く機会を増やします。
登録日: 2017/9/30
投稿数: 0
2018/11/18 18:35
 無題
はい、NTRCのメンバーです。

本当にありがとうございます🎶

追伸…FBで尾鷲道で検索したら最新情報がわかると思いますので利用してみて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ