また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1654513 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

星穴岳(旧国民宿舎〜星穴新道〜中ノ嶽神社)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年11月18日(日) [日帰り]
メンバー
 kok555(CL)
天候はれ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
中ノ嶽神社〜旧国民宿舎までタクシー代6000円弱
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:20
距離
4.6 km
登り
843 m
下り
540 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間38分
休憩
2時間40分
合計
9時間18分
S国民宿舎裏妙義(閉館)04:5510:11星穴岳10:5711:24星穴11:36星穴岳11:4011:44星穴13:3414:11中之嶽神社14:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
信用ならないやつがいっぱい
過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 飲料 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング PAS タイブロック
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ツェルト ダブルロープ50m×2

写真

慰霊碑のところ
お祈りします
2018年11月18日 05:10撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慰霊碑のところ
お祈りします
1
明るくなってきた
2018年11月18日 06:19撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた
1
鮮やかな赤が印象的。
2018年11月18日 06:21撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかな赤が印象的。
P1基部にてトラバース準備
2018年11月18日 06:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1基部にてトラバース準備
トラバース開始。残置ロープ、鎖が整備されていますが、鎖は錆付いており過信は禁物です。
2018年11月18日 06:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース開始。残置ロープ、鎖が整備されていますが、鎖は錆付いており過信は禁物です。
事前に調べてきてはいたのですが、何か勘違いしてしまって
登ったところに懸垂支点があると思い込み。。
半分くらいまで様子見て登って、やっぱ違うなぁと降りたり。
さっきの道標を下りてから少し登るのが正しかったようです。
2018年11月18日 07:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前に調べてきてはいたのですが、何か勘違いしてしまって
登ったところに懸垂支点があると思い込み。。
半分くらいまで様子見て登って、やっぱ違うなぁと降りたり。
さっきの道標を下りてから少し登るのが正しかったようです。
1
その後、無事に懸垂支点を発見。
2018年11月18日 08:23撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、無事に懸垂支点を発見。
懸垂下降して進みます
2018年11月18日 08:26撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降して進みます
1
写真撮ってないですけど、部分的に結構な高度感はあります
2018年11月18日 08:28撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮ってないですけど、部分的に結構な高度感はあります
1
どこだか忘れたw
2018年11月18日 09:09撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこだか忘れたw
リーダーによる導きのポーズ。
2018年11月18日 09:11撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダーによる導きのポーズ。
別アングルで(そんなに変わらないか。。)
2018年11月18日 09:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別アングルで(そんなに変わらないか。。)
途中にちょこちょこ景色見られるところあります
浅間山の方かな?
2018年11月18日 09:22撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にちょこちょこ景色見られるところあります
浅間山の方かな?
1
白雲山の方かな?
2018年11月18日 09:22撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲山の方かな?
1
P3のトラバースへ。懸垂下降でいきました。
2018年11月18日 09:52撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3のトラバースへ。懸垂下降でいきました。
P3トラバース中。
枝いっぱいでよくわからない写真にw
2018年11月18日 10:24撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3トラバース中。
枝いっぱいでよくわからない写真にw
1
P3
写真の右側の基部をトラバースしてきました
2018年11月18日 10:51撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3
写真の右側の基部をトラバースしてきました
少し登っていくと、星穴岳の直下に詰めあげます。
ほんとに直下なので、すこし廻り込んで写真のところから登ります。(写真は別パーティの方。下降中)
2018年11月18日 11:08撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登っていくと、星穴岳の直下に詰めあげます。
ほんとに直下なので、すこし廻り込んで写真のところから登ります。(写真は別パーティの方。下降中)
星穴岳山頂〜
2018年11月18日 11:22撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星穴岳山頂〜
2
登頂ポーズも、両サイドが切れ落ちていて怖い。。
2018年11月18日 11:37撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂ポーズも、両サイドが切れ落ちていて怖い。。
あんまり来られないところかなと思ったので、いちおうリーダーポーズでw
2018年11月18日 11:37撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんまり来られないところかなと思ったので、いちおうリーダーポーズでw
2
登頂を堪能後、懸垂で下山開始。
2018年11月18日 11:52撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂を堪能後、懸垂で下山開始。
穴へ懸垂で下りてきました。
2018年11月18日 12:17撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴へ懸垂で下りてきました。
2
懸垂下降中のひと
2018年11月18日 12:26撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降中のひと
3
懸垂下降中のひと
2018年11月18日 12:33撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降中のひと
1
射抜き穴?でいいんでしたっけ?
意外と広いスペース(すこし洞窟っぽい感じ)なので落石も直接は落ちてこなさそうだったので、昼ご飯食べつつマッタリ。
2018年11月18日 12:33撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
射抜き穴?でいいんでしたっけ?
意外と広いスペース(すこし洞窟っぽい感じ)なので落石も直接は落ちてこなさそうだったので、昼ご飯食べつつマッタリ。
大きさは、こんな感じです。
2018年11月18日 12:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きさは、こんな感じです。
さらに懸垂下降でおりますー
50mでちょっと余裕ある感じなので45mくらいかな?
2018年11月18日 13:14撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに懸垂下降でおりますー
50mでちょっと余裕ある感じなので45mくらいかな?
ピンクテープやらトラロープ等いっぱいで迷うはずないかと!
2018年11月18日 13:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープやらトラロープ等いっぱいで迷うはずないかと!
中ノ嶽神社まで下りてきました。
こっちの神社もなかなかカッコいいですね。
2018年11月18日 14:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ嶽神社まで下りてきました。
こっちの神社もなかなかカッコいいですね。
1
神社付近の赤いやつ
2018年11月18日 14:07撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社付近の赤いやつ
だいこくさま
2018年11月18日 14:11撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいこくさま
アップで。
2018年11月18日 14:12撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
なかなかカッコいい形してるなーと思います
2018年11月18日 14:15撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかカッコいい形してるなーと思います
4
帰りのタクシーを待ちながら、麓の紅葉を楽しみました。
2018年11月18日 14:38撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのタクシーを待ちながら、麓の紅葉を楽しみました。

感想/記録

初の妙義は星穴岳にてバリエーションに挑戦。
いき込んで臨んだはいいものの、過信できない鎖、脆い岩肌、ロープを出すべきか悩ましいトラバース(結局出してもらいました。。)、落ち葉が路面を隠し「滑ったら確実に終わり!」というプレッシャーでガリガリとメンタルが削られる難コースでした。
帰りの懸垂下降x2も高度感バッチリ。
それでも何とか登頂を果たして無事下山できたのはメンバーのサポートがあってのこと。
良い経験をさせてもらいました。ありがとうございました!

感想/記録
by kok555

先々週歩いてみた、表妙義のほうが結構面白かったですので
今回は裏妙義の方から歩いてみました。
一応、事前に調べてたのでめちゃくちゃ困るようなことはなかったですが、思ってたよりは、おぉ!?ってところもあったりで、楽しかったです。
万が一ミスったら死につながるようなところに関しては、大事を取ってロープ出したのでそれなりに時間はかかってます。練習するという目的もあったので。
紅葉を見下ろす感じもなかなか綺麗でよかったです。
※難しいってところはそんなにないとは思いますが、間違えるとそれなりに危険はあると思いますので、装備・技術はそれなりに準備していきましょう!

追記)
廃道なので、バリエーションになるんですかね?
行かれる方は自己責任で〜
一応、念のためカムも持っていきましたが不要でした。せっかく持っていったんで確保時のバックアップに使いましたが、そんなに使えるようなところはなかったです。
個人的には草つきの急登登るときはミニバイルあると楽だったかなー?とは思いました。いい感じの枝が落ちてれば代用できるけども。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:943人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ