また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1669655 全員に公開 ハイキング 近畿

裏明神の神社コース・河鹿コースを周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年12月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
四辻の信号を数分北上し、馬谷集落のはずれの空き地に駐車する。
駐車地点かせ集落の方に戻り、神元神社の裏手から尾根に乗る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
1時間16分
合計
5時間54分
Sスタート地点08:1310:41西の小明神10:5011:30明神山12:1913:19大観峰13:3714:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標類は全くなし。 時折マーキングテープ有り。
危険個所には虎ロープが有るが自己責任で使用
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

写真

神社コース・河鹿コースの概念図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社コース・河鹿コースの概念図
歩行データです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩行データです。
神元神社8:26
駐車地点から馬谷(もうだに)集落を10分程度歩いて戻ってくると神元神社がある。神社コースこの神社の裏手が取り付きポイントになりますが、道標類は有りません。
2018年12月01日 08:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神元神社8:26
駐車地点から馬谷(もうだに)集落を10分程度歩いて戻ってくると神元神社がある。神社コースこの神社の裏手が取り付きポイントになりますが、道標類は有りません。
神社の裏手からなだらかな枝尾根に乗り、北東方向に尾根が延びて来ると伐採跡の急坂となる。
2018年12月01日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏手からなだらかな枝尾根に乗り、北東方向に尾根が延びて来ると伐採跡の急坂となる。
枝尾根から支尾根へ
伐採跡を登り切ると、支尾根に合流するので左折する。支尾根にのると少し歩きやすい尾根になる。
2018年12月01日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝尾根から支尾根へ
伐採跡を登り切ると、支尾根に合流するので左折する。支尾根にのると少し歩きやすい尾根になる。
標高280m付近の支尾根
2018年12月01日 08:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高280m付近の支尾根
支尾根からさらに小明神 から延びる尾根に乗るが、この先標高360m辺りでほぼ直角に尾根を右折するところを見過ごしてしまい、20分近くルート迷いしてしまった。 (このコース第一番目の試練)
2018年12月01日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支尾根からさらに小明神 から延びる尾根に乗るが、この先標高360m辺りでほぼ直角に尾根を右折するところを見過ごしてしまい、20分近くルート迷いしてしまった。 (このコース第一番目の試練)
ルート迷いから復帰し、 大岩手前の自然林尾根を歩く
2018年12月01日 09:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート迷いから復帰し、 大岩手前の自然林尾根を歩く
大岩9:52  (第二の試練箇所)
こにには虎ロープが設置されているが、ロープの劣化で使えなくなっているのではと危惧していました。
2018年12月01日 09:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩9:52  (第二の試練箇所)
こにには虎ロープが設置されているが、ロープの劣化で使えなくなっているのではと危惧していました。
1
ロープの交換も予定していたが、十分使用可能な状態でした。
2018年12月01日 09:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープの交換も予定していたが、十分使用可能な状態でした。
ジャンダルム 
大岩を乗り越えると、今度は絶景を楽しむ事が出来る「ジャンダルム」です。
北アルプスの本家の「シャンダルム」の様に天使は居ません。
2018年12月01日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム 
大岩を乗り越えると、今度は絶景を楽しむ事が出来る「ジャンダルム」です。
北アルプスの本家の「シャンダルム」の様に天使は居ません。
2
ジャンダルム岩の突端に立っていると怖くなるので座り込みました。
2018年12月01日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム岩の突端に立っていると怖くなるので座り込みました。
1
ジャンダルムから望む菅生ダムと明神湖
2018年12月01日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムから望む菅生ダムと明神湖
1
深く切れ落ちた岩の裂け目
この裂け目を飛び越える事は出来ません。迂回する。
2018年12月01日 10:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深く切れ落ちた岩の裂け目
この裂け目を飛び越える事は出来ません。迂回する。
1
千枚岩
岩が縦に何層も重なった千枚岩を通過
2018年12月01日 10:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岩
岩が縦に何層も重なった千枚岩を通過
1
物見岩(第三の試練箇所)
まずは物見岩の裾を巻く様に岩場をトラバース←スリップに要注意
2018年12月01日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見岩(第三の試練箇所)
まずは物見岩の裾を巻く様に岩場をトラバース←スリップに要注意
さら物見岩の横をロープを頼りに登る。
ここの虎ロープも劣化を心配していたが、近年取り付けられたロープは健在でした。
2018年12月01日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さら物見岩の横をロープを頼りに登る。
ここの虎ロープも劣化を心配していたが、近年取り付けられたロープは健在でした。
西の小明神 10:41
物見岩から西の小明神の間は激坂が待っています。何とか登り切り駐車場を出発して約2時間半で到着です。
2018年12月01日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神 10:41
物見岩から西の小明神の間は激坂が待っています。何とか登り切り駐車場を出発して約2時間半で到着です。
1
西の小明神 10:41
物見岩から西の小明神の間は激坂が待っています。何とか登り切り駐車場を出発して約2時間半で到着です。
2018年12月01日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神 10:41
物見岩から西の小明神の間は激坂が待っています。何とか登り切り駐車場を出発して約2時間半で到着です。
西の小明神から激坂を下る。(第四の試練箇所)
ここのロープも劣化が心配されていたが、まだ使えそうです。
2018年12月01日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神から激坂を下る。(第四の試練箇所)
ここのロープも劣化が心配されていたが、まだ使えそうです。
座敷のちゃぶ台に似た「お座敷岩」
2018年12月01日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座敷のちゃぶ台に似た「お座敷岩」
1
座敷のちゃぶ台に似た「お座敷岩」
2018年12月01日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座敷のちゃぶ台に似た「お座敷岩」
展望ポイント 
西の小明神と明神山の吊り尾根の中間付近(標高520m辺り)に展望の良いポイントがある。
ここからの景色はどの時期に来てもすばらしいです。
2018年12月01日 11:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ポイント 
西の小明神と明神山の吊り尾根の中間付近(標高520m辺り)に展望の良いポイントがある。
ここからの景色はどの時期に来てもすばらしいです。
2
紅葉の名残
2018年12月01日 11:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の名残
1
明神山直下の浮き石地獄 (第五の試練箇所)
落石に注意しながら登ります。
2018年12月01日 11:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山直下の浮き石地獄 (第五の試練箇所)
落石に注意しながら登ります。
1
今年103回目の明神山登頂 
明神山の山頂には常連さんに加えて岡山方面から団体さん達が訪れており、今年一番のにぎわい?です。
2018年12月01日 11:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年103回目の明神山登頂 
明神山の山頂には常連さんに加えて岡山方面から団体さん達が訪れており、今年一番のにぎわい?です。
3
帰路は、河鹿かじかコースを下山
河鹿コースへは再び浮き石地獄を下りで通過しなくてはならず、より注意が必要です。
2018年12月01日 12:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は、河鹿かじかコースを下山
河鹿コースへは再び浮き石地獄を下りで通過しなくてはならず、より注意が必要です。
河鹿コースの岩尾根から歩いて来た神社コースの尾根と小明神を望む 
2018年12月01日 12:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの岩尾根から歩いて来た神社コースの尾根と小明神を望む 
1
河鹿コースの岩尾根から歩いて来た神社コースの尾根と小明神を望む 
2018年12月01日 13:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの岩尾根から歩いて来た神社コースの尾根と小明神を望む 
岩場に取り付けられた新旧の虎ロープ
どちらのロープを使うかは自由ですが、私は両方使いました。
2018年12月01日 13:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に取り付けられた新旧の虎ロープ
どちらのロープを使うかは自由ですが、私は両方使いました。
岩場に取り付けられた新旧の虎ロープ
どちらのロープを使うかは自由ですが、私は両方使いました。
2018年12月01日 13:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に取り付けられた新旧の虎ロープ
どちらのロープを使うかは自由ですが、私は両方使いました。
大観峰(389m)からの明神山。
ここで少しだけコース整備のお手伝いをしました。
2018年12月01日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰(389m)からの明神山。
ここで少しだけコース整備のお手伝いをしました。
1
大観峰(389m)からの明神山。
ここで少しだけコース整備のお手伝いをしました。
2018年12月01日 14:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰(389m)からの明神山。
ここで少しだけコース整備のお手伝いをしました。

感想/記録

明神山には通称「裏明神」と言われる自己責任コースがいくつかあります。
今日は馬谷集落を起点に裏明神でもマイナーな神社コースから登り、河鹿コースを下山する周回コースを数年ぶりに歩いてきた。 
紅葉の盛りは過ぎていたが、秋の裏明神を楽しんできました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:499人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ