また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1679764 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

六甲地獄谷〜荒地山、登ったり下ったり引き回し

日程 2018年12月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー12人
天候くもり時々晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
電車
阪急芦屋川駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場は経験がいります
かなりハードです

写真

元気なメンバー13人
楽しい忘年登山でした
また来年よろしく!!
2018年12月17日 08:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元気なメンバー13人
楽しい忘年登山でした
また来年よろしく!!
2
心配していた天気も大丈夫そう
2018年12月16日 08:00撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた天気も大丈夫そう
はい、芦屋川駅から高座の滝
めざします
2018年12月16日 09:32撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、芦屋川駅から高座の滝
めざします
岩場の連続
普段使ってない筋肉使うので
半端なくきつい
2018年12月16日 10:20撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の連続
普段使ってない筋肉使うので
半端なくきつい
1
おちるなよ〜〜
2018年12月16日 10:39撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おちるなよ〜〜
滑ったらドボン
必死に岩に食らいつく
2018年12月16日 10:46撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ったらドボン
必死に岩に食らいつく
1
腹減ったー
いつ休憩すんねん
2018年12月17日 08:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹減ったー
いつ休憩すんねん
1
岩見上げたら
頭ふらつく
はよメシ、、、、
2018年12月16日 11:29撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩見上げたら
頭ふらつく
はよメシ、、、、
今年の見納めか
2018年12月16日 12:01撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の見納めか
岩を入れて
2018年12月16日 12:07撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を入れて
脚も腕もパンパン
限界近し
2018年12月17日 08:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脚も腕もパンパン
限界近し
1
やっと水平道とおもったら
また下りまた上り
ええかげんに〜〜、で、今年も終わりましたとさ。。
2018年12月17日 08:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと水平道とおもったら
また下りまた上り
ええかげんに〜〜、で、今年も終わりましたとさ。。
撮影機材:

感想/記録

天気が危ぶまれたが前日午前中に決行のメールが入る
メンバー13人が元気に芦屋川を出発少し寒いが汗かきの自分はアウター無し、高座の滝から地獄谷に入るとたくさんの人の行列だ、迂回したりして進むと、我々だけとなった、岩場の足場は限られるので股を開いたり、高い位置に膝をついて体を持ち上げるのは普段の山歩きと違って違う筋肉を使うのできつい、沢から離れて岩梯子は回避してう回路を行くもこれとて岩場の連続、おまけにお腹も減ってきて力が入らない、荒地山分岐から下に下る??休憩はまだか?少し開けたところでやっと昼食、ビールを飲むもの、お湯を沸かしカップラーメンを食べるものといつもの風景、いろんなおやつが回ってきて腹いっぱい、食後の上りはきついがリーダーは手を緩めることなく引き回す、難路を高座の滝に降り立ち白湯を飲んでほっとしていると、ぽつぽつ雨が降り出した、飲み会には参加できなかったが
師走の雑踏を連れと2人で帰路に就いた。
訪問者数:197人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ