また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1698282 全員に公開 山滑走妙高・戸隠・雨飾

妙高 前山滝沢尾根BC

日程 2019年01月04日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
20分
合計
4時間37分
Sスタート地点10:2112:07前山12:2714:58妙高高原スカイケーブル山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
樹林帯まだヤブ濃いが十分滑走可。
1000m付近、板を履いたまま渡渉できる。
GPS軌跡は渡渉部乱れてます。

写真

赤倉観光スキー場ベースにて。快晴すぎ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉観光スキー場ベースにて。快晴すぎ!
青空。いい日になりそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空。いい日になりそう。
リフトトップ着きました。シール装着、ビーコンオン、GPSオン。出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトトップ着きました。シール装着、ビーコンオン、GPSオン。出発!
あえて少し遅めの出発。人のトレースを拝借させて頂きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あえて少し遅めの出発。人のトレースを拝借させて頂きます。
写真では分かりませんが富士山も見えました!
ここ新潟ですよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かりませんが富士山も見えました!
ここ新潟ですよ!
今年初登山は大当たり!と思いながら登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初登山は大当たり!と思いながら登っていきます。
ルートは迷うようなところはありません。ひたすら尾根伝い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは迷うようなところはありません。ひたすら尾根伝い。
ふり返る。結構登ってきたかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふり返る。結構登ってきたかな。
前山山頂はもうすぐ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山山頂はもうすぐ!
着きました。妙高がドン!ラッセルして頂いた先行者さん大休止するとのことで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。妙高がドン!ラッセルして頂いた先行者さん大休止するとのことで
1
漁夫の利で最初に滑らせて頂くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁夫の利で最初に滑らせて頂くことに。
樹林帯はまだヤブが濃いですが快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯はまだヤブが濃いですが快適。
1
ときどき困るくらいのヤブも出てきますが何とか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき困るくらいのヤブも出てきますが何とか。
1
心配していた渡渉ポイントも無事渡れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた渡渉ポイントも無事渡れました。
1

感想/記録

 あけましておめでとうございます。2019年初登山。

 小雪にやきもきしましたが火打、妙高方面は何とか年末年始にかけ沢山降ってくれました。赤倉観光スキー場より前山へ。そのまま東の尾根を下るスキー登山に行ってきました。

 朝イチ、スキー場着。素晴らしい快晴!雪混じりのガスの中を登る覚悟でいたのに何たる誤算。スキー場でリフトを数本滑り足慣らしをしていよいよお山へ。
 既に数名が入山しているようでちゃっかりトレースを頂いて楽チンに登ります。景色は最高。富士山まで見えました。
 途中、何人か追いつく。皆さん考えること一緒で意外と遅いスタートだったのね。結果的に2番手グループとして前山到着。正面に妙高がドン!と見え迫力満点。

 日差しが明るく無風。珈琲でも飲んで大休止してもいいくらい。実際、皆さんゆっくり景色を堪能しているようでした。ラッセル全くせず登った我々ですがファーストトラックを譲って頂き、下手の極みで申し訳なくも遠慮なく滝沢尾根の滑走開始。

 若干狭いですが緩く快適。振り返ると妙高が前山山頂で見たより、その雄姿をはっきり見せてくれました。素晴らしい。もうこの時点で今年のベスト登山10入り確定しました。

 その後の樹林帯はややヤブが濃いものの概ね快適に滑走できました。また心配していた1000m付近の渡渉部も無事板を履いたまま渡れました。W氏の記憶では渡ったあと、登り返し無く林道伝いにスキー場に戻るとのことでしたが砂防ダムが巻きにくい。そうこうしてる内に後続の方がおりてきて、渡渉後、少し登ってトラバース気味にスキー場中腹に戻っていました。トレース追っかけるほうが楽そうなので開拓心もなく、そのまま利用させて頂きました。

 今年も皆さんも私も無事故で楽しい登山が沢山できるといいですね!
 
訪問者数:356人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ