また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1716040 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

箱根 明神が岳 作業道

日程 2019年01月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
契約保養所に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
23分
合計
4時間44分
Sスタート地点10:3611:48宮城野分岐12:34摂政宮殿下大雄山行啓御通路記念碑12:3612:57明神ヶ岳展望地13:1713:23明神ヶ岳13:2415:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
明神ケ岳、西側の作業道を使って下山しましたが、途中の林道で交差し、そこからの降り口が解らずしばらく林道をウロウロしてしまいました。
今回のルートは景色が良かったですが、お勧め出来ません。矢倉沢峠方面まで頑張るべきでした。

写真

登山口を探して公園をうろうろ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を探して公園をうろうろ
1
登山口が見つからない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見つからない
2
結局、宮城野からの登山道に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、宮城野からの登山道に入る
1
整備されてます麓側
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されてます麓側
1
霜がパラパラ落ちてます
不思議!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜がパラパラ落ちてます
不思議!
1
岩場りが少しあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場りが少しあります
1
相模湾が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾が見えます。
2
眼下に小田原の町
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に小田原の町
3
伊豆諸島もくっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆諸島もくっきり
2
大涌谷の煙も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大涌谷の煙も見えます
3
富士山がくっきり見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がくっきり見えます
3
火口跡?と大涌谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口跡?と大涌谷
2
江ノ島房総半島も見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江ノ島房総半島も見えました
2
頂上まであと少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し
2
頂上から富士山アップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から富士山アップ
3
富士山を見ながら下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を見ながら下山
2
作業道の分岐
ハイキングコースでないと注意書き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道の分岐
ハイキングコースでないと注意書き
2
こんな感じで狭い道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで狭い道
2
橋が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が見えてきました
林道に出ました。下山口がわからない。この林道をウロウロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。下山口がわからない。この林道をウロウロ
迂回路の看板が倒れてる
ここが下山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路の看板が倒れてる
ここが下山口
2
テープを目安に前進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープを目安に前進
2
下山。別荘地に出ました。
最初に見つけた、登山道らしきところが正解でした。
前は、登山道入り口の看板があったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。別荘地に出ました。
最初に見つけた、登山道らしきところが正解でした。
前は、登山道入り口の看板があったようです。
2

感想/記録

車は契約保養所に停め、教えてもらった萩山別荘地から登るルートで明神ケ岳を目指しました。しかし、登山道の入り口らしきところを発見するも標識なくあきらめました。そのまま別荘地を歩き、標識つきの宮城野からの登山道にぶつかりそこから入山しました。
登山道は良く整備されており、快適に登ります。歩いていると暑く、アウターを脱ぐと寒いし、調整が難しかったです。結局、アウターを脱ぎ、リックからミッドレイヤーを取り出して+手袋で落ち着きました。
天気は快晴で、富士山はくっきり、海側は房総半島、伊豆七島も良く見えました。
金時山には3回登ってますが、雨や霧で富士山が全部見えたことはなかったので、感激です!
明神ケ岳からの下りは、矢倉沢峠、金時山方面に行きました。富士山を正面に見ながらの下山はとても快適です。
少し降りたところで分岐が出ました。ハイキングコースではない作業道との標識が、、。確かに山と高原地図には黒の破線です。
矢倉沢、金時山方面に行く時間も無いので、とりあえず行けるかチャレンジしました。道は狭く暗いので不安になりましたが、リボンがところどころにあったので、どんどん進みました。
すると、開けた所があり、林道に出て一安心と思いきや、林道から先の道が見当たりません。林道を一旦左に進み萩山橋を越えると、目指す沢沿いの道からからどんどと離れます。また、戻ってきて作業道という看板があり、そこを降りるか悩みました。
道迷い?がよぎりましたが、林道上にいればいつかは出れると心を落ち着かせました。
そうすると、連れがインターネットで萩山橋を検索し、アメブロのcycling wonderさんの写真と地図を見つけました。林道に出たところで右に行った記録があり、そこに行ってみると。宮城野方面迂回路進入口の倒れた看板を発見しそこから下山再開、電波の通じる場所で良かったです。
(cycling wonderさんに感謝です。
この人ちゃり担いで登ってる見たいです。
凄っ!)
看板がたっていれば、見つけられたのに!と愚痴りながら、降りました。
途中、砂防ダムを左に迂回するなど少し分かりにくいところもありました。
しばらく歩くと別荘地に出ました。
最初にあった登山道入り口らしき場所でした。やはり登山道入り口の看板はありません。ここから入山したらやはり途中の林道で登り口が解らず頂上を踏めなかったと思います。
他の人のレコでも、林道迂回路の登り看板の所は藪であったとのことなど、皆さん苦労されてたようです。
とにかく、無事下山出来良かったです。
今回の反省、保養所でそこから登れるとの情報と、みんなの足跡がありましたが、山と高原の地図で黒破線を行ったのは失敗でした。
また、他の人のレコを良く見てから登るべきでした。なめてました。
訪問者数:141人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 道迷い 高原 砂防ダム
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ