また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1728865 全員に公開 ハイキング中国

安芸守山/鴨山/遙照山

日程 2019年02月12日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口のある加賀池沿いに駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
0分
合計
5時間46分
Sスタート地点09:5114:49遥照山14:4915:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部除き、良好。
一部とは藪漕ぎトレーニングなので基本的に良好です。

写真

加賀池西側の展望ヨシ!コースから遠回りで遙照山に登ってみよう〜〜ということで。泉勝院からの道と安芸守山への道の交差点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加賀池西側の展望ヨシ!コースから遠回りで遙照山に登ってみよう〜〜ということで。泉勝院からの道と安芸守山への道の交差点。
1
まずは安芸守山の頂へ。
前に来た時と違い、頂上が広く整備されてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは安芸守山の頂へ。
前に来た時と違い、頂上が広く整備されてる。
送電線巡視路コースを下る途中、眼下に広がる町の眺めがとても良い。そして立派な登山口案内あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線巡視路コースを下る途中、眼下に広がる町の眺めがとても良い。そして立派な登山口案内あり。
可愛いマンホール蓋を発見!
向きがあれれ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛いマンホール蓋を発見!
向きがあれれ?
2
振り返って安芸守山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って安芸守山。
かもがた町家公園は月曜日、祝日の翌日が休園日だそう。歩くのはいいんですよね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもがた町家公園は月曜日、祝日の翌日が休園日だそう。歩くのはいいんですよね?
鴨山城跡の磨崖仏さんに逢いに行こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨山城跡の磨崖仏さんに逢いに行こう。
おられた〜〜

…ここは磨崖仏さんファミリーがおられるのですね…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おられた〜〜

…ここは磨崖仏さんファミリーがおられるのですね…
2
曲輪の案内板の根元に、たぶん鴨山の三角点。
鴨山城趾の色々を見て回る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲輪の案内板の根元に、たぶん鴨山の三角点。
鴨山城趾の色々を見て回る。
テレビ塔の向こうには藪に覆われた石碑がふたつあったくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレビ塔の向こうには藪に覆われた石碑がふたつあったくらい。
1
忠魂碑の背後に鴨山と右側にテレビ塔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠魂碑の背後に鴨山と右側にテレビ塔。
1
浅口市は金光町と鴨方町、寄島町が一緒になったのですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅口市は金光町と鴨方町、寄島町が一緒になったのですね。
2
仁後登山口から遙照山への道の中程にある274.3m地点の三角点だと思われる。ここから栄主ヶ谷池までの区間の藪漕ぎ、特に後半は突破し甲斐がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁後登山口から遙照山への道の中程にある274.3m地点の三角点だと思われる。ここから栄主ヶ谷池までの区間の藪漕ぎ、特に後半は突破し甲斐がありました。
遙照山の頂。
いつもより感慨深い…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遙照山の頂。
いつもより感慨深い…
1
展望台広場に巨大な雪団子。

藪と闘ってたのが夢のよう…
引っ掻き傷、泥汚れ、灌木のかけらが証。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台広場に巨大な雪団子。

藪と闘ってたのが夢のよう…
引っ掻き傷、泥汚れ、灌木のかけらが証。
2

感想/記録

今日は遙照山に遠回りで登ってみました。
仁後登山口が何処にあるのか?迷いながら探しながら
、まあいいやと見つけるのを諦めて適当によじ登り。それらしき尾根に出て、ここ正解⁇
歩きやすい所を選びながら進んでいたけど途中から藪突入。ここ正解⁈いや違うかな〜〜分からんな〜〜

右下に池が見え始めた頃、向かい側の斜面は歩きやすそうだと確認でき俄然テンション復活。
抜けてみれば呆気ないプチ藪漕ぎでした。
訪問者数:48人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 藪漕ぎ テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ