また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1811715 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

大倉山   剱岳・毛勝三山の展望台  富山県上市町・魚津市

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富山県上市町内から早月川に沿って番場島方面に向かって走ります。
上市町市街地から途中坂道をどんどん登り、そして峠のトンネルを潜って今度は下り相当進みますと、早月川に掛かる剱橋を渡ります。
橋を渡って右に曲がりますが、曲がってほんのしばらく進むと左手に「大倉山」登山口の看板が見えます。
ここから林道に入り約2前命覆爐函他の林道と交差します。この林道と交差するところに車を止められる方もいますが、私は、そのままこの林道を横切って直進し、約0.5前命覆澆泙垢函∈玄蠅鳳當蕕抜波弔見え、その前に小さい広場があり、ここに車を止めます。ただし、この約0.5舛領啼擦蓮∩蠹の悪路ですので、車高の低い車は、林道の交差地点に止めることをお勧めします。
この空き地から先はこれ以上、車は進めませんので、ここまで車で来れた方はここに車を止めます。
この広場と言いますか空地には、5~6台位は止められるかな。
ここから5,6メートル更に奥に進んだ所の左手に登山口を示す標識が立っています。
ここから、直ぐに急登の登山道が始まります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
52分
合計
4時間51分
S大倉山登山口09:0209:20標高721.5m09:41標高900m09:56見晴らしのある尾根(標高約1000m)10:12標高1082m10:35標高1200m11:19大倉山12:1112:28標高1300m12:41標高1200m12:59標高1082m13:26標高900m13:35標高800m13:39標高721.5m13:53大倉山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
連休中、山に登れる天気予報で大丈夫な日はこの日しかなかったので、前から気になっていた大倉山へ
最初から急登が続き、多少体力の衰えを感じましたが、他の人よりは、少し歩きが早いことが分かり、少し優越感を味わう。
コース状況/
危険箇所等
雪の細尾根は、両サイドが切れていますので落ちないように。
その他周辺情報確か上市町市内に「アルプスの湯」と言うのがあったはずですが・・・・?。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

番場島へ向かう道の途中
左側に「大倉山」への林道入口
2019年04月28日 14:07撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番場島へ向かう道の途中
左側に「大倉山」への林道入口
大倉山登山口の看板
2019年04月28日 14:07撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山登山口の看板
大倉山登山口広場
ここから、5〜6m先の左にあります。
車はここまで、数台止めれます。
2019年04月28日 09:02撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山登山口広場
ここから、5〜6m先の左にあります。
車はここまで、数台止めれます。
大倉山登山口
2019年04月28日 09:04撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山登山口
大倉山登山口
左奥に見えるのが空き地の車、右上が登山道
2019年04月28日 09:05撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山登山口
左奥に見えるのが空き地の車、右上が登山道
標高721・5mの石標柱
石標柱には「1/2」とも表示されていますが、大倉山の標高のちょうど半分との意味ですね。
登山道の「1/2」との意味ではないですね。
登山口から私的に15~6分の位置です。
2019年04月28日 09:19撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高721・5mの石標柱
石標柱には「1/2」とも表示されていますが、大倉山の標高のちょうど半分との意味ですね。
登山道の「1/2」との意味ではないですね。
登山口から私的に15~6分の位置です。
写真ではよくわかりませんが、
登山口からの急登が標高1000m位まで続きます。
2019年04月28日 09:23撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではよくわかりませんが、
登山口からの急登が標高1000m位まで続きます。
標高900m
標高800mの標柱は見逃した
2019年04月28日 09:41撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900m
標高800mの標柱は見逃した
急登から右に曲がる標高約1000mの尾根に出ますと、見晴らしが開けます。
2019年04月28日 09:56撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から右に曲がる標高約1000mの尾根に出ますと、見晴らしが開けます。
前に見える山が大倉山かな・・遠いなー
2019年04月28日 09:57撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に見える山が大倉山かな・・遠いなー
標高約1000mの尾根からの見晴らし
2019年04月28日 10:02撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約1000mの尾根からの見晴らし
標高約1000mの尾根に出てからもう雪道
2019年04月28日 10:02撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約1000mの尾根に出てからもう雪道
標高1082m
2019年04月28日 10:11撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1082m
富山平野、富山湾がきれい
2019年04月28日 10:19撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野、富山湾がきれい
雪の細尾根から見る大倉山・・かな
2019年04月28日 10:27撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の細尾根から見る大倉山・・かな
落ちないように
2019年04月28日 10:28撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちないように
標高1200m
2019年04月28日 10:34撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1200m
ここまでくると、能登半島の先端が見えました
2019年04月28日 10:39撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくると、能登半島の先端が見えました
1
こんな、雪の細尾根が
落ちたら強制的に下山できますね
2019年04月28日 10:41撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな、雪の細尾根が
落ちたら強制的に下山できますね
1
登山途中、神様からのご褒美
空にほぼ一直線の虹が
こんなの初めて見ました。神様ありがとうございます。
2019年04月28日 10:49撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山途中、神様からのご褒美
空にほぼ一直線の虹が
こんなの初めて見ました。神様ありがとうございます。
3
神様の贈り物
山頂からも見えました
2019年04月28日 10:52撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神様の贈り物
山頂からも見えました
1
大倉山山頂
最初は、少人数でも
2019年04月28日 11:21撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂
最初は、少人数でも
大倉山山頂からの景色
毛勝三山
2019年04月28日 11:21撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
毛勝三山
4
大倉山山頂からの景色
剱岳ですね
2019年04月28日 11:22撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
剱岳ですね
4
大倉山山頂からの景色
2019年04月28日 11:23撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
大倉山山頂
山頂が広いのでどこが山頂わからない
祠もあるはずですが、雪の下
2019年04月28日 11:32撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂
山頂が広いのでどこが山頂わからない
祠もあるはずですが、雪の下
大倉山山頂からの景色
富山湾と能登半島がきれい
2019年04月28日 11:32撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
富山湾と能登半島がきれい
山頂定食
カップ麺とインスタントドリップコーヒー
2019年04月28日 11:39撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂定食
カップ麺とインスタントドリップコーヒー
いつの間にか山頂に沢山の人が
剱岳が真正面に
2019年04月28日 11:44撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか山頂に沢山の人が
剱岳が真正面に
4
大倉山山頂からの景色
能登半島の先端が見えました
2019年04月28日 11:55撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
能登半島の先端が見えました
大倉山山頂からの景色
富山湾と能登半島がきれい
2019年04月28日 12:17撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
富山湾と能登半島がきれい
大倉山山頂からの景色
富山湾がきれい
2019年04月28日 12:17撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山山頂からの景色
富山湾がきれい
下山中の雪の奥の細道
2019年04月28日 12:29撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の雪の奥の細道
帰路途中
いつもながら剱橋からの「雪の剱岳」
絵になるなー
2019年04月28日 14:09撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路途中
いつもながら剱橋からの「雪の剱岳」
絵になるなー
1

感想/記録
by ja9eoq

調べたら2年ぶりの大倉山でした。
登山口の空き地などに前日に降った雪がちらちら見えましたが、標高1000mあたりの登山道からは雪道になり、山頂は真っ白の銀世界で、前からの積雪に更に新雪が30儖明僂發辰討い泙靴拭
それから自分としては奇跡に巡り合ったように思います。それは山頂近くを登っていた時、空に今まで見たことのない不思議な虹を見させてもらいました。
よく山に登っている人は、見飽きる位見ているのかもしれませんが、私にとっては、神様からの贈り物のように感じました。

また、下山はソロ登山の一匹狼の私は、オオカミじゃなかった一匹タヌキの私は、いつも寂しく下山するのに、今回はソロ登山の方と一緒に楽しく下山できました。ありがとうございました。

ヤマップやヤマケイにも登載します。
訪問者数:273人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 タヌキ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ